金券にも?お得に楽しく健康づくり 自治体・企業に広がる健康ポイント制度

健康ポイント制度(又は、健康インセンティブ制度や健康マイレージ制度とも言います)は、健康診断を受けた、ウォーキングイベントに参加した、半年間節酒した、など健康に良い取り組みを行うと商品券、金券、優待券、現金やpontaなどの電子マネーに交換できるポイントがもらえるものです。

この健康ポイント制度は、厚生労働省が推奨しているもので、2016年頃から都道府県や市町村といった自治体やさまざまな企業で、所属する方が健康になっていただく支援策の一つとして徐々に広がってきています。

「健康づくり」は、毎日ジョギングをしたり、カロリーを抑えたご飯にするなど、自分自身に制限をかけてそれまでの生活習慣を変えなければいけません。

健康は長い時間をかけて手に入れるものですから、その間の甘い誘惑、天気や仕事の忙しさなどの行く手を阻む要因に打ち勝つ強い意志、めげない心が必要です。

そこで登場したのが「健康ポイント制度」です。

健康づくりを始めるきっかけ、健康づくりを継続するモチベーションとして期待されているもので、辛く苦しいと考えがちの健康づくりを少しでも楽しくうれしくする制度です。

健康は、仕事にしてもプライベートにしても日々充実した生活を行うためのとても重要な要素です。少なくとも今の健康状態よりも悪くしたくはありませんよね。

この記事では、健康ポイント制度とはどういったものなのか、健康ポイントを導入している自治体や企業とそのポイント制度の紹介をします。

アナタの住む自治体や所属する企業で制度があるのであれば十分活用していただきたいと思いますし、一方で現時点では健康ポイント制度が無い場合でも近い内に導入される可能性がとても高いので、ぜひどういったものなのかについて知っておいてください。

そしてオンもオフも心の底から楽しめる体づくりをお得に楽しく取り組められるようにしよう。

健康ポイント制度とはどういうもの?

「商品を買ったら〇〇ポイントがつく」といったものは世の中にたくさんありますよね。それの健康づくりバージョンです。決められた健康づくりを行うと一定量のポイントがもらえるというものです。

そして貯まったポイントは、商品券や電子マネーに交換できるというものです。

ただ、ポイントがもらえるメニューやそのポイント量、そしてどのように活用できるかは、健康ポイント制度を運営している自治体や企業によって異なります。

例えば、ポイント量では年間で何万円にもなるケースもあれば何百円ってことも。また、ポイントはpontaなどの電子マネーで全国どこでも使えることもあれば、地元商店街のみで使用可能ということであったり、決められた商品にのみ交換できるなど、さまざまです。

運営者の財政状況、本気度によって異なりますが、自治体より企業の方が手厚く運営している印象があります。対象が絞られるだけあって当然と言えばそうですよね。

健康ポイント制度が健康につながる理由

健康は誰しもが大事と思っているとは思います。口では強がっていても心の底から不健康で良いと思っている方なんておりませんよね。

でも健康づくりに興味を持ち、実際に健康づくりをやっているかというと話は別です。

健康ではありたいけど健康づくりは大変、面倒って方がほとんどで、厚生労働省の研究では健康づくりに全く興味のない方は約7割もいるとしています。

健康ポイント制度は、健康づくりをしないとはいけないと思いつつもイマイチ踏ん切りをつけることができなかった方に背中を押すきっかけになります。

さらには、健康づくりに全く興味がない方も「ポイントがもらえるなら・・・」とポイントを目当てに健康づくりを始める方もいるのではと思います。

でもそれで全く問題ありません。

食わず嫌いだったけどいざ食べてみたらおいしく食べれたとか、全く興味がなかったけど周りに流されてやってみたら思っていたより良かった、といった経験は一つか二つあると思います。

健康づくりも同じで、ポイント目当てで始めてみたら、なかなかどうしてすっかりはまってしまって、今や「健康オタク」ということだって十分あり得ます。

動機はどうであれ、まずやってみることが重要ということです。

そうした方を一人でも多く増やすために自治体や企業が投資をするのが健康ポイント制度です。

健康ポイント制度で得られる効果

筑波大学と新潟県見附市、福島県伊達市、栃木県大田原市、千葉県浦安市、大阪府高石市、岡山市が、2014年から3年間行った健康ポイント制度「スマートウエルネスシティ(SWC)健幸ポイント」という研究の結果が公表されています。

この研究では、「歩数増加」、「指定の運動プログラムへ参加」、「BMIまたは筋肉率の改善」、「6ヶ月連続でポイント獲得」、「健康診断の受診」、「健康診断のデータ改善」を行うと年間24000円分ももらえるプログラムです。

もらえるポイント量が多いのであまり参考にならないかもしれませんが、次に示す効果がありました。

  • 開始2ヶ月で1日の歩数が2000歩以上増加し、1年後も維持
  • 参加時BMIが25以上の肥満者のうち約2割が1年後には標準体重(BMI22以下)に改善
  • メタボリックシンドローム又はその予備群のうち35%が1年後にメタボ非該当へ改善

健康ポイント制度が自治体や企業に広がっている理由

高血圧症、糖尿病などの生活習慣病やその結果として起こりやすい心筋梗塞や脳卒中などの重い病気になってしまうとその治療代がとても高額になります。(医療費と言います。)

医療費のうち、私たちが支払うお金は3割だけですし、高額医療費制度によって月に支払う医療費の上限は最大でも10万円程度ですから治療費が高額になりすぎてもあまり実感がわきません。

でも私たちが支払うお金以外の分はきちんと病院には支払われていて、「健康保険」が負担しています。

健康保険には自治体が運営する「国民健康保険」、大企業の「健康保険組合」など多くの種類がありますが、いずれにおいても加入者が税金や給料からお金を出し合って運営しています。

高額な医療費がかかると健康保険組合の負担は莫大なものになりますし、私たちが払う税金や給料も増えてしまいます。

健康保険が健全な運営をするためには、私たち加入者自身のがんばりによって生活習慣病などの防げる病気は防ぎ、なるべく病気にかからないように工夫することが重要となります。

健康ポイント制度はそのための一つの施策です。

健康ポイント制度の運営費はかかりますが、加入者が健康づくりを行い病気にならないよう予防に努めていただくことで、結果として多くの医療費がかかる重い病気にかかる人を減らすことができ、健康保険の支出を抑えるために有効ということです。

さらには冒頭にも記載しましたが、健康は私たちが公私ともに充実して生きていくための土台となるものです。

また、企業が発展するためには、社員一人ひとりが健康でなければ成しえることはできません。そして、企業が発展すれば税収もあがり自治体にもうれしさがもたらされます。

私たち個人も健康になってうれしい、企業や自治体もうれしい、みんなをハッピーにするのが健康ポイント制度というわけです。

健康ポイント制度がある自治体

経団連、健康保険組合連合会、労働組合連合、医師会、薬剤師会、知事会など、あらゆる経済団体、医療団体、保険者などの民間組織や自治体が連携し、職場や地域から日本を健康にするために組織した「日本健康会議」では、全部で8つの目標を掲げて活動を行っています。

その内の一つに健康ポイント制度などのインセンティブ制度を持つ自治体を全国で800市町村以上にすることにしています。

これは半数以上の市町村に該当し、2017年4月現在では115市町村が制度を作っています。

従って、今後は現在の7倍以上の市町村で健康ポイント制度などのインセンティブ制度が作られることになります。

お住まいの市町村で健康ポイント制度を導入しているかどうかは、こちらのウェブサイトから確認できます。

また、現在では制度がなくとも今後徐々に広がっていきますので、現時点で制度がなければ今後の市町村の広報誌をしっかりと確認して制度開始を見逃さないようにしましょう。

<健康ポイント実施例>

いずれも健康診断を受診したり、歩数や体重などの計測・記録などの簡単な取り組みでポイントをもらうことができます。

自治体が運営しているだけあって貯まったポイントは、やはり地元企業や商店で使用できる商品券や割引券への交換というケースが多いです。

でもあなどってはいけません。新潟県長岡市では最大25000円分ものポイントがもらえる可能性があります。こんなにもらえるなら健康づくりを始めちゃいますよね。

健康ポイント制度がある企業

2016~2017年度にかけて本当に多くの企業で健康ポイントが導入されています。

ただ、企業といっても大企業が加入する「健康保険組合」が運営していることがほとんどです。従って、超大手企業のみならずその企業のグループ会社の方にも恩恵を受けることができます。

さらには、大企業だけでなく中小企業が加入する健康保険「協会けんぽ」や同じ業種の中小企業が集まって設立した「総合健保」でも健康ポイント制度を導入していることがありますから、誰もが健康ポイントを受けられる可能性があります。

実は健康ポイント制度を運営する業者はたくさんあります。

各企業では健康ポイント制度を自前で準備するのは容易ではありませんから、制度運営にはそうした業者を利用することがほとんどです。

「Kencom」、「KENPOS」、「QUPiO」、「ベネフィットワン」という単語は、そうした業者のことを指します。会社や健康保険組合からこうした言葉が聞こえてきたら、アナタの会社には健康ポイント制度があるということになります。

業者を使う何よりのうれしさは、貯めた健康ポイントをアマゾンギフト券やnanacoポイントにしたりと電子マネーに交換できるところです。

一度、お勤めの会社の福利厚生一覧や健康保険を確認してみてください。

<健康ポイント実施例>

企業や健康保険組合での健康ポイントは、その付与量が多いのが特徴です。

詳細はウェブサイトからは判断できませんが、どう見ても年間1万円近くももらえそうな内容です。しかも健康診断を受診するとか、自分で行動計画を立ててそれに取り組むとか、難しい内容ではありません。

健康ポイント制度がある格安SIMもあるよ

実はレンタルビデオショップの「TUTAYA」の系列の「トーンモバイル」では、スマホで記録した歩数によってTポイントがもらえるサービスがあります。

さらにトーンモバイルは、子供にやさしく東京都が推奨している唯一のスマホです。

格安SIMでは、月々の料金とつながりやすさが大きな比較対象ですが、健康面・安心面も考慮にいれて選択してみてはいかがでしょうか。

このブログでトーンモバイルでTポイントがもらえることの詳細を紹介した記事がありますので、よければ参考にしてください。

https://industrial-pharmacist.com/?p=1792

まとめ

健康づくりをすると電子マネーなどに交換できる健康ポイント制度が自治体や企業に広がっています。

健康は生活をする上で土台となる要素で、仕事や遊びを充実したものにするためには、日ごろから健康づくりをして体のメンテナンスをすることが重要となります。

健康は大事。でも健康づくりは大変だし面倒。

そしてついつい誘惑に負けた生活をしてしまうのは誰しもが思うことです。

お住まいの自体や勤務先に健康ポイント制度が導入されているなら、「健康づくりをする」というのではなく「ポイントをゲットする」というつもりで取り組んでみませんか。

健康づくりは、やってみると体調の良い変化に気づきますし、思っているより続けてみようと思えるものです。

私も約1年くらい前から節酒に取り組んでおり、目覚めが良いなど健康づくりの良い面を実感しています。これで健康ポイントまでもらえたらサイコーなんですけど、私の勤め先にはまだないんですよね・・・。

https://industrial-pharmacist.com/?p=2800

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です