せきと痰の市販薬 薬剤師がおすすめの一品を紹介【咳、痰、喉】

シェアする

cough

発熱や頭痛がある時に咳も出ると辛いですよね。頭に響いてとても苦痛です。

しかも咳は、風邪やインフルエンザでの熱や痛みなどの他の症状がなくなっても続くことが多いですし、それに伴って痰が出てきたり喉が痛くなったりもします。

そしてそれが原因で他の感染症にかかってしまうおそれもありますし、ひどい咳が続くと肋骨が折れてしまうこともあって、たかが咳・されど咳という感じです。

他の症状がなくても咳があると会社や学校で病原菌みたいに扱われることもあって、すぐにでも止めたい症状ですよね。

この記事では、咳止め、痰を切る薬の他に喉の痛みに効く市販薬の中で薬剤師が最もおすすめする一品をそれぞれ紹介します。ドラッグストアに行くとたくさん種類があって迷ってしまうので、参考にしてもらえるとうれしいです。
参考

風邪薬を買いにマツキヨとかドラッグストアに行くとスゴイ種類の風邪薬がおいてあってどれを買っていいのか迷ったことありますよね? ...
スポンサーリンク




まずはじめに 咳や痰についての基本的な注意事項

咳や痰の市販薬をのむに当たって、知っておいてほしい基本知識や注意事項がいくつかありますから、まずはこちらをご覧になってからおすすめの市販薬を見てください。

  • 咳はウイルスや細菌を体外に排出させる働きがありますから、風邪の引きはじめでは無理に咳を止める必要はありません。
  • 咳が3週間以上続く場合は、他の疾患の検査や医療用医薬品での治療が必要な場合があるので呼吸器科を受診してください。
  • 効果が高い第一類医薬品で、「テオフィリン」や「アミノフィリン」という気管支を拡張させる成分を含有している医薬品が販売されていますが、服用量の調整が難しい(副作用が出やすい)ので服用をおすすめしません。
  • ACEという分類の血圧の薬をはじめ、咳が副作用として報告されている医薬品がいくつかあります。咳が出始める直前に飲み始めた薬があるようでしたら医師に一度ご相談ください。
  • 感染症は咳によって拡散していくことが多いですから、咳が出る場合にはマスク着用など咳エチケットを必ず守ってください。

参考

風邪やインフルエンザの予防にうがいや手洗いするようにとよく言われます。 うがいや手洗いの効果はどれ程のものか、うがい薬や手指消...

咳、痰、喉の痛みの全てがある場合

「ベンザブロック せき止め錠」を最もおすすめします。

高用量の咳止め成分を3種類含むと共に喉の腫れを抑える「トラネキサム酸」、痰の滑りを良くする「塩酸ブロムヘキシン」が配合されているので、咳、痰、喉の全てに効く万能薬です。

トラネキサム酸って歯磨き粉とかにも入っていて「そんな成分効くの?」と思いがちですが、あなどることなかれ。結構効くんですよ。私の周りの薬剤師ではかなり人気がある成分です。
参考

頭痛、生理痛や歯痛などで急に体のどこかが痛くなって市販の痛み止めを買いにドラッグストアに駆け込んだことがあると思います。 痛み...

咳のみの場合

この場合も上述の「ベンザブロック せき止め錠」をおすすめします。

市販薬の中では咳だけを止める薬ってないんです。色々な成分が入っちゃってるから咳、痰、喉に配合成分の全てを集約させているベンザブロック せき止め錠が一番いいかな。

ちなみに市販のせき止めで一番人気と思われる「新ブロンエース液」でもいいんですが眠くなる成分が入っているから私はおすすめしません。

痰しかない場合

「ストナ去たんカプセル」を最もおすすめします。

医療用として最も使用されるカルボシステインが使用されているためです。カルボシステインの量としては医療用で使用する時に比較して少ないのですが、痰の滑りを良くする塩酸ブロムヘキシンも配合されていることから高い効果が期待されます。

痰の薬は鼻水が溜まっている場合にも使えますので、鼻づまりがひどいとか副鼻腔炎や蓄膿がある時にも使えるというところもおすすめされる理由の一つです。

咳は無いけど喉がイガイガする場合

「明治Gトローチ」を最もおすすめします。

咳止めは配合されておらず炎症を抑えると共に喉に潤いを与えてイガイガする程度の状態に気軽に服用するのに最適です。

まぁこの場合は薬じゃなくて、飴ちゃんで十分ですけどね。

咳は無いけど喉がとにかく痛い場合

「ロキソニンS」を最もおすすめします。

とにかく痛みを取りたい場合は痛み止めを飲むしかありません。痛み止めの詳細は解熱鎮痛薬のページをご覧ください。

頭痛、生理痛や歯痛などで急に体のどこかが痛くなって市販の痛み止めを買いにドラッグストアに駆け込んだことがあると思います。 痛み...

ちなみにアメリカでは喉の痛みを取る時は麻酔成分が配合されているトローチをよく使用するし、薬剤師も結構おすすめしているそうです。日本では医療用の薬も含めて喉の痛みに使う麻酔薬はないので、さすがアメリカって感じよね。

アメリカの薬剤師といえば、医師並みに社会的に地位が高く年収も高く、子供たちのなりたい職業の上位常連な人たちです。そんな彼らにアンケー...

セルフメディケーション税制の対象品

セルフメディケーション税制は、市販薬の購入費で税金が安くなる制度です。

「セルフメディケーション」は、英語で「自分自身」という意味を持つ「self:セルフ」と「薬物療法」という意味を持つ「medicati...

この記事でおすすめした市販薬が、セルフメディケーション税制の対象になるかどうかを紹介します。

対象になる市販薬は「○」、対象にならない市販薬は「×」で示します。

市販薬名 対象
ベンザブロック せき止め錠
ストナ去たんカプセル
明治Gトローチ ×
ロキソニンS

※2016年8月18日時点

まとめ

市販のせき止めは、複数成分があり配合されている成分によって複数の種類の薬が発売されていて選択に迷ってしまうと思います。

風邪やインフルエンザの引きはじめの時は無理に咳を止める必要はありませんが、熱などがひいた後に残る咳は、喉の痛みを引き起こしたり肋骨を骨折させてしまうなど影響力が大きいですから積極的に止めにかかってもいいと思います。

長引くと「咳喘息」という病気になってしまい吸入ステロイドで治療する必要があったりと結構大変な思いをしますから市販薬で対処できるうちはそうしたいですよね。

なお、咳止めに最も使用される「塩酸ジヒドロコデイン」は麻薬のモルヒネとほぼ同じ化学構造をしていますから飲みすぎると麻薬を服用したみたいに「トリップ」してしまう可能性があります。

くれぐれも適量を守って服用するようにしてください。(液体のせき止めはトリップ目的で服用する方が結構いますから・・・)

せき止め・痰切り・喉の薬(鎮咳去痰薬)以外の他の薬効でのおすすめ市販薬は次のリンクからどうぞ。または、PCの方は画面上部のメニューボタンから、スマホの方は右上のメニューボタンからどうぞ。

なぜ市販薬なのか 市販薬は、少し前であれば医療用の薬に比べて効果が弱いという印象でしたが、最近では医療用と同じ成分・量を含有する市販薬...