【ブヨ・毛虫・クラゲなど】夏に注意したい虫刺されとその予防・治療方法を薬剤師解説

camp

私はもっぱらインドア派であんまりアウトドアな物は好みませんが、皆さんは海やキャンプなどアウトドアを楽しまれることが多いのではないでしょうか。

アウトドアな楽しみをする自然豊かな場所では虫や生物に刺されたり、咬まれたりすることがあります。それは時には命の危険にさらされる場合もあって注意が必要となります。

そこでこの記事では、夏にアウトドアで楽しみたい時に気をつけたい虫などの生物と刺されたり噛まれたりした時の対処方法や予防方法を紹介します。

虫は苦手ですので画像は貼りません。どのような虫か写真や画像を見たい方はgoogle先生に頼んでください。

ハチ

概要

人を刺す可能性が高く問題になるのは、スズメバチとアシナガバチなどスズメバチ科の蜂になります。働き蜂の数が最も多くなる8月から10月が攻撃的な時期で注意が必要です。

ハチ刺されで怖いのは毒自体ではなく、毒に対してアレルギー症状が出てしまうことです。

複数回刺されるとアレルギー反応が強くなり、ひどいとアナフィラキシーショックを起こして呼吸困難や血圧低下を引き起こしてしまう可能性があります。

このような反応が起こるのはハチ毒に対してアレルギーを持つ方だけに限りますが、極めて短時間で起こるので、ハチに刺されて後に息苦しいとかめまいがするとか、少しでも全身症状が出るようだったら速やかに救急車を呼ぶようにしましょう。

過去にハチに刺されたことがあって、次に刺されたらアナフィラキシーショックが危ない方は、症状を和らげる自己注射薬「エピペン」を事前に医師から処方を受けることも可能です。

予防

ハチには虫よけスプレーは効きません。

黒い服や髪、香水などのにおいで寄ってくると言われていますので、服装に注意することが重要です。

BBQなどでお目当ての方がいてもおめかしのし過ぎには注意が必要で、特に香水はやめておいた方がいいと思います。また女性においてはヘアーメイキングしすぎずにアウトドアらしく帽子をかぶることをおすすめします。

治療

まず傷口を流水でよく洗い流し、傷口から毒を絞り出します。その後はステロイドを含有した塗り薬を使用しましょう。かゆみが強い場合は抗ヒスタミン薬を含有している薬が効果的です。

強力なステロイドが入っており、かゆみどめの抗ヒスタミン薬も含有している「ムヒアルファEX」を最もおススメします。

ブヨ

概要

ハエより少し小さい黒い虫で、小川や渓流など山によくいます。主に朝や夕方に活動します。

血を吸う虫ですが、蚊と違い皮膚を噛み切って吸血しますので刺されると痛いです。その後徐々にひどくなっていき、1週間適度激しいかゆみと痛みが続きます。1週間ほどかゆみと痛みと戦うことになります。

予防

蚊の虫よけもブヨに効果があります。

「DEET(ディート)」という成分が虫よけ効果があります。日本で販売されている虫よけのなかで、最もDEETの配合量が多い「ムシペールα」をおススメします。

2016年3月からは新しい虫よけ成分「イカリジン」を配合した虫よけスプレーも発売されています。

効果はディート同等で赤ちゃんでも安心して使用できる虫よけスプレーです。

ムシペールもいいですが、イカリジン配合の虫よけスプレーも使用感バッチリでかなりおすすめです。

https://industrial-pharmacist.com/?p=2574

治療

かゆみ止めの抗ヒスタミン薬を含有している薬を塗るといいでしょう。併せてステロイドを含有した薬を塗るのも効果的です。ということで、ハチの時と同じく「ムヒアルファEX」をおススメします。

また、子供の場合は掻きすぎて化膿してしまう可能性がありますので、効果が高いステロイドを塗っておくといいと思います。

もし傷口が白くなってしまったら化膿しちゃっていますから皮膚科を受診するのがいいと思います。市販薬でのんびり様子を見ているとひどくなって「とびひ」になるといけませんから化膿してしまったら早めの受診がいいでしょう。

ダニ

概要

ダニは複数種類いてそれぞれ生息場所が異なりますが、アウトドアで最も気をつけなければいけないのは「マダニ」です。

蚊のようにストローで血を吸うのではなく、口そのものを皮膚に刺して皮膚に溜まった血を吸います。一時期西日本を中心に感染が広がっていた「STFS」だけでなく各種感染症をも媒介しますので、マダニに刺されないよう注意することが重要です。

マダニについてはこのブログでも取り上げていますから参照してください。

https://industrial-pharmacist.com/?p=502

予防

マダニにも「DEET」入りの虫よけが効果を発揮します。ブヨの時と同じく「ムシペールα」をおススメします。それよりも草むらにむやみに入らない、長袖長ズボンを履くということも忘れずに。

マダニもイカリジン配合の虫よけスプレーが効果を発揮しますよ!

https://industrial-pharmacist.com/?p=2574

治療

かゆみなどの症状をとる場合は、ハチやブヨでおススメした「ムヒアルファEX」が最適ですが、マダニの場合は少し注意が必要です。

それはマダニが皮膚に食いついているのを発見した時、無理やりひっぱると頭部がちぎれて皮膚の中に残ってしまって炎症が起こる可能性がありますので、市販薬を使わずに最初から皮膚科を受診することがベストです。

毛虫

概要

ドクガ科(チャドクガなど)、カレハガ科(マツカレハなど)、イラガ科(アオイラガなど)の毛虫に注意が必要です。どのような毛虫かはご自身で調査ください。(あまり見たくありませんので・・・)

毒毛に触れたところがプツプツと赤く腫れ、痛がゆい症状がでます。

予防

刺されないように注意するしかありません。
毛虫のいそうな所には近づかない、長袖長ズボンを履くなどで対処する他ないです。

治療

毛はすぐにとれずに皮膚にささったままの可能性がありますので、ガムテープなどで毛を抜くことが重要です。その後はやっぱり「ムヒアルファEX」です

ムカデ

概要

草むらに潜んでいます。花壇とかにもいるかもです。まぁどこにでもいるということです。

ムカデは町中でもその辺にいますよね。ゴキブリのように家の中にも進入してきます。(ゴキブリやクモなどを食べるためのなのかしれませんが)

寝ている時に刺されることもありますし、また靴に潜んでいて履いたら刺されたなんてこともあります。

刺された直後に激しい痛みが起こって赤く腫れます。ムカデの種類によっては、ハチと同様にアナフィラキシーショックに注意する必要があります。

予防

むやみに草むらに入ったりしないことしかありません。サンダルではなく靴の方がいいと思います。

草むらに手を突っ込む必要がある場合は、布製ではなくゴム製の、しかも厚手の手袋をするようにしてください。

治療

刺された直後はムカデの毒は皮膚の表面にあります。毒は熱に弱いため火傷しない程度の熱めのお湯をかけると毒の威力を弱めることができます。

その後は強めのステロイドをぬりましょう。やっぱり「ムヒアルファEX」です。

クラゲ

概要

お盆過ぎの海水浴場で刺されること多いです。

海水浴場で刺される場合の多くは、赤く発疹が出て痛がゆい症状がでるだけの場合が多いですが、クラゲの種類によってはアナフィラキシーショックを引き起こす可能性があるものもありますのでアレルギー体質の方は要注意です。

予防

海水浴はお盆より後はやめておいた方がよさそうです。

治療

よく流水で洗った後は、やっぱり「ムヒアルファEX」です。

ムヒアルファEXに配合されているステロイドは医療用でも効果が高い方のランクですので、クラゲ以外の場合はそんなに強いステロイド使う必要はありませんが、クラゲだけはこのランクのステロイド必要です。クラゲに刺されるとそれほどひどい炎症となります。

また、アレルギー体質の方は、すぐに医療機関を受診することをおすすめします。

まとめ

夏にキャンプ、BBQや海水浴と楽しいことがいっぱいですが、自然界からの脅威にも注意が必要です。

特にBBQなんかはコンパとして活用することもたくさんあると思います。オシャレし過ぎて虫などに刺されやすいことにならないようにしましょう。男子は時と場所に合わせた格好ができて気の利く女子が好きです。(自分の好みかも)

また、男子はクラゲたっぷりの暗い海に入ったり、裸足で草原をひゃっほぅ~としないよう注意しましょう。案外女子は冷めた目で見てますよ。

最後に・・・、ハチ、ムカデといった毒がある虫に刺されたときは毒を吸い出す道具を使うとその後の症状軽減に役立ちまよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です