おすすめ市販薬シリーズ ビタミン剤のおすすめは無し!あえて挙げれば・・・

シェアする

ビタミンは生きていくためには必要不可欠な栄養素であり、足りなければ補うべきものです。

しかし特定のビタミンだけを補ったところで、体全体の調子が良くなることはありません。すべての栄養素を補給した暁に元気になるものなのです。

下の画像を見てもらればイメージが付くと思います。画像では「米」と「魚」とか食べ物が書いてありますが、それらを全て「ビタミンA」とか「ビタミンB」などに置き換えても同じことが言えます。

特定のビタミンだけを補給しても足りない部分があれば、せっかく補給した栄養がこぼれ落ちてしまう(排泄)ことになってしまいます。
eiyo
従って、栄養素の補給はビタミン剤で行うのではなくて、偏りのない食事を摂ることで行う必要があります。

ということで、私がおすすめするビタミン剤は無いということになります。好き嫌いせずにご飯をおいしく食べましょう!

・・・これでは、この記事をご覧いただいている方の目的を果たせないと思いますので、あえて挙げるとすればということで、おすすめのビタミン剤を紹介しますね。

スポンサーリンク

まず医薬品とサプリメントのビタミンの違いを知ろう

ビタミン剤は、医薬品のものとサプリメントのものがあります。

ある化学物質を医薬品として厚生労働省に認めてもらうためには、動物やヒトでの実験を繰り返して効果と副作用に問題ないことを確かめる必要があります。
参考

元製薬会社担当者が解説 治験の真実と安全に参加できる治験
「治験」と聞くとどのようなイメージがありますでしょうか。 全く聞いたことがないという方もおられるでしょうし、某巨大掲示板をよく...

しかしビタミン剤は、効果や副作用がはっきりと分かっているために天然のビタミンと同じであれば、天然品だろうが化学合成品だろうがサプリメントとして発売していいことになっています。

従って基本的にビタミン剤は、医薬品のものと食品のものとでは効果は同じであるということが言えます。

しかし、ビタミンとしての効果をもっと上げるために化学構造に少し手を加えたビタミン剤も世の中にはあります。

こうしたビタミンは、効果や副作用がはっきりと分かっていませんからサプリメントとしては販売できずに他の医薬品と同じように実験を繰り返して有効性と安全性を確かめてから医薬品として発売することになります。

また医薬品として厚生労働省から認めてもらうためには、厳しく規制された工場設備、品質が必要なために医薬品の方が安心できると思います。

とはいっても製薬会社が作っているサプリメントであれば、医薬品と同じような品質で製造させていると思いますので安心だとは思いますが。

どっちかと言えば医薬品のビタミン剤の方が良さそうくらいで、サプリメントでも十分であると思います。

サプリメントのビタミン剤については、過去にこのブログで紹介した記事をご覧ください。

薬剤師が解説!正しいビタミンサプリメントの摂取方法
疲れがひどい・・・なら「チョコラBB」を摂取するなど、体が何か不調ならとりあえずビタミンサプリメントを摂っておこうかなんて考えますよ...

この記事ではおすすめ市販薬を紹介していますから医薬品のビタミン剤を次に紹介します。

おすすめの市販薬のビタミン剤

「ポポンSプラス」を最もおすすめします。

冒頭で記載しましたとおり、ビタミンはまんべんなく補給する必要がありますから総合ビタミン剤(マルチビタミンン)を服用することをおすすめします。

一番多くの種類のビタミンが入っているのがこのポポンSプラスです。

ポポンSプラスに配合されている「ビタミンA」と「ビタミンD」は、体に蓄積される性質をもっていますから摂りすぎると過剰症になりますので、箱や説明書に記載されているとおりに服用してください。(後のビタミンは摂りすぎても不要な分は尿と一緒に排泄されます)

このポポンSプラスを服用しても気になっている症状が改善されないようであれば、追加で目的に合ったビタミン剤を服用すればいいとは思いますが、所詮ビタミンですから高い効果は期待できません。

症状がひどければ病院受診も考慮にいれましょう。

セルフメディケーション税制の対象品

セルフメディケーション税制は、市販薬の購入費で税金が安くなる制度です。

セルフメディケーション税制 医療費控除の特例を受けるポイント
「セルフメディケーション」は、英語で「自分自身」という意味を持つ「self:セルフ」と「薬物療法」という意味を持つ「medicati...

この記事でおすすめした市販薬が、セルフメディケーション税制の対象になるかどうかを紹介します。

対象になる市販薬は「○」、対象にならない市販薬は「×」で示します。

市販薬名 対象
ポポンSプラス ×

※2016年8月18日時点

まとめ

栄養素は食事から補給するのが原則中の原則であるため、私はビタミン剤の服用をおすすめしません。まずは好き嫌いせずに栄養バランスを考えて3食の食事を摂ることをおすすめします。

それでもどうしてもビタミンを摂りたい場合は、あらゆるビタミンを一気に補給できるビタミン剤でなければ、せっかく補給したビタミン剤が活かされずに排泄されてしまうため、総合ビタミン剤(マルチビタミン)を服用するようにしましょう。

ただ、ビタミン剤をせっせと服用するなら食物型のサプリメントを摂取した方が食事に近くていいと思います。

食物型のサプリメントで栄養補給をしたい方は、私が最もおすすめしているサプリメントである「ミドリムシ」を試してはいかがでしょうか。

薬剤師がすすめるサプリメントはこれだけ!「ミドリムシ・ユーグレナ」
「ユーグレナ」って知ってますか? では、「ミドリムシ」なら、小学校の授業で聞いたことがあると思います。 ユーグレナとは学...

ビタミン剤以外の他の薬効でのおすすめ市販薬は次のリンクからどうぞ。または、PCの方は画面上部のメニューボタンから、スマホの方は右上のメニューボタンからどうぞ。

薬剤師が薬効別におすすめする市販薬を紹介
なぜ市販薬なのか 市販薬は、少し前であれば医療用の薬に比べて効果が弱いという印象でしたが、最近では医療用と同じ成分・量を含有する市販薬...