【BBQの基本知識】必要な肉の量、炭への火のつけ方、炭の処理方法

bbq

私は基本的にはインドア派で、家でテレビを見たりゲームをしたりすることが多いのですが、近所の公園などで家族とバーベキューをするのは好きでちょくちょく行います。

大学生の頃にやってたバーベキューは、後先考えずに適当に肉と酒を買ってキャッホーしてた口ですが、家計がシビアな家族持ちの場合はそんな悠長なことはやってられません。

ということでこの記事では、まずバーベキューで購入すべき肉の量を紹介します。

そして、バーベキューに必須で「かっこいいパパ」を見せられる効率的な炭への火のつけ方、バーベキュー後の炭のスマートな処理の仕方について紹介します。

バーベキューで購入する肉の量

年齢と性別によって必要となる肉の量が異なり、次の量を目安にお考えください。

男性 :300g/人
女性 :200g/人

※中学生以上は大人と同じで、小学生以下は女性と同じ量でいいかと思います
※お酒を飲む人の分は、2割減でちょうどいいです
※上記はシメに焼きそばをすることを想定した量です(焼きそばで使う肉を含む)

例えば、男性2人、女性2人、中学生男1人、小学生女2人だったら
300g+200g×2+300g+200g×2=1,400g になります。

この量は、肉の種類を問いません。牛肉、豚肉、鶏肉、ソーセージなど全ての肉の合計で考えてください。

買い物に行くとこれでは「少なくないかなぁ」と感じるかもしれませんが、野菜や焼きそばも食べると案外丁度いい量です。小さい子供がいる場合は、肉は少なくしておにぎりで調整するといいかもしれません。

炭への火のつけ方

キャンプファイヤーのようなやぐらを割り箸と炭で作って、割り箸に着火すると火がつきやすいとネット上では指南されているサイトが多いですが、そんな難しいことはせずに着火剤もこれでもかと使っちゃえば問題なしです。

大き目の炭にジェルタイプの着火剤をこれでもかと塗りつけます。

その上に空洞が出来るよう「人」の字のような感じで炭をお互いに立てかけます。燃焼には酸素が必要ですので、空気の通り道である空洞を作るのがポイントです。

その後着火剤に火を着けて、うちわで適当に扇ぎます。

この手法でまずはよく火のついたエース級の炭を2個くらい作ります。

あとはそのエースを下にしてその上に違う炭を同じように「人」の字が出来るように立てかけて、うちわで酸素を供給して火のついた炭を量産します。

ある程度火のついた炭が出来れば大量に炭を投入して、全体的にうちわで扇ぎまくると完成です。

うちわが大変ということであれば、自転車やボールの空気入れを使うとピンポイントに酸素が送れるので一気に火をつけることができます。

着火剤を使うのも面倒くさい場合は、カセットコンロのガスを使うバーナーを使うとさらに便利です。5分くらい同じ炭にバーナーを当てればすぐにエース級の炭が作れます。

バーベーキュー後の炭の処理

ゴミは持ち帰る又はバーベキュー場にあるゴミ捨て場に捨てるのは当然のことです。

同じように炭の捨て場があるバーベキュー場がある場合は問題ありませんが、川岸でバーベキューをした時などは炭の始末をどうすればいいのか分かりにくいですよね。

私も昔はよくやってしまいましたが、「炭は自然のものだから、その辺に捨てておけばいずれ土になる」と考えて土に埋めていませんでしょうか?炭を細かくしたものは土壌改良剤としても使用するし別にいいんじゃないかと考えていませんでしょうか?

物が土に還るということは微生物によって分解されるということです。これが意味することは微生物のエサになるかということであり、生きていくために摂取する必要があるか栄養になるかということです。

しかし炭は、炭素だけの無機物です。化学構造式は「C」だけです。

炭素は、あらゆる物質に含まれていますから炭素しかない炭をエサにする必要はなく実際に炭を摂取する微生物なんておりません。仮にいたとしても特殊な環境にいるだけだと思います。

従って、炭を土に埋めても自然には還りません。永久に炭は炭のままです。

ということで、バーベキュー後の炭は公園に所定の炭捨て場がなければ、全て持ち帰って燃えるゴミとして出す必要があります。

火がついている場合は、「火消しつぼ」で消火すると便利です。ただ、火消しつぼで消火した炭は、次回火が着きやすいようですので、大きい炭がであれば捨てずに次回にとっておくのもいいです。

バーベキュー時の怖い感染症

バーベキューをするような場所にはマダニが潜んでいることがあります。

マダニはウイルスなどの病原菌をたくさん体に持ち、非常に怖い感染症であるSFTSやその他の感染する危険性もありますので、バーベキューする際には十分注意するようにしましょう。

https://industrial-pharmacist.com/?p=502

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です