腸内フローラとは?腸内細菌の改善がインフルエンザと戦う体をつくる

yogurt

インフルエンザ予防にワクチンを接種される方も多いかと思います。

インフルエンザの予防接種前後にR-1乳酸菌が入っているヨーグルトを食べると予防接種の効果が高まるという話が広がりつつありますので、この記事ではインフルエンザとR-1乳酸菌、そして腸内細菌について紹介します。

R-1乳酸菌がインフルエンザに対する効果を確かめた床試験

順天堂大学医学部・免疫学講座の竹田和由准教授が実施した臨床試験があります。

2012~13年の冬に順天堂大学医学部の男子大学生40名を対象にして実施しています。

R-1乳酸菌が入ったヨーグルトを1日1個食べる群、R-1乳酸菌の入っていない乳飲料を1日1個食べる群に分けます。

インフルエンザワクチンを接種する前の3週間と接種した後の10週間の合計13週間ずっと乳製品を食べてもらって、インフルエンザに対する抗体陽転率を調べたものです。

結果としては、プラセボ群と比較してR-1乳酸菌群ではA型もB型も抗体陽転率が高かったとのことです。

インフルエンザ予防効果が高まる理由

感染症の予防が治癒には免疫が必要です。

ワクチン接種による「獲得免疫」ではなくもともと体に備わっている「自然免疫」を担う代表選手であるNK細胞にいい影響を与えるのではないかと竹田准教授が述べています。

2001年にWHO(世界保健機関)からヨーグルトや納豆などの細菌を含有した食品を摂取することが健康に良い効果をもたらすという報告がされていることからもこのことが支持されるとのことです。

NK細胞へのいい影響は他の乳酸菌でもあるようですが、R-1乳酸菌の方がバラツキなく誰が飲んでも効果がありそうだとういことのようです。摂取すれば1週間後くらいから効果が出て3週間後くらいは持続するようです。

とういことで、ワクチン自体の効果を高めるというよりは、体の自然免疫を高めてワクチンによる免疫を獲得しやすくする効果がありそうだということのようですね。

ヨーグルトが直接体に影響するのではなく、ヨーグルトが腸内細菌に影響することで効果が得られるものと考えます。

腸内細菌はすごい

腸内フローラって知ってる?

「腸内フローラ」って聞いたことがありますか?

腸内には数万種類、合計100兆個ともいわれるくらい膨大な数の細菌が住み着いており人間と共存しています。
汚い話、う○この約半分がこの腸内細菌の死骸ともいわれています。

腸内フローラとは、腸内細菌たちのことを言います。同じ種類の細菌が集まっているため顕微鏡で見るとお花畑のように見えることから名づけられています。

人間の細胞数は60兆個ありますが、その2倍程度の数の細菌が腸内に存在しているわけですから、腸内フローラの人間に対する影響力はハンパありません。

そして、腸内フローラは人によって内容が異なるのです。人によって住み着いている最近の種類や量が異なります。

腸内フローラの影響力

腸内細菌によって主に次の5つの恩恵を受けているとされています。

  • 病原体の体内侵入を排除
  • 食物繊維の消化
  • ビタミンBなどのビタミン類の産生
  • セロトニンなどの脳内物質の産生
  • 免疫の強化

まだはっきりとわかっていないだけでこれ以外にも大きな影響力があり、人の性格までも変える程であるとも言われています。

また、免疫力に関わるということは花粉症などのアレルギーにも影響しますし、ビタミン類にも影響するということは、肥満などの生活習慣病にも影響するということです。さらには脳内物質をも作り出すということは、認知症なども影響があるのかもしれません。

但し、腸内フローラは悪玉菌も混ざっていますのでいい影響ばかりではありません。善玉菌の方が多くなるようにする必要があります。

腸内フローラを改善させる治療

赤ちゃんなど子供が原因不明の発熱や体調不良を起こすことがあります。

こうしたことは腸の調子が悪いことから発生している場合があって、整腸剤を服用することで体調不良が治ることもあるのです。

実は大人の病気でも腸内フローラを改善することで治療できる病気があるのかもしれません。

まだ、研究中で健康保険は使用できませんが、難病の潰瘍性大腸炎の治療で健康な人の糞便を移植する治療方法もあるようです。将来的には病気の治療はまずは腸内フローラからという時代が来るのかもしれません。

http://www.ho.chiba-u.ac.jp/frontier/frontier06.html

まとめ

腸内細菌は人間の健康に大きく関わっていることが分かってきました。

R-1ヨーグルトを食べることで、インフルエンザ予防接種の効果が高まると言われていますが、これはヨーグルトがワクチンの効果を高めるのではなく腸内細菌を改善させて免疫力があがったことになるものです。

腸内細菌はこの他にも人間にとっていい影響がありますから、善玉菌を増やして良い腸内フローラになるようにこころがけたいですね。そのためには、腸内細菌にやさしい食生活が大事ですよ。
参考

https://industrial-pharmacist.com/?p=3074

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です