トクホ:特定保健用食品を薬剤師が効能別にそれぞれのおススメを紹介【まとめ】

シェアする

osusumetokuho

青汁など世の中には健康に良いとされる食品がたくさんあります。

医薬品は厚生労働省が効果と安全性を認めて効果を宣伝してもいいのですが、原則的に食品は「○○に効く」とか効果・効能を宣伝してはいけないことになっています。

「原則」としたのは、食品の一部には効果・効能を宣伝しても良いものが、下記のとおり3種類あるためです。

  1. 栄養機能食品
  2. 機能性表示食品
  3. 特定保健用食品

この3種類では上から順番に単なる食品に近く、特定保健用食品は食品というよりかは医薬品に近いものがあります。

この記事のテーマは一番下の「トクホ:特定保健用食品」ですが、3種類の健康食品が一体どういったものなのかを順番に解説し、効能別におすすめトクホを紹介している記事をご案内します。

スポンサーリンク

栄養機能食品

これはビタミン剤だと思って差し支えありません。

体を健康に保つために必要な栄養成分(ビタミン・ミネラル)の補給のための食品で、各栄養成分がどういう効果があるのかを表示してもいい食品です。

具体的には、「カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。」、「ビタミンB1は、炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。」といった感じで商品に表示することができます。

ビタミンやミネラルの体での働きが分かっているため、下記の機能性表示食品や特定保健用食品で必要な臨床試験を行わずして表示することができます。

機能性表示食品

体に良い影響がある成分が分かっていて、それをメーカーが人に効果があることを実証して消費者庁に届ければ、効果を表示して発売してもいい食品です。

消費者庁には届け出だけで「許可」ではありませんから、商品それぞれに対して消費者庁は審査を行いません。あくまでメーカーの責任において効果を宣伝します。

メーカーが効果を実証するだけと聞くと本当に大丈夫?と思ってしまいますが、実際に人に飲んだり食べてもらう「臨床試験」を行うか、すでに論文として発表されていることが必要ですので余程のことがなければ効果などには問題はないと考えることができます。

機能性表示食品についての詳細はこちらをご覧ください。

ポリフェノール「グラボノイド」のダイエット効果はいかほど?機能性表示食品とは?
「甘草」っていう植物から取れる漢方薬(生薬)があります。 漢字のとおりで食べると甘く、砂糖の100倍以上とも言われています。大...

特定保健用食品

特定保健用食品も実際に人での「臨床試験」が必要です。

機能性表示食品と異なるのは、この臨床試験の結果を消費者庁が審査をして特定保健用食品として「許可」を与えるところです。

医薬品と同じように1年くらいかけて審査を行いますし、特定保健用食品として申請するために年単位の時間と億単位の費用がかかるところも医薬品に似ています。

メーカーの商品紹介のウェブサイトには臨床試験結果が表示されていて、まさに医薬品さながらです。

ダイエットしたいとか血圧が高い時とか、求める作用が特定保健用食品として発売されている商品にあるのであれば、まず最初にトクホを試すべきです。

特定保健用食品として認可されている効果・効能の種類とそれぞれのおススメ商品

2016年10月現在で許可されている特定保健用食品の効果・効能は次の9種類です。

それぞれの効果・効能で発売されている商品はたくさんあって、何を選んだらいいのかを迷ってしまいます。

そこで、私が薬剤師の観点で、全ての商品を調査した結果で、効果・安全性・飲みやすさ・価格などから最もおススメな商品を紹介します。

まだ作成中なので一部しかできておりませんが、最終的には全て行いますので乞うご期待ください。

トクホの効果・効能一覧、それぞれのおススメ商品を紹介した記事へのリンク