大量の栄養ドリンクとコーヒーによる4つのリスクと疲れをためない3つの工夫

シェアする

こんにちは。

コーヒーを1日2杯飲むと落ち着きがなくなり、手が震える産業薬剤師です。

さて、2016年に発生した某広告代理店の事件をきっかけに世間では「働き方改革」なんて言葉をよく聞くようになりました。

朝7時台の電車に乗って9時から18時の定時間内どころか残業で毎日22時を過ぎ、そこから家に帰れば後はメシを食べて風呂行って寝るだけなんて生活から、パソコン1台もちスタバでお茶しながら仕事♪なんてノマドワーカー的な働き方に改革される日はいつになるのでしょうか。

一生来ないかもしれませんが近い内にはそんなシャレオツな働き方が当たり前になることを期待しつつ、目の前というか直近では、やはりストレス社会の中で長時間労働にさらされながら体にムチを打って働かざる得ません。

そんな時にテレビCMで、何とかVとか何とかDとかっていう栄養ドリンクをグイっと飲んだらシャキーンとなるのを見るとついつい手を伸ばしたくなりますよね。

昼間も急激に眠気が襲ってきて会議内容がロクに頭に入ってこない時には、コーヒーを一杯飲んで眠気を覚ます気持ち、分かりますよ。

この記事はそんな栄養ドリンクやコーヒーを1日にたくさん飲むでしまう方に贈る記事。栄養ドリンクの代わりに「翼の生える」エナジードリンクでも一緒です。

朝にコーヒー1杯と栄養ドリンク1本、昼にコーヒー2~3杯、夜は疲れをとるために寝る前に栄養ドリンクを1本いっちゃう方いるんじゃないでしょうか

でもこれ薬剤師的にはやっぱりやめるべきだと思います。で、代わりにどうすればいいのかを紹介しますわ。

スポンサーリンク




栄養ドリンクとコーヒーをたくさん飲むといけない理由

それは「カフェイン」のとりすぎになってしまうからです。

栄養ドリンク1本に含まれるカフェインは50~100mg、コーヒー1杯には約60mg(140mL/杯として)のカフェインが入っています。

日本では1日にどれくらいカフェインを摂取したらイケないのかは定められていませんが、海外では研究が進んでいてカナダでは400mg/日が副作用がない上限としています。

さらに翼を授けてくれるエナジー飲料を250mL缶を1本飲めば、さらにカフェインが100mg程度追加されていまいます。

上の例の栄養ドリンクを1日2本、コーヒーを1日3~4杯を飲むと400mg/日を超える可能性が出てきます。

内閣府「食品安全委員会 ファクトシート:食品中のカフェイン」 より

また、毎日200mg以上を摂取しているとカフェイン依存症になってしまう可能性も出てきます。

カフェインのとりすぎで起こる体への悪影響

過剰摂取の場合(400mg/日以上)

胃が痛くなる
カフェインによって胃酸がたくさん出てしまうことがあり、胃もたれや胃が痛くなる原因になることがあります。

睡眠の質の低下
カフェインは興奮させる作用がありますから眠りにつきにくくなったり睡眠が浅くなったりします。

市販薬の眠気覚ましの成分はカフェインですから、カフェインのとりすぎは不眠につながるかもしれません。

自律神経に影響
カフェインは自律神経の交感神経を活発化させます。そうすると心臓がドキドキしたり、手が震えたりします。

カフェインが効いている間は興奮状態のため疲れがなくなる感覚になりやすいですが、切れると逆にダルさや気分の落ち込みなども起こり得ます。

カフェイン依存の場合(毎日200mg以上)

毎日カフェインを大量にとりつづけると下記のような症状が起こることがあります。

  • 頭痛
  • からだのだるさ
  • 集中できない
  • 不安
  • 気持ちが悪い
  • 眠気

仕事中の頭痛は実はカフェイン依存かもしれませんし、眠気をとるためにコーヒーなどを飲んでいるのに依存症で逆に眠気が出る可能性も。

そうするとさらにコーヒーを飲むようになって負のスパイラルに陥ってしまうことになります。これはタバコや薬物依存と同じ構図です。

次に紹介する内容ですが、こうした悪影響はカフェインの良い影響とほとんど同じなんです。

カフェインのいい影響を求めてカフェインをたくさん摂取すると、カフェインから抜け出すことが難しくなります。カフェインなしの体ではいられなくなるかも。

カフェイン中毒で命の関わることも

2017年6月に日本中毒学会の調査で、カフェインの摂り過ぎが命に関わることが判明しています。

 カフェインを多量に含む眠気防止薬や「エナジードリンク」などの清涼飲料水の急性中毒で、2011年度からの5年間に少なくとも101人が救急搬送され、7人が心停止となり、うち3人が死亡したことが13日、日本中毒学会の調査で分かった。15年に死亡例が判明したことなどを背景とした初の全国調査。

日本経済新聞より引用 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG13H57_T10C17A6CR8000/

カフェインでもたらされる良いこと

カフェインによって引き起こされる悪影響として紹介した内容は、逆に良い作用と捉えることもできます。

眠気をとる
カフェインの興奮作用で、眠気をとって仕事の効率をあげます。

頭痛の緩和
一部の頭痛は脳の血管が広がって起こるとされています。カフェインは血管収縮作用があるため、頭痛に効果があることがあります。市販の風邪薬や痛み止めにはカフェインが入っているのはそのためです。

疲労の回復
カフェインは血液の流れをよくするとされています。栄養を体に運び不要なものを回収しやすくできるため疲労復効果があるともされています。

心疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患による死亡リスクが減少
国立がん研究センターの研究では、コーヒーを1日3~4杯くらいまでは、死亡リスクを減らす結果が得られています。(こちら

栄養ドリンクやコーヒーをやめて疲れをとる方法

栄養を偏りなくとる、疲れにくい体をつくる(持久力をあげる)、肝臓の解毒作用を高めるの3つが重要です。

順番に解説していきます。

栄養を偏りなくとる

栄養をとるために栄養ドリンクを飲んでいると思いますが、栄養ドリンクに含まれているビタミンなどの栄養だけでは不十分です。

特に栄養ドリンクによく含まれている疲れをとるとされるビタミンB群は、それだけを摂取してもオシッコとして体外に出ていってしまいます。まんべんなく栄養をとることがとても重要です。

そのためには、まず好き嫌いをせずにバランスよく食事をとることです。基本的な栄養は3食のご飯で補給できるはずです。通常であればそこに栄養ドリンクやサプリメントなどを加える必要はありません。

例えば、2017年3月18日現在でアマゾンの栄養ドリンク部門ランキングで1位の「チオビタドリンク」には、カフェインの他には、タウリン 、イノシトール 、ニコチン酸アミド、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、カルニチンの7種類の栄養素が配合されています。

それぞれは、下記の食品に多く含まれており、チオビタドリンクに配合されている量程度であれば、食事で簡単に摂取できます。そして、繰り返しになりますが、必要以上に摂取しても排泄されるだけですし、健康に生きていく上での必要な栄養はこれだけではありませんから栄養ドリンクを飲んだところで劇的な効果は期待できません。

  • タウリン:魚介
  • イノシトール:米、小麦、柑橘類
  • ニコチン酸アミド:魚介、肉、豆
  • ビタミンB1:肉
  • ビタミンB2:肉
  • ビタミンB6:肉や魚介
  • カルニチン:肉

それを踏まえた上で、どうしてもサプリメントを加えたい場合は、食物型サプリメントの「ユーグレナ」を最もおすすめします。下記の記事に詳しく解説していますので参考にしてみてください。

「ユーグレナ」って知ってますか? では、「ミドリムシ」なら、小学校の授業で聞いたことがあると思います。 ユーグレナとは学...

疲れにくい体をつくる(持久力をあげる)

若い時は疲れ知らずでしたよね。

私も20歳くらいの時は無敵でした。どんなに疲れていてもドラクエみたいに寝れば一発で回復でした。

歳をとってそれができなくなったのは、基本的な体力が衰えたためです。若い時みたいに何もしなくても頑丈な体を維持することはできません。

自らが積極的に運動して初めて疲れにくい体にすることができるのです。

ただ忙しい中でわざわざ時間を作って、運動できるわけがありません。そんな時は働きながらオフィスで健康づくりをするのをおススメします。

オフィス健康法は次の記事で詳しく・具体的に解説していますので参考にしてください。

座りすぎは健康に良くないことは想像できますし、実際に腰痛やむくみなどの良くない症状を経験されている方もいるのではないでしょうか。 ...

肝臓の解毒作用を高める

「酒は百薬の長」と言われて久しいですが、やはり毎日飲めば肝臓に負担がかかります。

肝臓は酒の解毒だけに使うわけではなくて、体で作られる毒物を分解して体外に排泄させる重要な働きがあります。体に不要なものが溜まっている状態は健康な状態とは言えませんよね。

不要なものは肝臓できっちと解毒し、キレイな体を手に入れるためにお酒は週に2~3日はやめて、休肝日を設定することが重要となります。

私は去年までは風邪を引いても酒を必ず飲んでいたのですが、実験的に週3日の休肝日を作ってみたところ、睡眠の質も上がりかなり快適に毎日が過ごせることが分かりました。

下記の記事に詳しく感想なども紹介していますので参考にしてみてください。

うかつに寝てしまう日以外は、夜な夜な酒を飲み続けていた不摂生極まりなかった薬剤師です。こんばんは。 以前は酒を飲みまくっていて...

まとめ

毎日遅くまでお勤めお疲れさまです。

長時間労働が多くなっているこの頃では、疲れがたまって昼間が眠くなるため栄養ドリンクでで疲労回復をしつつ眠気覚ましのコーヒーについ頼りがちになってしまいます。

栄養ドリンクやコーヒーに含まれるカフェインは、一時的には体に良い効果もありますが、長期間にわたって摂取し続けるとカフェインなしの体ではいられなくなるかもしれません。

そうならないためには、カフェインを含む栄養ドリンクやコーヒーは適度にしておき、栄養を偏りなくとる、疲れにくい体をつくる、休肝日を作って肝臓の解毒作用を高める3つが行える生活スタイルを意識してみてください。

「ユーグレナ」って知ってますか? では、「ミドリムシ」なら、小学校の授業で聞いたことがあると思います。 ユーグレナとは学...