薬剤師が伝授!美肌を守るため知っておくべき日焼けの知識と最強の日焼け止め

最近では異常気象というか暑すぎたり寒すぎたり天候が極端になることが多くなってきています。

夏では従来にないくらい太陽がギラギラと照りつけることもあって、暑さだけなく紫外線への対策も入念にする必要があります。

年齢と共に肌は弱くなりますが、それは皮膚が老化するということよりも紫外線による影響力の方がはるかに大きいと考えられています。

夏は気分はあがり、海に川にバーベキューなどワクワクすることがたくさんある季節で、こまかいことは気にせずに遊びたいとは思いますが、年齢を重ねてから後悔しないようしっかりと紫外線や日焼けによる体への影響や紫外線から体を守る日焼け止めを薬剤師が解説します。

まずは紫外線について知ろう

太陽光の種類

紫外線は太陽光に含まれる目では見ることのできない光の一部で、次の図のように太陽光は、赤外線、可視光、紫外線に分かれます。

紫外線は地表に届く光の中で最も波長の短いもので、さらに波長の違いによってUVA、UVB、UVCの3種類に分類されます。なお、その内のUVCはオゾン層によって吸収されて通常は地上には到達しないと言われています。

波長と体への影響をについて次で紹介します。

光の種類(波長の違い)によるエネルギーの違い

光のエネルギーの計算式は、「エネルギー(E)=h(定数)×C(光速)/λ(波長)」です。

「h」と「c」の値は、光によって変化しませんので、波長の長さによって光のエネルギーの大きさが変わり、波長が短いと分母が小さくなることからエネルギーが高くなります。

紫外線は太陽光の内、波長が短かい光のため、高いエネルギーを持っていることから肌や人体などに大きな影響を与えます。

紫外線が与える肌や人体への影響

UVAの影響について

UVAは、日ざしを浴びた後に肌を黒くする紫外線です。

透過性がよく肌の奥深く真皮まで届きシワやタルミなどの原因になります。ゆっくりとじわっと影響するイメージです。

UVBの影響について

UVBは、主に表皮に強く作用して日ざしを浴びた数時間後に肌に赤く炎症を起こす紫外線で、UBAに比べて急激に作用する紫外線です。

メラニンを増加させて日やけによるシミ・ソバカスの原因を作ります。

紫外線から肌を守る方法

日常生活で私たちが紫外線を100%避けるのは不可能ですが、必要最小限にすることはできます。

当たり前の話ですが、日焼け止めを使用する、帽子をかぶる、日傘をさす、長そでを着る、サングラスをかけるなどです。

ここから先は、その中でも日焼け止めについてピックアップして詳しく解説します。

日焼け止めの選び方

日焼け止めは正しく選ぶことが大切です。

海辺や雪山での紫外線と日常生活での紫外線の量や強さは同じではありません。

紫外線をきちんと防ぐためには、日焼け止めの「SPF」や「PA」表示を確認して状況に合わせた日焼け止め選ぶことが重要です。

日焼け止めのSPFとPAとは?

「SPF」と「PA」は紫外線防止効果の程度を表すもので、日焼け止めを選ぶ際の目安になります。

SPFについて知ろう

SPFは「Sun Protection Factor」 の略語です。

主としてUVBによって引き起こされる赤くなる日焼けの防止効果を表し、数値が大きくなればなるほど防止効果(予防時間)が高くなります。

しかし、日本ではSPFの具体的な数値は「50」までしかありません。

「SPF60」とか「SPF70」に相当する日焼け止め成分が配合されている日焼け止めもありますが、具体的に数値では表示せずに「SPF50+」と表示するよう薬機法(旧薬事法)によって定められています。

注意したいのは、SPFは単純に日焼け防止時間の長さを示すものではないということです。

同じ紫外線量でも日焼けする時間って人によって異なりますし、外での活動時間は同じでも紫外線量によっては早く日焼けすることがあります。

日焼けするまでに30分かかる街中でのショッピングと5分で日焼けしてしまう海水浴とで日焼け防止時間が変わるのは、何となく想像できますよね。

SPFの数値は、日焼けになってしまう時間を何倍延長させることができるかを示す数値になります。

例えばSPF50の日焼け止めクリームを使用するとします。これは50倍の日焼け延長効果が期待できます。

Aさんは外で運動を10分すると日焼けする体質であれば、10分×50の500分日焼けする時間を延長する効果があります。一方Bさんは20分で日焼けする体質であれば、同じ日焼け止めクリームでも効果は1000分になります。

PAについて知ろう

PAは「 Proteciton Grade of UVA」 の略語で、UVAからどれだけ守ってくれるかを表しています。PA+~PA++++のいずれかで表示されて「+」の数が多いほどUVA防止効果が高いことを示しています。

日本で最強の日焼け止め

ということで、日本での最強の日焼け止めは、「SPF50+かつPA++++」と表示されているものになります。

あとは、ファンデーションと一緒になったタイプ、水に強いタイプ、肌にやさしい成分が配合されているタイプなど、各種特色に合わせて様々な商品が発売されています。

効果的に使うためには日焼け止めとメイクを使う順番を考える必要があります。

化粧下地、ファンデーション、スキンケアクリーム、フェイスパウダーに加え、「SPF50+ PA++++」の最強の日焼け止め成分が配合されたオールインワンの「澄肌CCクリーム」がとても便利でおすすめです。
最強の日焼け止めの詳細
【SPF50+】澄肌CCクリーム1本で本格的なUVケア&白肌をキープ!【PA++++】

日焼け止め、メイク、虫よけの使用順番はこちらを参照

https://industrial-pharmacist.com/?p=4108

日焼け止めの塗り方

日焼け止めを塗るポイントは次の3つです。

たっぷり塗る

SPFで表示されている数値の効果を得るためには十分な量が塗られていることが必要です。

ケチって塗る量を少なくすると効果は当然のことながら落ちます。

時々塗りなおす

タオルで拭いたり、汗をかいたりすると落ちますのでこまめに塗りなおすことが重要です。レジャーの場合2時間に1回くらい塗るのが理想ですが、使っている日焼け止めや紫外線量によっては調節が必要です。

過信しない

いくらSPF50+、PA++++の商品でも日焼け防止効果は完璧ではありません。

絶対に日焼けをしたくない場合は、日傘や帽子などの併用も不可欠です。

注意したいこと

薬機法の適用外の外国では「SPF60」とか「SPF100」などと表示して発売されている商品もありますが、SPF50以上は効果に信頼性がないようです。

大量に日焼け止め成分が入っているのだとは思いますが、頼り過ぎないようにしたいものです。

まとめ

近頃は極端な天気になることが多く、特に夏では太陽の活発になり肌の老化の大きな要因である紫外線には十分注意が必要です。

日焼け止めは数多く売られていますが、強いものから弱い物まで数多く発売されています。

日焼け止めの効果を示すSPFとPAの意味をしっかりと理解して確実に日焼けを防止できるようにしていきましょう。

日焼けしてしまったら次の記事をご覧ください

https://industrial-pharmacist.com/?p=616

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です