高血圧、癌、うつ 遺伝で親から受け継がれる範囲 ~病気編~

前回の記事では、知力、体質、センスなどその人を作り出す基本的な事項がどの程度遺伝に影響されるのかを紹介しました。

高血圧や癌は遺伝することを聞いたことがありますが、その他の病気についてはどうなのかについてこの記事では紹介します。

内容の概要

週現スペシャル 大研究 遺伝するもの、しないもの【第2部 これが遺伝する病気です がん、脳卒中、認知症、うつ、虫歯、痛風、花粉症ほか

知りたいけど、怖いから本当のことは知りたくない。”遺伝的に”臆病な性質を持っている人は、そう思うかもしれない。「病気の遺伝」の話だ。

がん家系、脳卒中家系……とはよく聞くが、いったいどこまで遺伝するのか。’03年に全ヒトゲノムの解読が終わり、どの遺伝子がどのような病気・体質に関与しているかということが、徐々に解明されてきている。

その成果を順に見ていこう。まず最初は、日本人の死因トップのがん。国立がん研究センター研究所遺伝医学研究分野・分野長の吉田輝彦医師が解説する。

「がんには、3つの原因があります。一つ目は、たばこで肺がんになるといった生活習慣や環境的な要因。二つ目は加齢。いくら健康的な生活を送っていても、歳を重ねるとDNAに傷がついてしまい、がんが発生してしまいます。そして最後が、遺伝的な要因です。’96年にアメリカで報告された分析では、親戚内でがんが複数の人に発症するなど、家族歴が関係する割合は5%程度と言われています」

ただし、どの種類のがんも同じ確率で遺伝するわけではない。遺伝しやすいがん、しにくいがんというものがあるという。

「とくに遺伝が強く関連する可能性のあるがんは、大腸がん、乳がん、子宮体がん、卵巣がん、胃がんなどの一部です」(前出・吉田医師)
たとえば、家族性大腸腺腫症という大腸がんの種類は、たったひとつの遺伝子ががんの発症を左右している。全大腸がんの1%以下の発症率というまれな病気だが、優性遺伝するため、この遺伝子を持っている人は、放っておいたら必ずがんが発症してしまう。そのため、大腸をすべて摘出する手術が必要となる。

また、変異型のBRCA1及び2という遺伝子を保有している場合、女性には乳がんと卵巣がんのリスクが非常に高まる。男性の場合も、男性乳がんのリスクが高まるほか、前立腺がんと膵臓がんのリスクが少し高まるという。

・・・続きは、リンク先

一覧表と個人的な所感

一覧表は下の方をご覧ください。それぞれについて個人的な所感を記載します。

癌は、部位や種類によって違うんですね。遺伝するものしないものがあるという所に驚きました。

ホルモンがかかわるような婦人系の癌、男性しかない前立腺、甲状腺が遺伝に関わるんですね。

大腸癌は解説に書かれている癌の種類では遺伝するんでしょうが、通常は生活習慣に起因することの方が高いような気がします。

脳・頭・心臓・血管

認知症でも若年性アルツハイマーだけなんですね。

解説にも記載がありますが、心筋梗塞、脳梗塞や脳卒中は、その要因となる高血圧などの生活習慣病が遺伝しますから、その結果として遺伝の影響が高いと考えられそうですね。

生活習慣病

遺伝も確かにあるとは思いますが、同じ生活習慣をするために家族で同じ病気になりやすいとも考えられます。

精神

精神科の診察では、家族歴を聞きますのでうつ病は遺伝が関係するんだなぁと思っていましたがやっぱりですね。

ADHDなどの発達障害も遺伝することは医療業界では結構有名な話ですからこの辺に驚きはありませんでした。

皮膚

アレルギー体質は遺伝しそうな感覚があります。アトピー、喘息や花粉症といったアレルギー疾患が遺伝が原因と言われても違和感はありません。

水虫は感染症ですから関係ないですが、汗をかきやすいという遺伝の結果として水虫にかかりやすいとも考えられます。

製薬会社がCMをしている加齢黄斑変性は遺伝するんですね。進行を遅らせる薬がありますので早めに受診したいですね。

加齢黄斑変性の詳細は製薬会社が運営しているウェブサイトをご覧ください。

http://www.moumakushikkan.com/ja/kareiouhan/

歯並びは、顎の形などでも歯並びは影響しますから100%遺伝と言われて違和感ありません。

その他

潰瘍性大腸炎は、原因がよく分かっていないのに遺伝するってことは分かっているんですね・・。

いびきは、理由を読んで納得です。私のいびきは親父ゆずりのようです。

まとめ

前回の記事のまとめにも記載しましたが、ある病気が一つの遺伝子で決まるのは少ないと考えられます。

癌、生活習慣病やその先の脳・心血管障害を中心に、日ごろの食生活や運動生活で病気になるかが変わってくると思いますので、遺伝するかどうかで一喜一憂するのではなく、あきらめずに健康的な生活習慣をおくれるようにしたいものです。

最近では自宅でほんの少し血液を採取して郵送すると遺伝子を検査して様々な病気へのリスクを判定してくれるものがいくつかあります。

もし上図の遺伝に関連する病気に両親がかかったことがある場合は、その病気へのリスクを具体的に判定してもらうと今後の備えの一助になるかもしれません。

PICKUP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です