高栄養で低コスト!食料危機にもってこいの昆虫食

Beetle

日本では少子高齢化が進み人口は減少傾向にありますが、世界に目を向けると人口は爆発的に増加していることをご存知でしょうか?

ほんの少し前まで世界の人口は50億人だとか60億人だとかと言っていたのに2100年には100億人を超えると予測する研究もあるほどで、現代ですら飢餓で苦しんでいる国や地域がある中、それがさらに進むことも考えられます。

FAO(国際連合食糧農業機関)という「飢餓の撲滅を世界の食糧生産と分配の改善と生活向上を通して達成するのを目的」とした国連の一つの機関が、昆虫を食べることを推奨する報告書を2013年に発表しました。

日本でも長野県などでは、イナゴやザザムシなどが珍味として食されていますが、そのような虫を食べることを推奨するとはどういうことなのか、発表時に報道されたニュースと共にこの記事で詳しく紹介します。

ニュースの内容

昆虫を食べよう=FAOが報告書

【ローマAFP=時事】国連食糧農業機関(FAO)は13日、カブトムシや芋虫などの昆虫を食べることを推奨する報告書を発表した。報告書は「昆虫はどこにでも生息し、すぐに増殖するため環境への負荷も少ない」と説明している。

会見したFAO担当者は「昆虫は栄養価が高い。既に世界人口の3分の1に当たる20億人が食べている」と強調。同席したガボンのヌチャンゴ水利・森林相も、カブトムシの幼虫や炒めたシロアリはおいしいと語り、「われわれは日常的に昆虫を食べている」と述べた。

ただ、報告書の作成者は「多くの西洋諸国では昆虫を食べることへの抵抗感が残っている」とも指摘した。

yahoo!ニュースより転載

昆虫食のメリット

報告書には「多くの昆虫は、タンパク質と脂肪が豊富で、カルシウム、鉄と亜鉛が多く配合されている。何を食べているかや種によってl異なるが、イナゴの鉄の含有量は8~20mg/100gに比較して、牛肉では6mg/100gです。」と記載されていて栄養価が高いとされています。

また、牛肉1kgを生産するのに飼料が8kg必要なのに対して、昆虫を1kg生産するのには飼料は2kgですみ、とても省コストであると報告されています。

カブトムシを食べた時の感想

私自身は、イナゴもザザムシも蜂の子など一回もムシを食べたことがありませんので虫を食べた時の感想はお伝えしようがありませんが、ネット上でカブトムシを食べた感想を見つけましたので紹介したいと思います。

カブトムシの幼虫

ネット上の感想:土臭い。特に黒いところは土が詰まっていてとても食べられない。
私の所感:でしょうね・・・。

カブトムシの成虫

ネット上の感想:カブトムシ特有のにおいに加え、味は土臭い肉のよう。食感も紙にくるんだ肉を噛んでいるようでおいしくない。
私の所感:そりゃそうでしょうよ・・・。

カブトムシのさなぎ

ネット上の感想:胸部の筋肉は小さなエビか何かを食べているかのよう。雄より雌の方がクセがない。
私の所感:勘弁して。無理して食べなくていいんだよ・・・。

他の虫についての紹介

有名なテレビ番組「ナショナルジオグラフィック」で、カブトムシ以外にも昆虫食について詳しく解説されたものがありましたので興味のある方はよければご参考ください。忠告しておきますが、あまりいいものではありませんよ・・・。

閲覧注意

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/7950/?ST=news

カブトムシの医薬品への応用

カブトムシの食用について調べていたらカブトムシ内のある成分を抗生物質や抗がん剤にする研究がすすんでいることを発見しました。その成分名は、「カブトムシディフェンシン」。

結構ストレートな名前で、幼虫が細菌感染するのを防ぐ働きがあるのだとか。特にMRSAやVREなど薬剤耐性菌にも効果が期待できるとのことで、医薬品として発売されたらかなり重宝されることが期待されます。

まとめ

人口増加の食糧危機に備えてこのような研究発表があったのでしょうが、元々ムシを食べない食文化の人たちには到底受け入れがたいことですね。

私の祖父は戦時中に戦地でヘビやカエルなどを食べて飢えをしのいでいたと言っていましたが、そのように飢えでどうしようもない状況でなければ食べたくないですよね。

人口が増えすぎない内になんとか食糧危機にならないよう科学技術がさらに発達することを願うばかりですね。

調べてて体中が痒くなってきました・・・。

カブトムシディフェンシンには、ぜひとも薬剤耐性菌用の抗生物質となってもらいたいものです。(一般名が「カブトムシ」ということは日本で発見されたのかな)

ちなみに知らない方がいい話ですが、赤色をした食品によく使用されている「コチニール」とという色素は、「カイガラムシ」という虫から作られています。コチニールは本当に多くの食品に使用されていますから、アナタも頻繁に虫を口にしていることになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です