新規公開前の仮想通貨エターナルコインに投資し1年半後に7倍になった話

シェアする

仮想通貨といえば「ビットコイン」が有名ですよね。

約10年前の2009年頃に開発されその翌年頃にピザとビットコインを交換したのが始まりとされ、当時のビットコイン1枚の価格は0.2円程度とされています。

それが6月28日時点では約30万円程度まで価格が高騰しており、当初からビットコインを保有していれば数年でその価値は150万倍になっていたことになります。

例えば、約2千円で1万枚のビットコインを購入してれば、現時点で約30億円を手にしていることになります。実際に世界各国で初期からビットコインを保有してたために今や億万長者になっている方も各メディアで取り上げられています。

ビットコインの次くらいに有名な仮想通貨「リップル」も価値の上昇規模は異なるものの取引会社直後の0.6円/枚から現在では約40円/枚にまで価値が上がっていますから発売直後から購入できていれば相当な儲けになっています。

紹介したどちらの仮想通貨も2017年4月頃から急激に価格上昇が起こっているため、ここ数か月で資産を何倍に増やした方は多くいるのではないでしょうか。

仮想通貨は大手企業も参加するようになってきていますからこの先さらに価値の上昇が見込まれることでしょう。

儲けの幅が最も大きいのは、発売直後や取引開始前から保有できている場合で、株で言う上場前の売り出し価格で購入する「IPO:新規公開株」に投資することです。

投資に限らずどんなビジネスでも「先行者利益」の恩恵はやはり大きいため、利益を大きくしたいのであればリスクも高まるものの早く手を出しておくことが重要になります。

この記事のタイトルにある「エターナルコイン」という仮想通貨って聞いたことありませんよね。こういう一般には知られていないものに投資してこそ先行者利益が得られるというものです。

ただ、そういった「おいしい話」は一般庶民におりてくることはないのが通常。

ところが私のような凡人でも新しい仮想通貨「エターナルコイン」では、新規公開前の売出し価格で購入して短期間にガッツリと儲けることができましたので、その経緯、金額、売却した理由などをこの記事で紹介していきます。

他人の儲け話には興味ないとは思いますが、前回記事のようにFXシステムとエードで大損をした流れの中での儲けであり、トータル的にはマイナスですんで温かい目で読んでもらえると幸いです。

さぁいってみましょう。

参考;シストレでの大損を紹介した前回記事

この記事は私の黒歴史を語ります。 両親や兄弟はもちろん、友人・同僚など誰も知らない、真っ黒すぎて妻以外にはとても言えない話。 ...
スポンサーリンク




新しい仮想通貨を新規公開前に購入できた経緯

それは大損したFXのシステムトレードを紹介してくれた投資家の医師からの紹介です。

エターナルコインが他の仮想通貨と違って日本製なので、日本の大物投資家の中で話が出回ったのかもしれませんね。

システムトレードは最終的に大損をしましたが、エターナルコインを紹介してくれた時は儲かりまくりのイケイケの時期でしたからエターナルコインを購入することに迷いは全くありませんでした。

それは2014年末の頃です。

2015年1月から新規公開する前にコネで先行購入できる紹介を医師からもらいました。

12月20日頃に連絡をもらい12月22日には購入していたから我ながら行動力がハンパありません。

その当時でもビットコインは発売当初から30万倍にも高騰していましたから「エターナルコインもそうなったら一生遊べるな」なんてすげぇウキウキして購入したのを覚えています。

購入条件は、エターナルコイン1枚120円で、最低2,000枚を購入(最高10,000枚)し1年以上は保有するというもの。

さすがに海の物とも山の物とも知れない物に120万円(10,000枚)を払えませんから最低限の2,000枚の24万円を投資することにしました。

まぁ得体のしれない仮想通貨に24万円も投資するのも相当なアレですが、この頃は本当に無敵でしたから24万円×30万倍のことしか考えていませんでした。

ちなみに下の画像は、先行購入分の予約確定のメール画面です。

エターナルコインを保有していた時の経過

エターナルコインの運営会社エターナルライブのホームページにこれまでの推移が掲載されており、それをキャプチャーしたのが上の画像です。

ご覧のとおりで取引開始からほんの数か月で1枚600円にも達し、この先ビットコイン並の上昇もあるなぁとニヤニヤしていたのも束の間、すぐに下落したものの徐々にその価値を上げていきます。

そして取引開始から半年くらい経った頃だと思います。

「エターナルコイン」でググると怪しい、ヤバい、2015年の内に消えてなくなるといったボロクソの評価を見つけて、「やっぱヤバい代物だったのかなぁ」と思うようになりました。

ところが、ちょうどその頃、エターナルコインを実際に使える店舗をホームページで何となく見ていた時に気づいてしまいました。

あのFXシステムトレードの海外証券会社の名前を見つけたのです。ググってもヒットしないようなマイナーすぎる証券会社と提携していたのです。(no indexだったのかもしれません)

「あぁそういうことね。そうつながっているわけか。」と納得するとともにシステムトレードは絶好調でしたので、システムトレードがうまくいっている間は、ネットでなんと評価されようとエターナルコインは安泰だろうと思っていました。

「エターナルコインの運営会社もシステムトレードで大儲けしているに違いない。」

ホント浅はかな考えですね。

しかも当時は「世の中、情報を持つものが勝つんだなぁ」、「ネット民情弱www」なんて思ってたりもしてました。正直。

1年6か月後にエターナルコインを売却した理由

エターナルコインの価格推移の画像を見てほしいのですが、1年以上かけて徐々に価値を上げて2016年5月から6月頃にはついに1枚800円を超えていきます。

エターナルコインはウハウハ、システムトレードもウハウハで、いつ頃どんな車を買おうかとか、海外旅行に行きたいなビジネスで、とか思ってた頃にやってきます。

Xデーがね。

忘れもしない2016年6月4日(土)の早朝。潮干狩りに行く車内での出来事です。

この辺の詳細はこの記事を読んでほしいんですが、要するにFXのシステムトレードが爆死したんです。

1晩で約300万円も。

そして自分の中ではエターナルコインとシステムトレードは完全にリンクしていると思っていましたから、当日約816円の値をつけていたエターナルコインも「今日中に終了する!」って本当に焦りました。

FXの爆死に気づいたのは潮干狩りに行く途中の赤信号の停車中です。しかもFXの方もじっくりと損失を確認できていない状態。

さらにエターナルコインの価格も確認できる状態ではありません。

気が気でないってこういうことなんだって、この日に身をもって知ることになりました。

ヤバい!ヤバい!マジヤベェ!!!

FXの300万円に加えてエターナルコインの160万円も溶けてなくなるわけにはいきません。

FXの方は妻と一緒に始めたんで、お金的には良くないけど家庭的には良かったんです。でもエターナルコインの方は完全に単独犯でしたからこっちまでなくなったらエライことです。離婚の事由にもなりかねません。

潮干狩り会場に着きエターナルコインの口座をスマホで開き、現在の価格を確認して売り注文が確定されるまでは生きた心地が全くしませんでした。

とまぁ、これがエターナルコインを売却した理由です。

冒頭に書いたとおりで、FXも入れたトータルではマイナスなんですが、FXでの大損が投資額の7倍にもなったエターナルコインでいくらかを埋めることができて助かったという話でした。

おかげでこの日は若干のテンション低下はあったもののFXの損失分の多くを取り戻すことができたこともあって、無事潮干狩りを楽しむことができましたとさ。

一応参考までに翌月曜日に売却したエターナルコイン分の振込完了メールを貼っておきます。

その後エターナルコインはどうなったのか

FXシステムトレードと一対だと思っていた私の読みは外れて、今でもエターナルコインは絶賛稼働中です。

先ほどの画像を見ていただければ分かりますが、私が売却した価格よりさらに価格を上げた後にまた下がって盛り返し、2017年に急激に下がっています。

これは価値が爆下げしたのではなく、株式分割みたいにエターナルコインを10分割にして運用をし始めたとのことです。

分割は他の仮想通貨ではない手法で、特許を取得しているようです。

これが仮想通貨として良いことなのか悪いことなのかは知識がなくて分かりませんが、投資額を低く始められるようになったことはメリットかと思います。

エターナルコインは今後アツいのか

エターナルコインがビットコインのようにこの先何万倍と高騰するとは私は思えませんが、結局のところ発売開始からまだ5倍程度にしかなっていないので、まだまだ見込みはあるかもしれません。

また取引所が、日本だけでなく韓国、香港、フィリピンにもありますからそれらの国への海外送金は格安で一瞬で行うことができるのがメリットです。

銀行で普通に海外送金したら数千円の手数料に1週間以上の時間がかかることもあるので海外送金のメリットは大きいです。

一方で、ネット上での仮想通貨に詳しい方からは、上述のとおり、怪しい、詐欺、やめておけ、なんて言葉も出てきます。

あわよくば何倍にもなるかもしれない宝くじを買うような感覚で、少額を買っておく分には夢があっていいかもしれません。ビットコインも過去に何となく買っておいた人が大儲けしたなんてニュースもあります。

2017年6月28日時点では、1枚66円です。100枚6,600円くらいなので、夢を買う金額としては良い感じかもしれません。

エターナルコインどうです?念のため、口座開設ページのリンクを置いておきますね。

まとめ

日本発の新しい仮想通貨「エターナルコイン」の新規公開前にコネで売り出し価格で購入し、1年6か月後に投資額が7倍になって売却できた話をお届けしました。

狙って売却して大儲けできたということならうれしい話ですが、FXシステムトレードでの大損失に伴う緊急的な売却で得られたものです。

結果としてほぼ最大値で売ることができたのですが、2014年秋頃から行っていたFXと仮想通貨のギャンブルは大赤字で終わりを告げます。

いい夢を見させていただきました。

エターナルコインは公開当初から5倍程度しか価格が上がっておらず、もしかすると今後ビットコインのように爆上げすることもあり得ますので、宝くじを買うのと同じような感覚で少額を投資してみても面白いかもしれません。

また、ビットコインも2017年4月頃からの値動きは大きく、まだまだビットコインも捨てがたいかもしれません。

ビットコイン取引所「bitFlyer」なら数百円からビットコインを購入できますし、マイクロソフトも提携し良い値動きをしている「イーサリアム」という新しい仮想通貨も購入できます。

エターナルコインよりも安全・安心な仮想通貨でも夢を見ることもできるかもしれませんね。