薬剤師が解説!正しいビタミンサプリメントの摂取方法

疲れがひどい・・・なら「チョコラBB」を摂取するなど、体が何か不調ならとりあえずビタミンサプリメントを摂っておこうかなんて考えますよね。

でも適当に摂取しては効果がなく、もったいないことになっているかもしれません。

薬剤師の私が、ビタミンサプリメントはどのように摂取すればいいのかお伝えしましょう。

主要なビタミンの必要量

厚生労働省が定めている「栄養素等表示基準値」による1日に必要なビタミン摂取量は以下の通りです。
この量は、好き嫌いなく、バランスよくご飯を食べていれば全く問題ない量となります。

  • ビタミンA;450㎍
  • ビタミンB1:1mg
  • ビタミンB2:1.1mg
  • ビタミンB6:1mg1
  • ビタミンB12:2㎍
  • ビタミンC:80mg
  • ビタミンD:5㎍
  • ビタミンE:8mg
  • 葉酸:200㎍
  • ビオチン:45㎍
  • パントテン酸:5.5mg
  • ナイアシン:11mg

ビタミンが不足する原因と欠乏症

何かしらの理由で満足にご飯が食べられない時、熱が出た時、喫煙者であればタバコを吸った時、ストレスがひどい時など、色々な原因で一部または多くのビタミンが不足することがあります。

そういった場合は、食事やビタミンサプリメントで不足分を補う必要があります。

補充せずに不足したままにしておくと脚気(B1不足)や壊血病(C不足)となどいった欠乏症を発症し、さらに放っておくと死につながることもありますのであなどることはできません。

私が小さい頃は、健康診断の検査で膝を木槌で叩いて脚気の検査がありました。
ビタミン欠乏症はそれくら身近なものです。

各ビタミンが体に与える影響

ビタミンが体に与える影響(効果)の説明をするとものすごく細かくなってしまいますので、ウィキペディアにゆずります。

1個だけ解説しますとビタミンB群は、食べ物の中の糖分やアミノ酸の分解を促進させて、効率よくエネルギーを産出するのに必要となります。なので、ビタミンB群はひどい疲れに効果が期待できるのです。

ビタミンサプリメントの選び方

まずはビタミンの働きを知ろう

ビタミンは、「補酵素」として機能します。
補酵素は酵素のエネルギー源だとお考え下さい。補酵素なくして酵素は動けないということです。

しかも酵素はグルメで、自分の気に入った補酵素しか要りません。

それを踏まえて・・・、生体はある物質Aを酵素aでA´に変え、さらに他の酵素bでBに変えるという流れで色々な物質に変換することにより、生命維持に必要な物質を作り出しています。(物質A⇒物質B⇒物質C・・・⇒物質Zと”⇒”のところは全て異なる酵素があると考えてください。)

例えば、エタノールは酵素の働きによりアセトアルデヒドに変換され、その後に違う酵素によって酢酸に変換されて体外に排泄されます。

その酵素それぞれに補酵素が必要なのです。

特定のビタミンを摂取してもムダ

上の例でいうとエタノール早く分解させようとしてアセトアルデヒドに変換する酵素の補酵素を補ったとします。

その酵素の働きが強くなってエタノールからアセトアルデヒドへの変換が早くなっても、その先の酵素の働きがいつもどおりであれば処理能力は同じですので、結局体外に排泄される時間は同じで、アセトアルデヒドへ変換する酵素の補酵素を補ってもムダであったとういことです。

従って、特定のビタミンが不足しているということが分かっていない場合は、ビタミンは満遍なく摂取しないと期待する効果は実感できません。

ビタミンはこのように摂れ

ビタミンは満遍なく摂取しなければ効果が薄いですので、まずはマルチビタミンで基礎量を補いましょう。

それでも足りない場合には、軽減させたい症状をおさえるビタミンを追加しましょう。

サプリメントで発売されているビタミンは全て水溶性ビタミンであり、過剰な分は吸収されずに尿から排泄されますので、過剰摂取は気にする必要はありません。ビタミン服用後に尿が黄色なのは排泄されている証拠です。

まとめ

ビタミンは酵素の働きを助ける補酵素と呼ばれる物質です。
あるビタミンだけを摂取するのではなく、全体的に満遍なく摂取する必要があります。

従って、まずはマルチビタミンで基礎量を補い、それでも足りなければ求める効果が期待できるビタミンを追加しましょう。

サプリメントで販売されているものであれば、過剰症を気にする必要はありません。

ただ、そもそもビタミンは好き嫌いなく色々な種類の食品を食べていれば必要量は全て摂取できますので、まずはご飯からビタミンを摂ることをこころがけましょう。

個人的にはコンドロイチンやビタミンなど、薬みたいな感じのサプリメントは不要だと思っていますが、青汁など単一の成分ではないサプリメントは食事を摂っているのと同じだと考えますので絶対に有益だと思っています。

今のところの一番のおススメは、「ミドリムシ」の緑汁です。詳細はこの記事をご参照!

https://industrial-pharmacist.com/?p=1254

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です