最強の風邪薬?ルキノンエース錠V、ハリーエース錠V、セシオンハイ

セブン&アイだど「セブンプレミアム」、イオンだと「トップバリュー」と言えば、そのお店だけの特別な商品であるプライベートブランドのことですよね。

食品で目にすることが多いと思いますが、実はプライベートブランドは市販薬にもあるんです。

イオンなら「ハピコム」、マツモトキヨシなら「MKカスタマー」、スギ薬局であれば「エス・セレクト」になります。

そんなプライベートブランドの市販薬の風邪薬で、ネット上で最強と噂の薬があります。それがこの記事のタイトルにもある「ルキノンエース錠V」、「ハリーエース錠V」、「セシオンハイ」です。

この記事では、医薬品のプライベートブランドや最強との名だたる風邪薬について紹介したいと思います。

まずはプライベートブランドを知ろう

食品や日用品であればプライベートブランドは、そのお店が独自に企画考案した商品をメーカーと一緒になって作って売っていくというもので、店舗がたくさんある会社のプライベートブランドを作ればメーカーも独占的に製造できるし、スケールメリットを活かしてお店側も安く販売することができるとても効率の良いやり方です。

無名メーカーである場合は自社のブランドで発売していても売り上げが見込めませんから、プライベートブランド用に製造した方が手っ取り早いということもあります。

とはいってもプライベートブランドは大手メーカーが製造したものが多いのが現状で、物によっては一流メーカー品の物が安い手に入るメリットがあります。

商品の種類によってはメーカーが分からないケースが多いですから、そういったものに当たれば儲けものなのがプライベートブランドだと思っています。

市販薬のプライベートブランドの作り方

上述のとおりで、薬にもプライベートブランドは存在します。

しかし、薬の場合は使用していい成分の種類や量が厚生労働省から決められているし、薬として発売するには有効性や安全性を検証する実験を数多く行わないといけません。

なので、メーカーもお店側の要望でいちいち薬を作ることはできないため元々メーカーが製造していた薬をそのまま使って、商品名、パッケージ、ロゴを特別な物に変えたものをプライベートブランドとして発売しています。

ルキノンエース錠V、ハリーエース錠V、セシオンハイとはいかに?

この3つの薬は全てプライベートブランドで同じメーカーで製造されていて中身は全く同じものになります。商品名とパッケージだけを変えた風邪薬です。

メーカーは「小林薬品工業」で、会社案内を見るとプライベートブランドを専門で製造している会社のようです。

ルキノンエース錠V、ハリーエース錠V、セシオンハイは何が最強なの?

これらの薬に配合されている成分とその量は下記のとおりです。

各成分に目新しいものは全くなくて古くからある成分ばかりですが、実はこの組み合わせの市販の風邪薬は他には見たことがありません。

従って、これまで他の市販の風邪薬を飲んでも効果がなかった場合にはこの薬を飲めば効く印象があってもおかしくはありません。違った効果が実感できる可能性があるのです。

しかし繰り返しになりますが成分としては昔からあるものです。

しかも「リゾチーム塩酸塩」は、医療用医薬品でも使用されていた成分ですが効果がないことが分かって2016年3月にメーカーが市場から回収するような成分が入っている薬です。

ということで、私の口からは「最強」とは到底言えない代物です。むしろ2016年中には販売中止になるのではと思う薬です。

ルキノンエース錠V、ハリーエース錠V、セシオンハイの成分

  • イブプロフェン:450mg
  • ブロムヘキシン塩酸塩:12mg
  • クレマスチン:1mg
  • リゾチーム塩酸塩:90mg
  • ジヒドロコデインリン酸塩:24mg
  • dl-メチルエフェドリン塩酸塩:60mg
  • 無水カフェイン:75mg
  • カンゾウ乾燥エキス:120mg
  • ビタミンB1:24mg
  • ビタミンB2:12mg

なぜ最強の風邪薬と言われているのか

どうもルキノンエース錠Vを販売していた薬局の薬剤師が「最強の風邪薬」と言ったり、商品POPに「最強」という言葉を入れて販売していたのがインターネットで広まったようです。

他の風邪薬と直接的な比較をした臨床試験をしていないのに「最強」といってしまうのはイケない行為です。

ちなみにこの記事を書くにあたってインターネットで色々と調べていたところ、ルキノンエース錠V、ハリーエース錠V、セシオンハイ以外に同じ薬をもう一つ見つけました。

セイムスというドラッグストアの系列の富士薬品グループで発売されている「ジキナIP錠」です。この会社は富山の置き薬で有名な配置薬の最大手ですから置き薬でも同じジキナIP錠が使用されています。

探せばたくさんありそうですね。最強というプレミア感はありません。

まとめ

プライベートブランドは食品や衣料品といった日用品だけでなくて市販の医薬品にもあります。

そのプライベートブランドで発売されている風邪薬が、ネット上で「最強」と広まっているようです。

他の市販の風邪薬にはない成分が配合されていますから他の薬にはない効果を実感できる可能性がありますが、古くからある成分であったり効果が認められなかった成分が入っていて、とても最強とは言えません。

むしろいつ販売中止になってもおかしくない薬です。

風邪薬は基本的には飲む必要はありませんが、症状が辛くてどうしようもなければ私のおすすめしている一品を試してはいかがでしょうか。ルキノンエース錠Vより効果あると思いますよ。

https://industrial-pharmacist.com/?p=2317

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です