GW明けから実行!本格的な夏を迎える前から行う熱中症対策

water

今の日本ではどこでもクーラーがついており夏を快適に過ごせる時代になっている反面、多くの方が暑さに対する耐性が落ちていいます。

温暖化なのか分かりませんが極端な気象が起こる事例が多くて、昔に比べて熱中症になりやすくその対策が必要不可欠な状況

ということで、この記事では熱中症についてとその具体的な対策について紹介していきたいと思います。

まずは熱中症について知ろう

熱中症は、汗をかいて水分を失うことに加えて体内の水分調節を担うナトリウムも汗から出てしまうことで、体内の水分バランスが極端に崩れてしまい脱水症状になる病気です。(ナトリウム=塩分とお考えください)

高温多湿であれば屋外だけでなく屋内であってもなりますし、意外かもしれませんが真夏よりも体が暑さへ十分適応できていない初夏の方が多く発生します。

熱中症という言葉は、花粉症と同じく正式な医学的な言葉ではありません。次の4つの症状が単独または複合的に起こることから一般的に分かりやすく表現した総称です。

では4つの症状がどのようなものなのかをみていきましょう。

熱失神

体を冷やそうと皮膚血管が拡張することで血圧が低下して脳への血流が減少するために起こり、めまいや失神などがみられ突然意識を消失してしまう怖い症状です。

血管が拡張すると血圧が低下することは、ホースで水まきをすることで実感できると思います。

ホースの先端をつまんで出口をしぼめれば水は勢いよく遠くまで水が出ますし、逆に何もしなければ水の量は多いですがしぼめた時に比べれば勢いはありません。

熱けいれん

スポーツなどで大量に汗をかいた時に水だけを補給して血中の塩分濃度が低下した場合、足や腕などの筋肉に痛みを伴ったけいれん(つったような感じ)が起こる症状です。

人間の体は0.9%の食塩水と同じ濃度で出来ています。

それよりも薄くなっても濃くなっても問題があります。汗と一緒にナトリウムが出てしまっているのに水だけ補給してしまうと体液濃度が薄くなってしまうのが熱けいれんの原因です。

熱疲労

大量に汗をかき水分や塩分が大量に失われて血液量が減少することで発生し、症状としてはめまい、頭痛、吐き気などが起こります。

熱けいれんと同じようなものですが、熱けいれんの場合は水分は足りている状態ですが、熱疲労は水分も足りない状態であるために熱けいれんよりも状態が重いです。

熱射病

最も重い状態です。体温上昇によって脳など中枢機能に異常をきたしている状態です。

主には意識障害が起こり、頭痛、吐き気、めまいなどもみられます。

また、血流が非常に悪くなっていて全身の臓器の血管がつまって臓器障害を合併することが多く死亡率も高い状態です。

熱中症の原因と対策

原因の詳細はそれぞれ後述されますが、熱中症は「暑さへの慣れ」と「適切な水分の補給」が不足していることによって引き起こされます。

では、それぞれについて詳しい原因とその対策をどのようにしていったらいいのかを解説します。

暑さへの慣れへの対策

昔はクーラーがありませんでしたので、季節と共に徐々に暑さに順応していました。

しかし、現代では季節を問わず同じような気温となっている室内環境が整っていることや極端な気象が発生しているために暑さへ慣れる前に突然猛暑になったりと昔よりかは熱中症にかかりやすい環境になっています。

本格的に暑くなる前であるゴールデンウイーク明けくらいから適度に汗をかく習慣をつけて暑さに慣れることが対策になり、そしてそれは運動をすると順応スピードがあがるともいわれています。

具体的には半身浴やサウナで汗をかく、1日複数回10分程度のウォーキングをすること。

1週間くらいで順応しますが、せっかく順化しても運動をやめたり暑さにさらされない日が続くと効果は薄まりますので継続が大事です。

何もしなくても自然と汗が出てしまう梅雨明けくらいまで続けた方が効果的です。

適切な水分補給への考え方

喉が渇いたと感じたときはすでに水分不足な状態です。

そうならないよう水分補給する時間を決めたり、何かの行動をした後は必ず水分補給をするなど日常リズムに水分補給を取り入れるようにすると効果的です。

また、運動をしていない場合で汗の量が少しの時は、汗にナトリウムはあまり含まれていませんので水分補給だけでいいですが、大量に汗をかく場合には水分補給時にナトリウムも一緒に補給しましょう。

具体的な水分補給の方法

運動時や高温作業時などの大量に汗をかく場合の水分補給の具体的な方法を紹介します。

汗をかく量にもよってしまいますが、通常の運動であれば1時間当たり1Lの水分を補給するようにしてください。一気に摂取するよりも15~30分おきに補給した方が効果的です。

ナトリウムはある程度の糖分を含んだ飲料の方が吸収が良く効率的です。

また、糖分はエネルギー源ですから運動時には糖分も一緒に補給できるスポーツドリンクがより良いです。しかし糖分は、多すぎるとナトリウムの吸収が遅くなりますので適度にすることが重要です。

理想的な飲み物は、塩分は0.1~0.2%の濃度が望ましく100mL当たり40~80mgのナトリウム量に相当します。また、糖分は100mL当たり2.5g(2.5%)の糖濃度が最も吸収が良いです。

実際には「糖濃度」は炭水化物として表示されていることが多く、栄養成分表示「100ml当たり炭水化物 4g」とあれば、糖濃度4%に相当します。

これじゃ分かりませんよね。具体的には次のとおりです。

市販のスポーツ飲料は塩分が少なく糖分が多いことから、水や氷で薄めてさらに塩を加えることが必要で、500mLペットボトルのポカリスエットを水で2倍に薄め、塩を一掴み入れたものが理想飲料です。

しかし、そのような調整も難しいですし、不味いのは想像でもわかりますよね。そんな時のために飲むだけで点滴で水分補給するのと同じ効果がある大塚製薬の「OS-1:オーエスワン」が最適です。

コンビニでは売っておらずドラッグストアで購入するしかありませんから、頻繁に運動するのであれば買い置きをしておくことをおススメしますが、賞味期限が1年くらいしかなくて長持ちしませんから買い過ぎには要注意です。

OS-1は二日酔いにも効果的ですので、運動もするしお酒もよく飲む方は常備すべき飲料でしょう。

https://industrial-pharmacist.com/?p=357

企業の熱中症対策

熱中症は作業内容や作業環境の悪さからも発生します。それが原因で社員が熱中症になった場合は事業者の責任を問われることになります。

全く対策を取っていない職場はないと思いますが、おさらいということでどのような点に注意が必要かを紹介します。

第一に現状把握

作業者がどのような環境で仕事をしているのかを管理者は必ず現地で確認が必要です。大丈夫だろうという認識ではいけません。

それが管理者の主観の判断ではイマイチです。

客観的に問題ないのかを図る手段として「WBGT指標」というのがあります。WBGTが高くなると熱中症による救急搬送者は指数関数的に増加します。

WBGTの詳細と具体的な内容は、国立環境研究所のウェブサイトをご参照ください。

次に環境や手順の整備

作業内容や作業環境の現状把握ができたら問題点の洗い出しとその解決を考えてください。

例えば、スポットエアコンを購入する、作業者を複数人で入れ替え制にする、ウォーターサーバーを導入する、塩飴を設置するなどがあると思います。

私が勤める会社ではウォーターサーバーは、テレビCMでおなじみのクリクラを契約していますが夏しか使っていませんし、お湯は年中テープで塞いじゃっています。(塞ぐのは良くないかもですが)

熱中症はどんなに環境を整えてもその時の体調などによっても起こりやすさが変わってきます。作業前の体調確認をすることや体調不良時には言い出しやすい雰囲気づくりなども重要です。

クリクラの無料設置の申し込み

まとめ

熱中症は暑さへの不順応と水分不足から起こる状態で、症状によっては死に至る非常に危険な病気です。

熱中症になならないようにするには暑さへ慣れるため、本格的に暑くなるゴールデンウイーク明けくらいから軽い運動やサウナなどで汗をかく習慣をつけておくことが重要です。

そして、汗をかく時には喉が渇く前に水分補給できるように習慣づけておくようにしましょう。

運動をする時などで大量に汗をかく場合は、ナトリウムも失われがちとなります。

水分と共に塩分も補給するようにすることが必要ですが、塩分は糖分とのバランスも重要ですからスポーツ飲料又はOS-1で水分補給すると良いでしょう。

企業においては屋内作業でも熱中症を起こす可能性があることを念頭に作業内容や作業環境の調査をした上で、スポットクーラーやウォーターサーバーの設置、塩飴の配布などの環境整備の他に気軽に体調不良を言える雰囲気を作って、熱中症予防に努めることも事業者の義務になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です