うがいと手洗いを厳守 簡単にできる風邪やインフルエンザの予防方法

風邪やインフルエンザの予防にうがいや手洗いするようにとよく言われますよね。

うがいや手洗いの効果はどれ程のものか、うがい薬や手指消毒剤といった薬品を使った方がいいのかについて紹介します。

風邪やインフルエンザはうがいによって予防できる可能性が高い

うがいによる風邪の予防効果は、数年前に実証されています。

その検証結果がサラヤ株式会社ウェブサイトに以下のとおり掲載されています。

2002~2003年の冬場に、全国で18~65歳の合計約380名のボランティアを、「水でうがい」、「ヨウ素系うがい薬でうがい」、「何もしない」の3群に分けた2カ月間の追跡調査が行われました。

うがいは15秒を2度行い、1日3回以上実施されました。

その結果、「水うがい群」は対照の「何もしない群」に比べてかぜの発症が40%減り、うがいのかぜ予防効果が実証されました。

サラヤ株式会社

インフルエンザについては、調査対象から外れているようですので効果があるとはいえません。

ただ、風邪もインフルエンザもウイルスが原因で、口や鼻など同じルートで感染しますので、うがいで風邪の予防ができるならインフルエンザであっても予防できると推測できます。

なお、インフルエンザウイルスはすぐに細胞内に侵入してしまうので意味がないと説明しているウェブサイトがありますが、こまめにうがいをすることを心がければその20分以内に当てはまる可能性が高まりますので全く意味がないことはありません。

うがいに薬はいらない

同じ調査で、以下の知見も得られています。

ただ、「ヨウ素系うがい薬群」では、対照群と差がなく、はっきりした予防効果がみられませんでした。

この原因として、正常細菌のバランスが、薬によって壊されたためではないかと推測されています。

イ○ジンなどのうがい薬は不要ということですね。

水でのうがいで十分ということです。

スプレータイプの喉の薬はものによります

うがいではなくてシュッとスプレーをする喉の薬は、物によって使ってもいい、使ってはいけないが分かれます。

上記の理屈で言えば殺菌作用のあるスプレーは使用しない方がよく、スプレーの喉の薬で有名な「のどぬ~るスプレー」がまさにこのタイプの薬です。

一方で単に炎症を抑えるというスプレーもあって、この薬は使うことによって喉の痛みや腫れを抑えることができるでしょう。

むしろ積極的に使った方が喉の痛みがかなり楽になりオススメです。

炎症を抑える方のスプレーは、使用することをおすすめしますが有名な薬がないのが残念です。

私の中では、成分や味の総合評価で、「浅田飴AZのどスプレーS」が最もオススメ。

手指の衛生はうがいと同じくらい重要です

風邪やインフルエンザの感染ルートとして、咳やくしゃみなどによる飛沫感染の他、ウイルスがついたところに触れて手から感染する接触感染があります。

なので、うがいの他に手の衛生にも十分注意する必要があります。

さらに手の汚れ、ほこりや土に潜んでいる細菌などの微生物を落とすためにも手洗いが重要です。

エタノール消毒ではなく、石鹸を使った手洗いが必要

石鹸は界面活性作用があり、手指に付着している汚れやウイルス・細菌などの微生物を浮かび上がらせて落とす効果があります。

一方で、エタノールなどの手指消毒剤にはウイルスや細菌を死滅させる効果はあるかもしれませんが、汚れは落としませんし、むしろ手全体に広げてしまうことになります。

さらに消毒剤の効果が無い微生物もいることからも石鹸を使った手洗いは重要です。

抗菌・殺菌を目的とした薬用石鹸は効果が強いわけではなく、うがい薬でのうがいと同様に有効性はあがりませんので、石鹸の種類はどんなものでも問題ありません。

手洗いは正しい方法で実施すべし

手洗いは、確実に行ったつもりでも実は完璧に行うのは結構難しいです。

次の図を参照に洗い漏れのないように実施したいものです。

石鹸を使った手洗い方法

まとめ

風邪やインフルエンザの感染症は、水でのうがいと石鹸を使った手洗いで予防できます。

うがい薬も抗菌・殺菌効果も目的とした薬用石鹸など特別なものは不要です。

水でのうがい、いつも使っている石鹸を使った手洗いで問題ありません。

ただ、手洗いは確実に行わなければ効果は薄いものになりますので、指先、指間、手首や親指の付け根に注意を配って実施できるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です