狂犬病は外国ではまだ現役 海外出張・旅行時の予防ポイント

狂犬病は、1956年からは日本国内で人での感染は発生していませんが、日本人が海外で感染した事例は発生しています。

また多くの先進国でも狂犬病はほぼ発生していません。しかし、途上国では狂犬病はまだ現役であり、年間約5万5千人が死亡するとても怖い病気です。

この記事ではそんな怖い狂犬病について、その症状や唯一の予防方法を取り上げたいと思います。グローバル企業にお勤めの方、産業保健担当者は必見です。

まずは狂犬病について知ろう

狂犬病は、狂犬病ウイルスが原因となって発症するウイルス性の感染症です。

「犬」という字が使用されていますが、犬以外にもネコ、キツネ、アライグマ、スカンク、コウモリ、マングースなど特に大きめの哺乳類から人に感染する事例が多いとされています。

狂犬病ウイルスは昆虫を介して広がっていき、全ての哺乳類が感染する可能性があるとされています。

狂犬病の感染経路

狂犬病ウイルスに感染している哺乳類にかまれたり、その動物に傷口、目や口などの粘膜をなめられたりすると感染します。

ネコなど多くの動物は前足を舐めますから、狂犬病ウイルスが付着した部分を触ることでも感染する可能性があります。

狂犬病の症状

10日から最大2年程の症状のない潜伏期間を経て発症し、まず最初に発熱、頭痛、全身倦怠や嘔吐などの風邪様の症状が起こります。

ウイルスが脳神経組織にたどりつくことで発症しますので、かまれた部位や感染ルートによって潜伏期が異なります。従って足先からの感染が最も潜伏期間が長いと考えられます。

潜伏期間後は、不安、筋肉の緊張、幻覚、けいれん、ものを飲み込みづらいといった症状が起きます。

さらに液体を飲もうとすると筋肉がけいれんするため水が怖くなります(恐水症)。最終的には昏睡状態となって呼吸が麻痺し死亡します。致死率はおどろきの100%です。

2006年に発症後に未治療で生還された例もあるようですが、それは奇跡でしかありません。

狂犬病の治療

狂犬病の感染の恐れのある場合は、かまれたり、なめられたり、触れてしまった場所を石鹸と水でよく洗い、エタノールで消毒します。狂犬病ウイルスはとても弱いので、流水で洗い流したり、エタノール消毒でほとんどが死滅します。

その後は、すぐに医療機関に受診し、初回とその3日後、7日後、14日後、30日後、90日後の合計6回の狂犬病ワクチンの接種を受けます。

ひとたび発症すると100%が死に至りますので、潜伏期間中にワクチンを接種することが非常に重要です。途上国を中心に海外で動物と触れ合って怪しいと思ったら必ず医療機関を受診しなければいけません。

日本で治療を受ける場合は狂犬病ワクチンしか選択肢がありませんから、次に紹介する予防接種でも治療でも同じ薬を使用します。外国では狂犬病を攻撃する免疫タンパク質(免疫グロブリン)を使用した治療方法もあります。

狂犬病の予防

狂犬病の予防は一つしかありません。

動物には近づかないことです。触ってもダメです。

予防接種もありますが予防効果はあまり高く無く、動物にかまれたり、なめられたりするなどで狂犬病への感染が疑われる場合は、必ず医療機関を受診して予防接種の有無に関わらず同じ治療を受ける必要がありますので、獣医など動物に触れなければいけない方以外は予防接種を打つ必要はないでしょう。

小さい子供だとか動物に触れてしまう可能性があってリスクが高い場合には、予防接種を考えてもいいと思います。

但し、日本では、ワクチン後進国であることや狂犬病自体が発生していませんから狂犬病ワクチンの流通量が非常に少量です。予防も治療も同じワクチンを使用しますから、医療機関によっては狂犬病の予防目的では接種してくれない可能性があります。

まとめ

日本では50年以上発生していない狂犬病ですが、世界でみるとまだまだ多くの感染者がいて狂犬病を理由に多くの方が亡くなっています。ひとたび発症してしまうと100%死亡してしまう感染症ですので、感染しないよう動物に近づかないという唯一の予防を厳守しましょう。

参考

https://industrial-pharmacist.com/?p=203

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です