二日酔い予防に最強と噂の牛黄(ゴオウ)を服用し激しい飲み会に参戦した結果

シェアする

1年前から平日はなるべく休肝日を作っているんですけど、酒自体は好きなので「飲み会を断らない男」として職場で有名な産業薬剤師です。こんばんは。

ひどい二日酔いで翌日をフイにしたことは数知れず。それでも酒を飲み続けるのは多分もう頭がイカれてしまっているんだと思います。

そんな飲んだくれ薬剤師が自分のための整理という意味もあって、二日酔いが予防できる薬を紹介した記事を以前書きました。

二日酔いはツライですよね。なりたくないですよね。 何もかもやる気がなくなってグダグダと一日を過ごしてしまい、体調が悪いのも...

その中で、ホスト、ホステスの方が密かに愛用する牛黄(ゴオウ)という生薬(漢方薬を構成する成分)があります。

なんでも「シャンパンが水」になるとかで、そんなワケあるかよと思いつつも本当にそうだったら最高すぎるだろってことで、その効果を実感するため実際に私自身が服用した結果を紹介します。

あと牛黄はマイナーな薬であり、その辺では売っていませんので、どこで買えるのか、値段も一緒に解説します。

スポンサーリンク




まずは服用した牛黄を説明

牛黄を含む漢方薬はたくさんあります。心臓の薬の「救心」にも入っています。

でも水商売の方の間で人気なのが「牛黄カプセル」です。

とにかく大量に牛黄が入っているためです。救心6錠に入っている牛黄は4mgに対し、牛黄カプセルはその50倍の1個200mgも入っています。

ってことで、私もこの牛黄カプセルを服用して、今回の実験を行いました。

実物は上の画像のとおりで、茶色のカプセルの薬です。

牛黄カプセルの効果を検証した飲み会の激しさ

飲み会が激しくなってしまうのは、地元の同級生との集まりです。

血気盛んな友人が多く、若かりし頃と同じように飲みますから。ヤツらと飲むと100%二日酔いになります。例外はありません。

飲み会が始まるまでは飲む量をセーブしようと思って行くんですが、やっぱり意志が弱いってのもあって周りのペースに乗せられいつもの感じでついつい飲んじゃうんですよね。

よくピンチはチャンスと言いますが、同級生との飲み会が決まった時に牛黄の威力を試すチャンスだと思って、牛黄カプセルを準備していたのです。

漢方薬は空腹時に飲むのがベストですから飲み会が始まる1時間前に牛黄カプセルを服用。

飲んだ量は、1軒目の居酒屋でビール6杯と焼酎ロック2杯、2軒目のスナックで焼酎緑茶割5杯、3軒目のラウンジでビール5杯でフィニッシュです。

最後の方は酔いが進んでいて若干飲んだ量が違うかもしれませんが、まぁこんなもんだと思います。あとだんだんと女性色が強いお店になっていくところと一晩で2万5千円も散財してしまったのは気にしなくてください。

普段の私であれば、これだけ飲むと確実に二日酔いになる体質です。

牛黄カプセルの二日酔い予防効果はいかがなものか

飲み会の最中での効果

結論から言えば、ビールや焼酎は水にはなりませんでしたし、無限に飲めるものでもありませんでした。

確実に酔いましたし、何なら若干記憶がないくらいです。あと吐きはしませんでしたが少し気持ち悪さもありました。

牛黄カプセルの威力を期待しすぎたのかかもしれません。

二日酔いへの効果

結局家に帰ったのが1時過ぎ(だと思う・・・)、で、起きたのが7時です。

睡眠時間が少ないことと酒で睡眠の質が下がることもあって、起きてからの眠さはありました。

でも、頭痛や吐き気といった二日酔いで苦痛な二大症状が全くありませんし、汚い話ですが二日酔いの日は私は必ず下痢になるのですがそれもありませんでした。

朝ごはんも問題なく食べれましたし、朝から活動的に子供とも遊ぶこともできました。

いつもの私だったら午前は確実に身動きが取れてなかったことでしょう。

牛黄カプセルのヤバすぎる威力を感じました。

牛黄カプセルはどこで買える?、価格は?

地元飲み会が決まってから牛黄カプセルを求めて、色々と薬局・ドラッグストアを巡りました。

マツキヨ、スギ薬局、ツルハドラッグの大手ドラッグストアと地元密着型の薬局です。

でも残念ながらどこにも牛黄カプセルは売っていませんでした。店員に聞いても「はぁ?何その薬。」みたいな感じです。

なので、アマゾンや楽天などのネットで購入するのがベストです。

私はアマゾンで購入しましたが、ポチってから2日後には来ましたよ。値段は1352円/2カプセルです。

まとめ

巷で話題の最強の二日酔い予防の医薬品「牛黄カプセル」の最強たる理由を私自身で実感しました。

飲んでいる最中やその日はいつもと同じですが、次の日の体調が全く違います。

吐き気や頭痛もなく朝から活動的に過ごすことができ、次の日をフイにすることがなくなり、牛黄カプセルは本当にオススメです。

でも、薬を飲むことによって体に負担がかかるはずで、1カプセルで600円以上もするめちゃくちゃ高価な薬ってこともあるので、ここぞという時だけにするようにしましょう。

普段は休肝日を作って肝臓をいたわってくださいね。休肝日も体が健康になるのが実感できてオススメですよ。

毎夜毎夜、下手すりゃ昼間から飲んだくれ、ほぼアル中だった薬剤師です。こんばんは。 でもそれも今は違います。1年前までの話で...