ロキソニン?イブ?市販薬の痛み止めで薬剤師が最もオススメの一品を紹介【解熱鎮痛薬】

頭痛、生理痛や歯痛などで急に体のどこかが痛くなって、市販の痛み止めを買いにドラッグストアに駆け込んだことあると思います。

でも、いざお店に行くと痛み止めの種類は風邪薬と同じようにたくさんの種類があって、どれを買えばいいのか分かりませんよね。頭痛に良い薬なのか、生理痛に良い薬なのか。

薬は安くありませんから効果の低い薬を選んでしまう失敗は避けたいものです。

そこでこの記事では、痛みの種類別に最適な市販の痛み止めをそれぞれ一品ずつ経験豊富な薬剤師がオススメ品を紹介します。痛み止めを買う時の参考にしてもらえるとうれしいです。

また、痛みって突然やってきますし痛くなってから買いに行くのも大変ですから、常備薬として事前に購入しておくことをオススメします。

私も大学生のの頃、夜中に歯がめちゃくちゃ痛くなって、手持ちの薬もないし薬局もやっておらず、一晩寝れなかった経験があってとても辛い思いをしたことがあります。

痛み止めは、ぜひ家にストックしておきたい薬の一つです。

なお、市販薬の痛み止めは、体内での作用の仕方により、痛み止めを取る効果と一緒に熱を下げる効果もあるため「解熱鎮痛薬」という分類になります。

熱を下げたい時もこの記事で紹介する薬を飲めば効果は得られますので参考にしてください。風邪を引いた時の頭痛や発熱の時に服用するオススメ市販薬は次のリンク先の記事でも紹介しています。

逆に熱はないけど痛みがある場合も服用しても問題ありません。人間の体は丈夫にできていて、必要以上に体温を下げることはありません。

頭痛・生理痛などどこか痛い時にまず試してほしいオススメ市販薬

「ロキソニンS」を最もオススメします。

ロキソニンは、医師が使用する医療用の痛み止めとして最も使用されている薬で、とても多くの使用実績があって効果も副作用も十分確かめられている薬のが理由です。

病院受診して処方を受けた経験がある方も多いと思います。

風邪の時の頭痛、喉の痛み、歯の痛み、どこかケガをした時の痛み、生理痛、痛風、痛み全般に効果がある薬です。

また、ロキソニンSは二日酔いの時の頭痛にもオススメです。

「ロキソプロフェンナトリウム」がロキソニンの有効成分ですが、実は市販薬には別の商品名でロキソプロフェンナトリウムを配合している薬がいくつかあります。

そうした薬もロキソニンSと同じようにオススメですので、ドラッグストアに行って商品パッケージを見て、ロキソプロフェンナトリウムを配合している薬を購入しても問題ありません。

ロキソプロフェンナトリウム配合の市販薬の例
  • ロキソニンSプラス
  • ロキソニンSプレミアム
  • バファリンEX
  • ハリー解熱鎮痛薬L
  • ロキソプロフェン錠「クニヒロ」
  • コルゲンコーワ鎮痛解熱LXα
  • エキセドリンLOX
  • ユニペインL
「バファリン」や「エキセドリン」のように同じような商品名で異なる成分を含む市販薬がありますので注意してくださいね。

2017年からロキソニンSがアマゾンでも購入できるようになったのもポイントが高いですね。私が実際に購入してみた時の記事も良ければ参考にしてください。

ロキソニンS、ロキソニンSプラス、ロキソニンSプレミアムの違い

「ロキソニンSプラス」には、ロキソプロフェンナトリウムに胃薬が配合されている薬です。

痛み止め全般に胃への副作用が多いので、それを予防するために胃薬が一緒に入っています。

でも気休め程度の効果しか期待できない胃薬のため、胃が弱くなければ価格的な面でロキソニンSの方がオススメです。

「ロキソニンSプレミアム」には、痛み止め効果を増強させる鎮静成分が入っている薬です。

効果は強まりますが、鎮静成分に眠気が出る可能性が高いのが難点です。

薬をのんですぐ寝たいという時にはロキソニンSより良いですが、昼間に薬を飲みたい時にはおすすめできません。

私の総合評価としてはやっぱり普通の「ロキソニンS」を最もオススメします。

片頭痛に効果が高いオススメの市販薬

片頭痛でも「ロキソニンS」を最もオススメしますが、市販薬の中で唯一片頭痛への効果が実証されている「エキセドリンA」も同じくらいオススメ。

エキセドリンAは、痛み止めがあまり効かない片頭痛にも効果があるとされた「ACE処方」であるためです。

ACE処方とは痛み止めの成分の種類のことで、「アセトアミノフェン」、「カフェイン」、「エテンザミド」の3つの成分が入っている薬のことを指します。

ヒトで試した実験(「臨床試験」と言います)で、片頭痛に効果があったことが確かめられて論文として発表されています。

片頭痛だけでなく、生理痛など痛みが強くてロキソニンSが効かない時も試してみる価値のある薬です。

熱を下げるオススメの市販薬

「タイレノールA」を最もオススメします。

解熱剤(熱さまし)として、医師も赤ちゃんにも処方する薬で、熱を下げる効果良く副作用の心配も少ないのが理由です。

もちろん痛みを取る効果もあります。

風邪で頭痛、喉の痛み、発熱がある時に特にオススメ。

インフルエンザやデング熱など風邪ではない感染症の時にも安心して使えるのがポイントです。詳しくは風邪薬のオススメを紹介している記事をご覧ください。

高熱がある、痛みが強く、すぐに効いてほしい時のオススメ市販薬

「こどもパブロン坐薬」を最もオススメします。

坐薬は肛門の中の「直腸」という部分で溶けて体に吸収され、すぐに全身に薬が広がるため効果を実感するまでの時間が早くする薬の形です。

飲み薬の場合は効果を実感するまで1時間くらいかかりますが、坐薬の場合は10分くらいから効果を発揮します。

また直腸から薬を入れると口から飲むより効果が高まるのも特徴。

坐薬はすぐに強く効いてほしい時にバッチリな薬です。

オススメのこどもパブロン坐薬は、タイレノールと同じ「アセトアミノフェン」の薬ですからインフルエンザなどの感染症の時にも安心。

子供用の薬ですが大人でも全く問題なく使ってOKです。

ただ量が大人が本来使う半分くらいしかありませんから、1個使って30分経っても効果が十分でない時は、もう1個使うなどの工夫が必要です。

ちなみにですが、「坐薬を椅子に座りながら口から飲んだ」という笑い話があります。

坐薬は肛門に挿入する薬ですから口から飲まないようお間違えなく!

解熱鎮痛薬を使う時の注意事項も知っておこう

解熱鎮痛薬は気軽に服用できる薬ですが、注意してほしいことがいくつかあります。

まず知っておきたいのが、胃や腸などの内臓の痛みには、この記事で紹介したオススメ市販薬の服用は一旦ストップしてください。

状態によっては服用すると逆に悪化する可能性がありますので、生理痛でないお腹の痛みがある時は胃薬のオススメ市販薬で対処するか消化器科を受診しましょう。

頭痛(二日酔いの頭痛も可)、生理痛、手とか足とか体の外側の痛みには使用できます。

その他の注意事項は次のとおりです。とても大切なので併せてチェックしておこう。

  • 解熱鎮痛薬は、痛みや熱を原因から治すものではなくて、強制的に症状をとる薬です。
  • 痛みは体からの悲鳴であり治療を受けてほしいというメッセージですから、薬で強制的にそれを止めてしまって長期間放置してしまうのはやめましょう。
  • 発熱は細菌やウイルスを攻撃する体の反応ですので、辛くなければ無理に熱を下げる必要はありません。自然に身を任せてみるのも良いことです。
  • 頭痛で月に10日以上服用される方は、ただの頭痛では無くて偏頭痛や薬剤を服用しすぎて起こる「薬剤性頭痛」の可能性があります。 高頻度で服用しなければいけない方は、頭痛であれば神経内科を、それ以外であれば整形外科を受診するようにしてください。
  • 解熱鎮痛薬は、胃障害の副作用が最も多いため胃潰瘍などの胃の病気を持つ方は医師に相談が必要です。
  • 過去に解熱鎮痛薬をのんで喘息のような症状を発症した方は、薬へのアレルギー「アスピリン喘息」に注意する必要があります。
  • 喘息のような症状を引き起こした医薬品が特定できるなら、それは二度とのまないようにしてください。
  • 分からない場合は、病院を受診するか熱さましとしてオススメする「タイレノールA」にするといいでしょう。 タイレノールAの成分アセトアミノフェンはアスピリン喘息患者にも使用できるとされていますから。

セルフメディケーション税制の対象品

市販薬を購入すると税金が安くなる「セルフメディケーション税制」という制度が2017年1月から始まりました。

セルフメディケーション税制を詳しく確認する
市販薬によってこの制度が摘要できるかが異なりますので、この記事でオススメした市販薬が、セルフメディケーション税制の対象になるかどうかも紹介しますね。

対象になる市販薬は「○」、対象にならない市販薬は「×」で示します。

市販薬名 対象
ロキソニンS
エキセドリンA ×
タイレノールA ×
こどもパブロン坐薬 ×

※2017年10月時点

上級者向け:市販薬を安く購入する方法

市販薬はちょっとした薬でも1000~2000円くらいするとても高価なもので、少しでも安く購入したいですよね。

そこでドラッグストアやインターネットのそれぞれで使える市販薬を少しでも安く買える方法を紹介した記事も確認しておいてください。

市販薬を安く購入する方法もチェック

まとめ

痛みや熱の種類、程度別にオススメの市販薬を紹介しました。

ドラッグストアの棚に並ぶ数多くの痛み止めの中から症状にピッタリな薬を選ぶのは至難のわざ。

この記事で紹介した4つのオススメ市販薬をチェックしておき、お店で迷わないようにしておきたいものです。

痛みや発熱は突然やってくるもの。事前に準備して常備しておくことをオススメします。

なお、生理痛以外の内蔵の痛みには基本的には市販の痛み止めは効果がありません。お腹が痛い場合は胃薬に効くオススメ市販薬で対処するか早めに消化器科の受診が必要です。

解熱鎮痛薬以外の他の薬効でのおすすめ市販薬は次のリンクか、画面上部のメニューボタンからどうぞ。

他のオススメ市販薬もチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です