市販薬を日本で一番安く購入できる店

アベノミクスの成長戦略の一部として市販薬のインターネット販売が解禁になり、それまで市販薬のネット販売に反対していたマツモトキヨシもネットショップでの医薬品の取扱いを開始するなど、薬はインターネットで購入できる時代となって利用する機会が増えてくると思います。

そのような環境の中、価格ドットコムのように「市販薬を最も安く購入できる」ネットショップがありますので、紹介したいと思います。

お店の名前とURL

「drug for tress(ドラッグ フォートレス)」といいます。

http://d-fortress.com/

お店について

実はインターネットでのみでは市販薬を販売することはできません。あくまで本当にある薬局が薬を売る販売ルートの一つとして位置付けられています。

ということで、ドラッグ フォートレスも実店舗があります。その実店舗は、長野県上田市にある上田薬剤師会の会員薬局で「なみき薬局」です。

上田市は市販薬の対面販売推進派、すなわちネット販売の反対を進めてきた地域ですが、上田薬剤師会としてはこの薬局を除名せずに存在を認めているということのようです。

だったんですが、2016年現在では千葉県君津市で「ドラッグ フォートレス」という薬局を開業していることになっています。実情は全く分かりませんが上田薬剤師会から追い出されたんでしょうかね。単に関東進出かもです。

ドラッグ フォートレスの使い方

まず購入したい商品を選びます。次に商品価格の横にある「最安値check」ボタンを押下するだけで、ものの数秒で自動で計算される仕組みになっています。

あくまでインターネット上での最安値ですので、実店舗でのバーゲン品があればそれにはさすがに負けてしまうかもしれませんね。
drug for tress

まとめ

薬も価格競争に巻き込まれる時代になってきたかという印象です。

しかもインターネット上でもほとんど定価販売されているロキソニンなどの第一類医薬品もかなり安くなっているのには驚きました。

この会社のこれからの活動や他社の動きに注目したいと思いますが、間違っても価格競争のみになってほしくないと思います。そうなれば、必ずやインターネット販売反対派の言い分の通りになってしまいますから。

とはいっても楽天やyahooで安い順に並べれば、それはもうほぼ日本一安い薬が見つけられるのと同じようなものですがね。
参考

https://industrial-pharmacist.com/?p=1012

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です