水虫用の市販薬で「いんきんたむし」を自宅で治療できるワケを薬剤師が解説

gaman

股間に痒みが生じる病気「いんきんたむし」。

皮膚科を受診したくても症状がある部分が股間だけに、相手がいくら医師だからってさらけ出すのは恥ずかしいですし勇気がいります。

出来れば市販薬で誰にもばれずにこっそりと治療をしたいですよね。

私がもし股間に違和感があったら、間違えなくまずは市販薬で治らないかを試してみるでしょう。しばらく市販薬を使ってみても症状が全く良くならない時に病院に行くという順番に必ずすると思います。

そもそも市販薬でいんきんたむしが治るの?、いんきんたむしに効く市販薬って何ていう商品?、一番効く市販薬は?そんなアナタからの疑問にこの記事ではお答えします。

この記事では、ベテラン薬剤師がいんきんたむしに効く効果的な市販薬と特別な使い方を伝授しましょう。

まずは「いんきんたむし」について知ろう

「いんきんたむし」は感染症です。カビの一種である白癬菌が股間に皮膚に根付いてしまう病気です。

白癬菌はカビの仲間だけあってジメジメして暖かい所が好きです。

人間の体でそうした環境になる所で繁殖しやすく、最も白癬菌が根付きやすいのは靴で蒸れまくる足で、白癬菌が足に根付いた時の病気を「水虫」といいます。

股間はパンツにズボンなど服をたくさん身に着ける箇所ですので足と同じように白癬菌が好む環境になりやすく、股間で繁殖した時の病気を「いんきん」といいます。

免疫力が落ちている時などは足や股間以外の皮膚でも白癬菌が根付いてしまうことがあって、その時の病気を「たむし」と呼ばれます。

なので「いんきんたむし」とは、本来は2つの病気のことを合体してしまった言葉ですが、医療従事者でなければ区別することもないので一般的には股間で症状がある時には「いんきんたむし」と呼ばれています。

症状は水虫と同じく「痒み」がメインです。

股間で起こる痒みの原因といんきんたむしの見分け方

「股間が痒い」=「いんきんたむし」ではありません。

股間がかゆい時の病気としては、この記事のテーマである「いんきんたむし」はもちろんのこと、他の感染症であるカンジダ症などの性病もあり得ますし、あせもや原因不明の湿疹だってありえます。

じゃあどうやって見分ければいいのか。

当たり前ですが医師でなければ何の病気かという判断は難しいというのが正直なところ。

でも医師じゃなくてもある程度は見分けることは可能です。

性病は性器そのものに痒みや痛みなどの症状が出るのに対して、いんきんたむしは性器周辺に症状があることから判断できます。

また、あせもや湿疹との違いを見分けるのは難しいですが、症状がある部分に明らかな境界(赤みがくっきり分かれている)がある場合は、いんきんたむしが疑われます。

いんきんたむしを治療するおすすめの市販薬

いんきんたむしは、水虫と同じ白癬菌によって引き起こされますので、水虫治療薬を使えば効果があります。

なので、水虫治療でおすすめの市販薬が、いんきんたむしでのおすすめ市販薬となります。

薬剤師だからこそお伝えできる市販薬を使って効果的に白癬菌をやっつける方法があります。おすすめの水虫治療薬の記事に詳しく記載していますので、ぜひご参考にしてください。

https://industrial-pharmacist.com/?p=2560

市販薬でいんきんたむしを治療するにあたって注意してほしいこと

水虫の治療時には必ず薬剤師として伝えることですが、見た目が良くなってもしばらく薬を塗り続ける必要があります。皮膚の内部の見えない所に白癬菌が潜んでいるためです。

股間は足と違って皮膚が薄いので治りやすいですが、いんきんたむしの場合も水虫と同じように1か月は薬を使い続けた方がいいでしょう。

ただ、1週間水虫治療薬を使用しても全く症状が改善されない場合やひどくなる場合は、いんきんたむしではなかったと考えて、あきらめて皮膚科を受診するようにしてください。

性病に心当りにある方は泌尿器科を受診するのがベストですが、実は昔は皮膚科も泌尿器科も同じ医師が診ていたので古くから開業している病院であれば皮膚科を受診してもOKです。

水虫治療薬以外でのいんきんたむしの治療

ステロイドは感染症には使用できません。

痒みがある場合は、虫刺され用などの痒みに効くステロイド配合の市販薬を使いたくなる気持ちは分かりますが、ステロイドは免疫力を弱めますので、いんきんたむしをかえって悪化しますので使用しないように。

また、皮膚トラブルの時には、何でもかんでも「オロナイン軟膏」を使用される方がおります。

オロナイン軟膏は、弱い消毒剤を配合した軟膏で、白癬菌のようなカビ類への消毒効果はほとんどありません。

オロナイン軟膏が水虫やいんきんたむしに効くと解説しているウェブサイトやブログがありますが、薬剤師としては基本効かないとするのが通常です。

効いたのであれば、いんきんたむしではなかったと考えられます。

いんきんたむしの治療薬を使うと同時に実施してほしいこと

風通しが悪くジメジメした所を白癬菌は好みますので、下着はトランクス型にするなどの通気対策も重要となります。

また陰毛などの毛も剃ってしまった方が、風通しも良くなり薬も塗りやすく効果的です。日本では剃る習慣がないので、これはこれで恥ずかしいことになる場合もありますが。

まとめ

いんきんたむしは、水虫と同じで白癬菌というカビの一種が股間の皮膚で根付いてしまう病気です。

股間での病気は、性病などたくさんありますから見た目で判断は難しいため、できれば皮膚科受診をおすすめしますが、医師に股間をさらすのも恥ずかしいですから、まずは水虫が治療できる市販薬を使ってみるのもアリです。

白癬菌に効く市販薬は、医療用でも現役バリバリに使われている薬が発売されていますから、股間の症状の原因がいんきんたむしであるなら、水虫用の市販薬で効果的に治療できるでしょう。

https://industrial-pharmacist.com/?p=2560

いんきんたむし治療薬以外の他の薬効の外用薬で薬剤師のおすすめ市販薬は次のリンクからどうぞ。または、PCの方は画面上部のメニューボタンから、スマホの方は右上のメニューボタンからどうぞ。

https://industrial-pharmacist.com/?page_id=2279

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です