スイッチOTC化・市販薬化されたアレグラFX錠の特徴と購入方法

60mg_ptp_10tab

以前は病院を受診して医師の診察を受けなければ入手できなかった医療用の医薬品が、副作用の面で安心して使用できると判断されると市販薬に区分が変更されることがあります。

これを私たち薬業界では「スイッチOTC化」と呼びます。

「スイッチ」とは転換されることをいい、「OTC」とはover the counterの略で市販薬のことを指します。なのでスイッチOTCとは市販薬になった薬という意味です。

日本は極端な高齢年齢化が進み医療費を圧迫していますから、軽症な場合は自分で薬を買ってきて自分で手当てをする「セルフメディケーション」という考え方を国が推進しています。

セルフメディケーションでよく使用される花粉症の薬は、医療用からスイッチOTC化されているものが多くあり、花粉症は今では病院を受診しても直接薬局で購入しても同じ薬が入手できる時代になってきています。

この記事では、医療用医薬品として花粉症などのアレルギー疾患でよく使用されてきたアレグラ錠がスイッチOTC化されていますので、どのような薬なのかを紹介したいと思います。

アレグラ錠ってどんな薬?

アレグラ錠は、アレルギーや炎症の原因となるヒスタミンという物質の作用を抑えることで、鼻炎や湿疹などのアレルギー反応からくる症状の治療薬として使用されている薬です。

アレグラ錠と同じ作用の仕方をする薬はいくつかありますが、いずれも副作用として眠気が出る場合がかなりあります。そのため、薬の説明書には、「車の運転や危険を伴う機械作業は避ける」旨が記載されています。

しかしアレグラ錠だけは、副作用として眠気が出る可能性が少ないということが実証されており、同じ分類の薬の中で唯一そのような注意喚起が無い薬です。

アレグラ錠のスイッチOTC化で変わること

アレグラ錠は、眠気の副作用が少なく効果も結構期待できるため、現在でも多くの皮膚科、耳鼻科でアレルギー症状の治療薬として中心的な役割を果たしています。

実はアレグラ錠が市販薬で発売される前からザジテンカプセルやアレジオン錠と同じ成分の市販薬が発売されていましたが、どちらも少し古い薬ですし医療用と比べて配合量が少なかったりして十分な効果が期待できませんでした。

このような中、アレグラ錠は医療用でも現在進行形で使用されている薬であり、しかも市販薬のアレグラ錠は医療用と全く同じ量が配合されていますので、アレグラ錠のスイッチOTC化はとても意味のあることです。

病院を受診しても薬局で買っても同じような値段

医療用のアレグラ錠の価格は、64.9円/錠(2016年現在)です。通常1日2回服用しますので129.8円/日です。

実際の負担はその3割の約45円/日になります。

一方、市販薬のアレグラ錠である「アレグラFX」の価格は、楽天の最安値で、1,499円28錠(2週間分)ですので、約107円/日になります。

病院に行くと初診料だとか何とか代が取られた上、薬局でも基本料など色々徴収されます。

さらにそれぞれの待ち時間がかかるしそもそも受診するのが面倒ということもありますから花粉症の時期に2週間くらい服用すれば十分という方であれば、市販薬のアレグラFX錠を購入した方がコストパフォーマンスがいいんじゃないでしょうかね。

実際に支払う額も2週間程度だったら同じくらいになると思います。

破格な市販のアレグラもあるよ

https://industrial-pharmacist.com/?p=3575

アレグラFX錠はどこで購入できる?

市販薬品は副作用のリスクの高い方から、要指導医薬品、第1類、第2類、第3類と4つに分類されています。

その内の要指導医薬品はインターネットでは購入できずにお店に行く必要がありますが、それ以外であればインターネットでも購入可能です。

アレグラFX錠は、その中でもリスクが比較的高い第1類に該当しますから、店頭であれば薬剤師のいるお店・時間でしか購入できませんし、インターネットでも場合によってはメールのやり取りがあったりと少し手間がかかるお店もあります。

ということでアレグラFX錠を購入するには、薬剤師のいるドラッグストアや薬局か、インターネットショップかのどちらかになります。

【追記:2016年11月29日】
市販薬のアレグラFXは第二類医薬品に変更になりましたので、薬剤師が不在でも登録販売者が勤務していれば購入できるようになりました。

また、第一類医薬品はアマゾンでは購入できませんが、アレグラFXは第二類医薬品になったのでアマゾンでも購入できるようになりました。

https://industrial-pharmacist.com/?p=3351

まとめ

医療用でまだまだ現役の鼻炎治療薬アレグラ錠が、用量そのままに市販薬アレグラFX錠として発売されています。

薬だけの値段を見れば市販薬を購入する方が高い可能性がありますが、初診料など他のお金も取られる上に時間と手間がかかるのであれば市販薬を購入した方がコストパフォーマンスが高いのではと考えます。

アレグラFX錠は市販薬の中では、副作用のリスクが比較的高い第1類に分類されていますので、薬局やドラッグストアといった店頭では薬剤師からしか購入でいません。

ただ、第1類はインターネットで購入できる分類ですから業者とのやり取りが少し入るかもしれませんが、インターネットで購入した方が便利です。

【追記:2016年11月29日】
市販薬のアレグラFXは第二類医薬品に変更になりましたので、薬剤師が不在でも登録販売者が勤務していれば購入できるようになりました。

https://industrial-pharmacist.com/?p=3351

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です