市販薬の酔い止め 薬剤師愛用の一品を紹介【めまいにも使用可能】

シェアする

乗り物酔いをしない方ってものすごく尊敬します。私はすぐに乗り物酔いになってしまい車で何かを読むなんてとんでもないことです。

新聞や本を読んだり、スマホを見たりということは一切できません。すぐにマーライオン化すること間違え無しです。

自分の運転であれば問題ないのですが他の人の運転で山道を走るのは苦痛で仕方ありません。趣味のスノボも余程のことがない限りは自分で運転して行きます。

そんな感じなので、船やバスに乗る時や揺れの激しい「スーパーあずさ」などの特急電車に乗る時は、酔い止めの薬は欠かせません。ということでこの記事では、薬剤師の私が愛用する市販の乗り物酔い止めを紹介します。

なお、乗り物酔い止めの薬は、「めまい」の時の吐き気にも使用可能で、医療用医薬品では兼用しますからめまい用としても必見です。

スポンサーリンク




まずめまいや酔い止めについての基本的な知識や注意事項を知ろう

日常生活では経験しない揺れを感じると脳がヒスタミンという物質を出して、それが脳の嘔吐中枢という所に作用して吐き気などの症状が発生します。

めまいの時の吐き気もめまいによって引き起こされる揺れによって吐き気が生じますから乗り物酔い止めの薬が使用できるということです。

酔い止めに関してはあまり注意することはありませんが、次の2点にご留意ください。

  • 過去に脳血管障害やメニエール病と診断された方は、市販薬では全く効果がありませんから病院を受診してください。
  • 乗り物酔いになってからでは遅い(治らない)ので、乗り物に乗る30分前くらいに服用するようにしてください。

薬を飲んだ後に眠っていい場合

「アネロン ニスキャップ」を最もおすすめします。

脳から出されたヒスタミンが作用しないようにする抗ヒスタミン薬が配合された薬です。

抗ヒスタミン薬が持つ鎮静作用によっても乗り物酔いによる症状を抑えます。ただ、気分が落ち着きすぎて眠くなりますので、ぐっすり眠れる環境の場合には適しています。

また唾液や胃酸の分泌を抑える成分も複数配合されており、脳・胃の両方で吐き気を抑えます。

アネロン ニスキャップが私が最もおすすめする薬です。酔い止めを飲んだからと言って無敵になるわけではありませんから、さっさと寝てしまった方が楽ですので。

眠りたくない、眠ってはいけない場合

「トラベルミンR」をおすすめします。

医療現場でもめまいの薬としてよく使用される「ジフェニドール塩酸塩」が主成分で比較的眠くなりにくい成分になります。さらにカフェインも配合されていますのでより眠気は安心です。

注意してほしいのは、「トラベルミン」と付く商品には色々種類があってそれぞれ配合成分が異なるところです。必ず「トラベルミンR」であることを確認しましょう。

子供の乗り物酔いの場合

「アネロン キャップ」をおすすめします。

私が最もすすめている「アネロンニスキャップ」と全く同じ成分であるため同じ理由でおすすめします。

ジュニアの方は、1カプセルあたりの量は、大人用の半分になっています。

逆に大人用が入手できなければこの薬を2倍服用することで対処できますので、家族で共有したい時はこっちを常備しておいて大人が服用する時は2倍量のむという方法もいいでしょう。

セルフメディケーション税制の対象品

セルフメディケーション税制は、市販薬の購入費で税金が安くなる制度です。

「セルフメディケーション」は、英語で「自分自身」という意味を持つ「self:セルフ」と「薬物療法」という意味を持つ「medicati...

この記事でおすすめした市販薬が、セルフメディケーション税制の対象になるかどうかを紹介します。

対象になる市販薬は「○」、対象にならない市販薬は「×」で示します。

市販薬名 対象
アネロン ニスキャップ ×
トラベルミンR ×
アネロン キャップ ×

※2016年8月18日時点

まとめ

私のように乗り物酔いがひどい方は多くいると思います。特に感覚器が未発達の子供は起こりやすいです。(まだ若いのかも!!)

まずは乗り物酔いにならないようにすることが必要だとは思いますが、それでも酔ってしまう時は薬で対処しなければ目的地に行けませんから私のおすすめする薬で乗り切れるようにしたいものです。

酔い止めは他の分類の薬と比べて子供も大人も同じ成分が使用できる薬であることが多く、子供用の場合は大人用の半分量が配合されているケースばかりです。

もし家族で共有するのであれば子供用を用意しておき、大人は倍量を飲むということでもいいでしょう。

酔い止め以外の他の薬効でのおすすめ市販薬は次のリンクからどうぞ。または、PCの方は画面上部のメニューボタンから、スマホの方は右上のメニューボタンからどうぞ。

なぜ市販薬なのか 市販薬は、少し前であれば医療用の薬に比べて効果が弱いという印象でしたが、最近では医療用と同じ成分・量を含有する市販薬...