パソコン・スマホによる疲れ目・ドライアイ向け目薬のリーズナブルな選び方【高けりゃいいってもんじゃない】

シェアする

疲れ目やドライアイ向けの目薬は、これまで300円から500円くらいで購入できるのが普通でした。

ところが2年くらい前から1000円を超すような高級目薬が発売され始めました。

これはほとんどの方がスマホを持ち、パソコンの使用に加えてスマホを使う時間が増えることで目に負担がかかり、疲れ目、かすみ目、充血やドライアイなど目のトラブルに悩む方が多くなっていることから、ニーズの高まりを受けてメーカーもそういった目薬の開発を行った結果かと思います。

「安かろう悪かろう、高かろう良かろう」ではありませんが、目薬を買いにドラッグストアに行った時に通常の目薬の2倍くらいもする高級目薬が置いてあったらどうです?

めちゃくちゃ気になりますよね。

かなり高いけど、いつもの目薬を買うよりその高級目薬の方が効果が良くて、総合的に考えるともしかすると高い方がコストパフォーマンスが良いんじゃないかってね。

そこでこの記事では、日々仕事のパソコン、プライベートではスマホやテレビで目を酷使し、目がゴロゴロする、かすんで見にくい、物が二重に見えるなど、目の調子があまり良くないので目薬を購入したいけど、高級目薬が気になって仕方ないアナタに目薬の選び方を薬剤師が教えましょう。

というかズバリで私がおススメの一品を具体的な商品名をあげて紹介します。

スポンサーリンク




まず知ろう!目薬に入っている成分と効果

疲れ目やドライアイなど向けの目薬に配合されている主な成分とその薬効は下の表のとおりです。

覚える必要はありません。
「そんにあるんだね」くらいに思ってもらえればいいです。

ちなみに花粉症などのアレルギー薬やものもらいなどに使う抗菌の目薬は除いています。

分類 作用詳細 成分名
血管収縮 充血を取り除く 塩酸テトラヒドロゾリン
ナファゾリン塩酸塩
ピント機能改善 筋肉の動きを良くする ネオスチグミンメチル硫酸塩
炎症を抑える 炎症成分を少なくする イプシロン-アミノカプロン酸
グリチルリチン酸二カリウム
角膜の傷を修復 アラントイン
表面に膜を作る 硫酸亜鉛水和物
 ビタミン ピント調節を助ける  ビタミンB12(シアノコバラミン)
疲労回復  ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)
 パンテノール
抗酸化・血流改善  天然型ビタミンE(酢酸トコフェロール)
 アミノ酸類成分 新陳代謝促進  L-アスパラギン酸カリウム
疲労回復  タウリン
角膜修復・保護  コンドロイチン硫酸エステルナトリウム

1000円クラスの高級目薬に入っている成分

疲れ目やドライアイ向けの目薬に配合されている成分一覧(上の表)で、全部で14成分をピックアップして紹介しました。

実は高級目薬の値段を高くしている理由は、配合している成分の種類と量です。

例えば「Vロートプレミアム」は、日本で最も成分を含む目薬と箱に記載されており、全部で12成分が配合されています。その内11成分は上表の成分であり、残りの1つはアレルギーを抑える成分です。

しかもそれぞれの成分で厚生労働省が許可する最大量を含んでいます。

他にも「サンテボーティエ」、「ロートVアクティブ」、「スマイル40プレミアム」など、1000円クラスのほとんどの高級目薬に同じことが言えます。

高級目薬にある問題点

高級目薬には問題点が3つあります。

一つ目の問題点:配合成分の種類が多い

仕事にプライベートに目を酷使しているからと言って、上表の中から11成分も含有している目薬は必要でしょうか。

目の充血がある、ピントが合わせづらい、角膜に傷がある又は傷つきやすい、栄養不足の全てが目に起こっていますか。

実際にそんなにヒドイなら市販薬に頼るのではなく、眼科を受診すべきだと思うんです。

とは言はいうものの受診してもほとんどが大したことないと医師から言われるでしょう。

でも目のことですから万が一があってはシャレになりません。目の調子が悪すぎるなら眼科に行きましょう。

二つ目の問題点:副作用のリスクが高い

配合成分が多ければ多いほど副作用のリスクが高まります。

市販薬に含まれている成分はいずれもリスクのあまり高くないものばかりですが、全くリスクが無いという成分はあり得ません。

一つの成分があれば十分満足できる目の状態だったとして、高級目薬を使えば10陪以上のリスクを抱えながら目薬を使うことになります。

三つ目の問題点:配合量が多い

高級目薬に配合の成分のそれぞれは厚生労働省が認めている最大量が含まれていることが多いです。

でもそれって本当にそれだけ必要ですか。

多くの場合は、成分の濃度が高くなればなるほど副作用のリスクは高まりますよ。

そんなに調子悪くないのに最大の力で治すことは不要ですよね。

薬剤師が教える薬効別の市販目薬ベスト1

高いお金を払って高級目薬を購入する必要がないことをご理解いただけたでしょうか。

必要な成分だけを持つ目薬を選択できるようにしましょう。でもそれを自分で選ぶのは難しいと思います。

数多くある目薬の中から症状別にそれぞれおススメな一品を解説した記事がありますのでご参考にしてください。

目の調子が悪くて薬局やドラッグストアに行くと目薬が山のように売られていて、どれを選んだらいいのか迷っちゃいますよね。 仕事や勉...

まとめ

現代では、スマホやパソコンなど「画面」を通して、活動することが多くなり目に負担をかけています。

私もそうですが、多くの方が疲れ目やドライアイ、かすみ目などを経験しているのではないでしょうか。

そういった時には、しっかりと目を休めることが最も重要です。それでもなお調子が良くならない時は市販の目薬に頼るのは良いことだと思います。

ただ、むやみやたらと高級目薬に手を出すのはよくありません。

成分の種類が多く濃度も高いので、効果が実感しやすく多くの方が満足できますが、副作用のリスクもそれだけ高いというものです。

自分の症状にあった成分を含む目薬をピンポイントで選択できることがベストですね。
目薬選びの参考にどうぞ

目の調子が悪くて薬局やドラッグストアに行くと目薬が山のように売られていて、どれを選んだらいいのか迷っちゃいますよね。 仕事や勉...