コレステロールを下げるサプリ比較 おすすめの「緑でサラナ」とは?【効果は?安全?】

SHARE

コレステロールを下げるサプリ比較 おすすめの「緑でサラナ」とは?【効果は?安全?】

コレステロールは悪者みたいなイメージがありますが、実は私たちが生きていくために必要不可欠な成分です。

細胞の膜に存在し細胞に「しなやかさ」を与えていたり、体の中では性ホルモンをはじめとした様々なホルモンの原料として使用され、私たちが生きていくための生理作用を調整する元になっています。

何事もやりすぎは良くないことは知ってのとおりで、本来必要なコレステロールも体の中に増えすぎてしまうと良くない影響が出てきます。

特に「悪玉」と呼ばれるLDLコレステロールが増えすぎると動脈が硬くなり血管内部にアテロームというドロドロの塊ができやすくなります。これが増えてしまうと血管が詰まってしまい命に関わる自体になってしまうことになりかねません。

高血圧でもそうですが、コレステロールが高くても痛くも痒くもありませんし日常生活には全く支障がありません。でも血管の中では徐々に病状が進行していて、ある日突然倒れてしまうということもありえます。

健康診断の結果で、「総コレステロール」、「TC」、「LDLC」、「LDLコレステロール」、「HDLC」、「HDLコレステロール」といった項に異常を示すマークがついていませんか?

値が高すぎる場合はコレステロール値を下げる薬を使いますが、ちょい高めであればまずは生活改善に取り組むことになります。

生活改善とは食事や運動の生活習慣を変化させてダイエットを行うことです。でも長年の生活スタイルを変えるのは簡単なことではありません。特に何も症状がないのあればなおさらです。

そういった時に役立つのが、コレステロールがちょい高めの人向けのサプリです。普段通りの生活をしつつ体にリスクを与えるコレステロールを下げるものです。

ということでこの記事では、コレステロールがちょい高めの人が、生活習慣の改善なしにコレステロール値を下げられるサプリにはどういったものがあるのか、その中でも私がおすすめする大手健康関連企業サンスターが販売している「緑でサラナ」について薬の専門家としての視点で紹介します。

コレステロールはどこからやってくる?

よく卵はコレステロールが多いから食べ過ぎてはいけないといいますよね。

こうしたことからコレステロールは食事からも体内に入ることが分かりますが、実は食事が由来のコレステロールはそんなに多くはありません。体内にあるコレステロールの8割くらいは、自分の体の中で作られています。

なので、コレステロールの面だけで言えば、卵をたくさん食べてもそんなに影響はないってことです。(カロリーとか別の観点では食べ過ぎは良くないですよ)

コレステロール値を下げる薬の多くは、体内でのコレステロール合成を抑制するもので効果も強力です。食事からのコレステロールの吸収を少なくさせる薬もいくつか発売されていますが、効果はあまり高くありません。

この点からもコレステロール値を下げるには食事の面も大事ですが、体内に存在するコレステロールを調整できるかが重要なのが想像できると思います。

体内のコレステロールの種類を知ろう

コレステロールには「善玉」と「悪玉」があることを聞いたことありますよね。

しかしこれは、コレステロール自体に複数種類があるわけではなくて、コレステロールがどういったタンパク質と合体しているかになります。

「LDL(低比重リポタンパク質)」とくっついたコレステロールを悪玉コレステロール、「HDL(高比重リポタンパク質)」とくっついたコレステロールを善玉コレステロールといいます。

LDLコレステロールは全身の細胞にコレステロールを届ける働きがあり、HDLコレステロールは逆に全身の細胞から不要なコレステロールを肝臓に送って体外に排泄を促す働きがあります。

体にコレステロールを貯めこんでしまう方を悪玉といい、体から出す方を善玉といい、健康診断の血液検査で言えば、LDLコレステロールは低ければ良くてHDLコレステロールは高ければいいということになります。

そして現時点では、総コレステロール値よりもLDLコレステロールやHDLコレステロールの値がどれくらいなのか、比率がどれくらいなのかの方が重要とされています。

コレステロール高値の危険性

厚生労働省が出している死亡の原因となるリスク因子をリスクの高い順に列挙した下図をご覧ください。

高LDLコレステロールは高血圧ほどではありませんが、死亡リスクとしてはかなり上位にいることが見て取れます。

コレステロールがちょい高めの人向けのおすすめサプリはトクホ指定

サプリメントの中には「特定保健用食品:トクホ」というものがあるのをご存知でしょうか。

トクホは、メーカーがボランティアに実際に摂取してもらって効果や副作用の実証をし、消費者庁がそれを確認して薬みたいに効果を広告してもいいことを許可したサプリメントです。

2015年から制度が始まった「機能性表示食品」も効果を広告してもいいのですが、消費者庁があらかじめ指定した成分にだけ適用されますし、発売前に消費者庁に届け出をするだけのものです。

なのでトクホは機能性表示食品よりも敷居の高いサプリメントで、食品ですが薬により近いものになります。
参考

https://industrial-pharmacist.com/?p=2738

この記事で紹介するコレステロールがちょい高めの人向けのサプリは、確実にコレステロールを下がることが臨床試験で実証され消費者庁がそれを認めているトクホになります。

消費者庁からコレステロール低下効果が認められているトクホで、2016年12月現在でも発売されている成分の中で、「油」とかサプリとは少し違うものを除くと下表の全部で6成分になります。

 成分 商品名の例 商品の形状 メーカー
ブロッコリー・キャベツ由来SMCS(天然アミノ酸) 緑でサラナ 清涼飲料水 サンスター
キトサン ヘルスマネージ 大麦若葉青汁
<キトサン>
粉末
清涼飲料水
大正製薬
サイリウム種皮由来
の食物繊維
コロバランス 粉末
ゼリー飲料
日清ファルマ
低分子化アルギン酸ナトリウム コレカット 清涼飲料水 カイゲン
大豆たんぱく質 国産大豆の調製豆乳 調製豆乳 マルサン
茶カテキン カテキン緑茶 お茶 伊藤園

それぞれの成分の特徴・効果など

【おすすめ】ブロッコリー・キャベツ由来SMCS(天然アミノ酸):緑でサラナ

コレステロールを下げるメカニズムが合理的

コレステロールを下げる効果があるトクホは、食事からのコレステロールの吸収を抑制するものばかりです。

ですが、コレステロールは食事から体に吸収されるものと糖分を原料に体で合成されるものとあって、その内のほとんどが合成される分なので、食事中のコレステロールの吸収をどうにかするトクホより、体の中のコレステロールを少なくする作用があるトクホの方が合理的です。

私がおすすめする「緑でサラナ」はコレステロールの合成を抑える作用ではありません。体の中でコレステロールの排泄を促進する作用があるトクホで、より合理的に体の中のコレステロールを下げるトクホだと思います。

緑でサラナの効果

緑でサラナのメーカーであるサンスターのオンラインショップに効果が掲載されています。

悪玉のLDLコレステロールを約10mg/dL下げる(約6%)効果があることが分かります。さすがに医薬品ほどではありませんが、それなりの効果があることが分かります。

コレステロール値を大きく低下させる「スタチン」と呼ばれるコレステロール合成抑制作用のある医薬品では、飲み始めた時はぐっとコレステロール値が下がるのですが、その後増量しても6%くらいしか効果が上がらないとされる「6%ルール」があります。(理由は分かっていません)

そういったことを考えれば、医薬品でもないのに6%も下がるなら十分なのかもしれません。

緑でサラナの安全性

緑でサラナでは特に副作用はなさそうです。

そもそも体に合わなくて下痢になったり、発疹などのアレルギーが出ることはありえますが、それはどんな食品や医薬品でもあり得ることですから緑でサラナに特別なことではありません。

緑でサラナの購入方法

緑でサラナは、アマゾンや楽天でも販売されていますが、最も安いのは公式オンラインショップで購入することです。下記リンクからお進みください。

キトサン:ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<キトサン>

キトサンの効果

キトサンは食物繊維で、主に食事からのコレステロールの吸収を抑制する働きがあります。どれくらいコレステロールを下げるかは、メーカーである大正製薬の公式サイトに掲載されています。

約10mg/dL程度コレステロールを下げる作用があることが図から読み取れます。

私がおすすめする「緑でサラナ」とそう変わらない印象を持ちますが、キトサンどのようなメカニズムでコレステロールを下げるのかを思い出してください。

そう、食事からの吸収を抑える作用でしたよね。

従って、キトサンでコレステロールを下げようと思ったら食事と一緒に1日3回服用する必要があります。

1日3回も青汁タイプのトクホを飲むことになります。好き嫌いの分かれるところですが、私には無理です。

キトサンの安全性

食物繊維は体にとっては異物ですから下痢しやすくなりますが、野菜を食べるのと同じですから気にするほどではありません。

基本的には安全に服用できるトクホだと考えます。

サイリウム種皮由来の食物繊維、低分子化アルギン酸ナトリウム

これらはどちらも食物繊維ですから効果も安全性もキトサンと同じです。

味や形状などの飲みやすさはあるとは思いますが、効果や安全性に違いはありません。

なので紹介は割愛させていただきます。

詳しく知りたい方は、メーカーのウェブサイトでご確認ください。

サイリウム種皮由来の食物繊維:コロバランスはこちら

低分子化アルギン酸ナトリウム:コレカットはこちら

大豆たんぱく質:国産大豆の調製豆乳

大豆たんぱく質の効果

実は大豆たんぱく質を含むトクホも私がおすすめする「緑でサラナ」と同じように体内のコレステロールを排出させやすい作用があるトクホです。

メーカーのウェブサイトに掲載されているグラフ(下図)によるとLDLコレステロールを下げる効果は約15mg/dLくらいで、この値だけだと大きな効果がありそう感じますよね。

でも元々の値がこの図では分かりませんからもしかすると値が高めの方での結果かもしれません。効果があることは確かであるといえるものの、緑でサラナと比較した効果の強弱を判断することはできません。

大豆たんぱく質の安全性

このトクホは要するに濃い大豆エキスをそのまま飲む、大量の大豆を食べるのと同じです。大豆には女性ホルモン作用を持つ「イソフラボン」が含まれていることはよく知られていて、食べ過ぎはあまりよくないとされています。

味噌汁や納豆などの食事として大豆を食べる分には体に良いのですが、コレステロール値を下げる程の大量な大豆を摂ることは体への影響度が心配されます。

私が大豆たんぱく質を緑でサラナと同じくらいにおすすめしないのはこのためです。

茶カテキン:カテキン緑茶

茶カテキンの効果

お茶に含まれるポリフェノール「カテキン」が体に良いことはよく知られていて、ガンに効果があるかもしれないとか、殺菌作用があるかもしれないとか様々な研究結果が話題になります。

トクホの面では、「ヘルシア」でお馴染みの体脂肪を減らす作用もありますし、この記事のテーマであるコレステロールを低下させる作用もあります。

良いことずくめの茶カテキンですが、コレステロールを下げる作用では、キトサンなどの食物繊維と同じメカニズムなんです。一定の効果はあるものの食事からの吸収抑制がメインの作用というところが残念です。

メーカーのウェブサイトにある効果を示すグラフでは、元々LDLコレステロールが高値の方へのそこそこの効果が示されています。こういう点からも効果の面は少しどうなんだろうというところです。

茶カテキンの安全性

全く問題ないことは想像できますよね。

体質的に合わない方以外は問題なく安全に飲めるトクホです。

まとめ

コレステロールがちょい高めの方が、悪玉コレステロール値(LDLコレステロール)を下げ、心筋梗塞などのリスクを下げるために活用できるトクホをまとめました。

全部で6成分が販売されているものの、食事からのコレステロール吸収を少なくさせるトクホと体内のコレステロールを体外に排泄しやすくするトクホの2種類に集約されることが分かりました。

コレステロールのほとんどは体内で合成されるため、食事からの吸収を抑えたところで効果は大したことはありません。体外に排泄しやすくするトクホの方が効果が期待できると考えます。

そうしたトクホの中で「緑でサラナ」が最もおすすめするトクホです。メーカーが大手企業の「サンスター」であることも安心できる材料です。

緑でサラナを最も安く購入したい方は、サンスターの公式ページからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です