ドリンク剤は医薬品を選択!その理由と薬剤師のおすすめ品を紹介【滋養強壮】

シェアする

リポビタンD、アリナミンV、チオビタ、ユンケルなど、日本では栄養ドリンク剤がものスゴイ種類発売されています。

また同じような商品名で複数販売されていますし、値段も100円以下のものから1,000円以上のものまであって、選択に迷ってしまうと思います。

さらにコンビニで購入できる医薬部外品もあれば、薬局やドラッグストアでしか購入できない医薬品といった切り口でも分類され、何をどう選んだらいいのかサッパリ分からないですよね。

ということでこの記事では、栄養ドリンクとは一体どういったものなのか、どのような商品を選んだらいいのか、そして薬剤師が最もおすすめの商品を紹介したいと思います。

スポンサーリンク




まずは栄養ドリンクについて全体像を知ろう

栄養ドリンクは、単なるビタミンなどの栄養を補給するものから薬と同じく何かの症状に対して治療目的で使用するものがあり、それがごちゃごちゃになっています。

まず、リポビタンDなどコンビニでも購入でき、100円程度で販売されてテレビCMなどで皆さんによく知られているドリンク剤は単なる栄養補給用の飲み物です。

医薬部外品ですから食品と違って多少体には影響がありますが、大した効果はなくビタミン類が主に体へ影響を及ぼします。

次に例えば「リポビタンゴールドエース」など、有名な商品にいかにも体に効きそうな「ゴールド」や「デラックス」といった名前が付いている商品は医薬品であることが多いです。

医薬品ですから医薬部外品よりも当然効果が高いです。医薬品であるため、それなりの成分が入っていて漢方薬を構成する「生薬」と呼ばれる、植物や動物などから作られたものが多いです。

当然そういった薬効成分が入っている以上は、医薬部外品よりも値段が高くなります。

では、医薬品部外品、医薬品を切り口にもう少し詳しく解説します。

医薬部外品のドリンク剤

医薬部外品のドリンク剤は、ビタミン類の他にタウリンなどの薬効成分が含まれていますから、以前は医薬品として発売されていました。

しかし規制緩和で栄養補助を目的としたドリンク剤の内、厚労省が認めた物は医薬部外品として発売できることになりました。

医薬品だと薬局やドラッグストアでしか購入できませんが医薬部外品ならコンビニでも購入できますから、メーカーはお客さんの数が増えてラッキー、消費者は24時間どこでも購入できるようになってラッキーということになりました。

ただ、医薬部外品にしてどこでも買えるようになったという裏返しに、ドリンク剤の効果としてはやはり「それなり」ということを国も認めているということですよね。

医薬部外品のドリンク程度で取れる疲れなら寝たら治りますよ。

栄養はあくまで食事から摂るのが基本であって、サプリメントやビタミンから補給するのは補助的な役割でしかありません。よく食べて、よく寝る、これに尽きます。

それでも回復しない疲れであれば医薬部外品のドリンク剤程度では無理です。疲れの原因を排除できる方法やその他のリフレッシュ方法を探すしかありません。

またビタミン類は偏って補給しても意味がなく満遍なく補給する必要があるという点からも医薬部外品のドリンクはあまり意味がありません。

この考えはこのブログで何度も取り上げていますから、まずはおすすめ市販薬シリーズのビタミン剤の記事をご覧ください。

ビタミンは生きていくためには必要不可欠な栄養素であり、足りなければ補うべきものです。 しかし特定のビタミンだけを補ったところで...

医薬品のドリンク剤

医薬品であるということは医薬品部外品よりも効果が高いことを示します。

体を強くしたり疲れを取るとされる生薬が配合されているためです。医薬品のドリンク剤は、単に栄養補給ではなくて「弱った体の治療」が目的のドリンク剤なのです。

大切なのでもう一度書きます。

医薬部外品のドリンク剤との違いは、単なる栄養補給が目的ではなくて体の治療が目的なのです。それ用の薬効成分が入っているということです。

そういった成分が入っている関係で、医薬品のドリンク剤は高価です。パッケージを見れば医薬品かどうかはすぐに分かりますが、1,000円以上するなら医薬品と思って間違えありません。

値段が高い方が医薬品であるために効果は高いということが言えます。

医薬部外品のドリンク剤にはおすすめ品はありませんが、医薬品のドリンク剤であれば単なる栄養補給ではありませんから、おすすめすべき市販薬はあります。

おすすめのドリンク剤

「ドックマンビガー」を最もおすすめします。

ものすごくマイナーな薬ですが、「全薬工業」という市販薬メーカーではかなり有名な製薬会社が作っていますから安心です。

ドックマンビガーは、男性ホルモン作用があるとしてドーピング禁止物質になっている生薬「ロクジョウ」、「カイクジン」、「ジャコウ」のうち、ロクジョウとカイクジンの2種類を含有する唯一の薬です。

ドーピング禁止ということは、競技結果に影響する程の量が含有していることが見込まれているということですから逆に言えば効果は高いと考えられます。
参考

もう知っている人はあまりいないかもですが、「地球に生まれてきてよかったー」のモノマネが生まれた世界陸上。 そんな世界陸上の男子...

男性ホルモンは男性らしさを作るだけでなくて、骨、筋肉、血を作る補助し虚弱な体質を改善に導きます。男性ホルモンといっても女性も必要不可欠なものですから女性の服用も問題ありません。

体の中で女性ホルモンは、男性ホルモンから作られていると聞けば安心ではないでしょうか。

ドックマンビガーの唯一の残念な点はアルコールを含んでいるためです。生薬中の薬効成分を取り出したり液体として溶かしておくために含まれているのでしょう。

量的には少ししか入っていませんので安心ですが、アルコールを一切受け付けない方はのむことはできません。また酒気帯び運転にもなりかねませんからビックマンビガーを飲んだら車を運転しない方がいいです。

ビックマンビガーを飲んだら家でゆっくりと休んでください。

セルフメディケーション税制の対象品

セルフメディケーション税制は、市販薬の購入費で税金が安くなる制度です。

「セルフメディケーション」は、英語で「自分自身」という意味を持つ「self:セルフ」と「薬物療法」という意味を持つ「medicati...

この記事でおすすめした市販薬が、セルフメディケーション税制の対象になるかどうかを紹介します。

対象になる市販薬は「○」、対象にならない市販薬は「×」で示します。

市販薬名 対象
ドックマンビガー ×

※2016年8月18日時点

まとめ

ドリンク剤は、数多く発売されていますが、大きく医薬部外品と医薬品に分けられます。

医薬部外品はコンビニなどで購入できますが所詮栄養補給にとどまるために効果は知れた程度でしかありませんし、それくらいの効果ならよく食べて、しっかりと休養を取ることで十分補えると思います。

一方で、医薬品のドリンク剤は栄養補給で効果を示すのではなくて、体を強くする成分によって効果を発揮するもので、医薬部外品のドリンク剤とは考え方が異なります。

医薬品以外のドリンク剤は購入するに値しません。

ただ、私がおすすめするドリンク剤は、マイナーであるためにお近くの薬局やドラッグストアに売っていないかもしれません。

もしすぐに医薬品のドリンク剤を購入したいのであれば、パッケージに医薬品と記載されていて1,000円程度のドリンク剤がおすすめします。それ以上高価なものでは不要な成分がたくさん入っていますから。

滋養強壮のドリンク剤以外の他の薬効でのおすすめ市販薬は次のリンクからどうぞ。または、PCの方は画面上部のメニューボタンから、スマホの方は右上のメニューボタンからどうぞ。

なぜ市販薬なのか 市販薬は、少し前であれば医療用の薬に比べて効果が弱いという印象でしたが、最近では医療用と同じ成分・量を含有する市販薬...