頭痛・生理痛に効果的!市販の解熱鎮痛薬から薬剤師のおすすめ品を紹介【痛み止め・熱さまし】

シェアする

頭痛、生理痛や歯痛などで急に体のどこかが痛くなって市販の痛み止めを買いにドラッグストアに駆け込んだことがあると思います。

痛み止めも風邪薬と同じく種類がたくさんがあって選択に迷いますし、そもそもその時の症状に使用できるかどうかがよく分からないことってありますよね。

この記事ではどのような痛みに市販の痛み止めが使用できるのか、数ある痛み止めの中で薬剤師が最もおすすめする薬は何なのかについて解説します。

また痛みって体調が悪くなってから買いに行くのも大変ですから、常備薬として事前に準備しておくことをおすすめします。私も大学時代に夜中に歯がめちゃくちゃ痛くなって一晩寝れなかった経験があってとても辛い思いをしたことがあります。

なお、市販の全ての痛み止めの痛みを取る作用は、熱を下げる作用と同じですから「解熱鎮痛薬」という分類になり痛みを取るのも熱を下げるのも同じ薬を使います。

この記事では、痛みが強い場合と熱を下げたい場合にわけておすすめの市販薬を紹介しますね。

スポンサーリンク

まずはじめに 解熱鎮痛薬の基本的な注意事項

解熱鎮痛薬は気軽に使用される一方で、使用できる痛みや副作用など注意してほしいことがたくさんあります。

まずは解熱鎮痛薬を使用するに当たっての基本的な注意事項を一読しておいてください。

解熱鎮痛薬を服用できる場合

胃や腸などの内臓の痛みには市販の解熱鎮痛薬は使用できません。服用すると逆に悪化する可能性があります。

頭痛(二日酔いの頭痛も可)、生理痛、手とか足とか体の外側の痛みには使用できます。

熱さましとしては、病気の原因によっては解熱鎮痛薬の種類に注意が必要です。具体的には下記の熱さましのおすすめ市販薬のところをご覧ください。

その他の注意事項

  • 解熱鎮痛薬は原因となる病気を治すものではなくて、強制的に症状を抑えつける薬です。
  • 痛みは体からの悲鳴であり治療を受けてほしいというメッセージですから、薬で強制的にそれを止めてしまって長期間放置してしまうのはやめましょう。
  • 頭痛で月に10日以上服用される方は、ただの頭痛では無くて偏頭痛や薬剤を服用しすぎて起こる薬剤性頭痛の可能性があります。 高頻度で服用しなければいけない方は、頭痛であれば神経内科を、それ以外であれば部位に合った専門科を受診するようにしてください。
  • 解熱鎮痛薬は、胃障害の副作用が最も多いため胃潰瘍などの胃の病気を持つ方は医師に相談が必要です。
  • 過去に解熱鎮痛薬をのんで喘息のような症状を発症した方は、薬へのアレルギー「アスピリン喘息」に注意する必要があります。
  • 喘息のような症状を引き起こした医薬品が特定できるなら、それは二度とのまないようにしてください。
  • 分からない場合は、病院を受診するか熱さましとしておすすめするタイレノールAにするといいでしょう。 タイレノールAの成分アセトアミノフェンはアスピリン喘息患者にも使用できるとされていますから。

市販薬の痛み止めのおすすめ

「ロキソニンS」を最もおすすめします。

ロキソニンは、医療用の解熱鎮痛剤として最も使用されている薬で、とても多くの使用実績があって効果及び安全性が十分確立されているためおすすめできます。

2016年3月に重大な副作用が追加されたことはニュースで話題になりましたが、安全性に問題はありません。報道の仕方がおかしくて混乱を引き起こしただけです。

薬の副作用報道するならしっかりやれ やれないなら報道するな
かなり古い話ですが2013年2月末に抗インフルエンザ薬リレンザでアレルギー性ショックの副作用報告があり、1名が死亡するという報道がな...

「ロキソニンSプラス」、「バファリンEX」も有効成分はロキソニンSと同じですから同じようにおすすめできます。

これらの薬には胃薬が配合されていて、最も多く発生する可能性が高い胃への副作用を抑えられるように工夫された薬で、理論的にはロキソニンSよりもこれらの方よさそうに見えます。

しかし配合されている胃薬の効果は、気休め程度しか期待できないために価格的な面でロキソニンSの方がいいかと思います。安ければロキソニンSプラスやバファリンEXでも当然おすすめされます。

2016年4月に鎮静成分が配合された「ロキソニンSプレミアム」が発売になっています。

痛みに効く成分がロキソニンSより多いので効果は強いです。ただ鎮静成分によって眠気が出る可能性が高いのが難点です。

薬をのんですぐ寝たいという時にはロキソニンSより良いですが、昼間に薬を飲みたい時にはおすすめできません。

私の総合評価としてはやっぱり普通の「ロキソニンS」を最もおすすめします。

ロキソニンSは二日酔いの時の頭痛にもおすすめですよ。
参考

薬剤師がお伝えする二日酔いの予防と治し方
年間360日くらいお酒をたしなむ産業薬剤師です。こんばんは。 酒の失敗は数知れず。泥酔後の二日酔いのたびにする「酒を断つ決心」...

片頭痛にも効果がある市販の痛み止め

片頭痛への痛み止めとしても「ロキソニンS」を最もおすすめしますが、市販薬の中で唯一片頭痛への効果が実証されている「エキセドリンA」もロキソニンSと同じくらいおすすめします。

痛み止めがあまり効かない片頭痛への効果が実証された「ACE処方」であるエキセドリンAもおすすめします。

ACE処方とは痛み止めの成分の種類のことで、「アセトアミノフェン」、「カフェイン」、「エテンザミド」の3つの成分が入っている薬のことをいいます。

人で試した実験(臨床実験)で、片頭痛に効果があったとされています。

片頭痛以外に生理痛などでロキソニンSが効かない場合に使用してもいい薬であると思います。

熱を下げるのをメインにしたい

「タイレノールA」を最もおすすめします。

医療用の解熱剤(熱さまし)として、赤ちゃんにも使用されるような薬で、実績豊富なため効果良く安全性が高いためおすすめします。

インフルエンザやデング熱の発症時には、この薬以外の解熱剤は避けた方が良く解熱目的にとりあえず飲むには最適です。

また、何でもかんでも熱を下げればいいってことではありません。この考えは風邪薬の記事をご覧いただくと分かります。

薬剤師がとっておきを紹介!症状別に風邪薬のおすすめ市販薬を紹介【総合感冒薬】
風邪薬を買いにマツキヨとかドラッグストアに行くとスゴイ種類の風邪薬がおいてあってどれを買っていいのか迷ったことありますよね? ...

とくにかく今すぐ熱を下げたい方は坐薬

「こどもパブロン坐薬」を最もおすすめします。

座薬は肛門の中の「直腸」という部分で溶けて、体に吸収されるとすぐに全身にまわります。

飲み薬の場合は薬が胃で溶け、胃や腸で体に吸収されて全身にまわるまでに1時間以上かかりますが、坐薬の場合は10~30分で効果を発揮します。

坐薬はすぐに効いてほしい時にバッチリな薬です。

また、こどもパブロン坐薬は、タイレノールと同じ「アセトアミノフェン」の薬ですから、インフルエンザやデング熱の時でも安心して使用できます。

おすすめの市販薬は、子供用の薬ですが大人でも全く問題なく使用できます。

ただ量が半分くらいしかありませんから1個使って30分経っても効果が十分でない時は、もう1個使ってみましょう。

「坐薬を座りながら口から飲んだ」という笑い話があります。

坐薬は肛門に挿入する薬ですから口から飲まないようお間違えなく!

セルフメディケーション税制の対象品

セルフメディケーション税制は、市販薬の購入費で税金が安くなる制度です。

セルフメディケーション税制 医療費控除の特例を受けるポイント
「セルフメディケーション」は、英語で「自分自身」という意味を持つ「self:セルフ」と「薬物療法」という意味を持つ「medicati...

この記事でおすすめした市販薬が、セルフメディケーション税制の対象になるかどうかを紹介します。

対象になる市販薬は「○」、対象にならない市販薬は「×」で示します。

市販薬名 対象
ロキソニンS
エキセドリンA ×
タイレノールA ×
こどもパブロン坐薬 ×

※2016年8月18日時点

まとめ

市販の解熱鎮痛薬は、風邪薬と同じく複数種類が発売されていて選択に迷ってしまうと思います。

痛みを少なくするメカニズムと熱を下げるメカニズムは同じですから、どちらに使用するにしても同じような薬を使うことにはなりますが、成分によっては効果や副作用で得意とする方向が異なります。

それぞれに合った薬を準備できるようにしましょう。また、痛みや発熱は急に発生するものですから事前に準備して常備しておくといいでしょう。

なお、内蔵系の痛みには基本的には市販の痛み止めは使用できません。お腹が痛いのが数日続くようであれば早めに消化器科の受診が必要です。

解熱鎮痛薬以外の他の薬効でのおすすめ市販薬は次のリンクからどうぞ。または、PCの方は画面上部のメニューボタンから、スマホの方は右上のメニューボタンからどうぞ。

薬剤師が薬効別におすすめする市販薬を紹介
なぜ市販薬なのか 市販薬は、少し前であれば医療用の薬に比べて効果が弱いという印象でしたが、最近では医療用と同じ成分・量を含有する市販薬...