インフルエンザにかかったら少なくとも5日間は自宅療養しましょう

sleep

毎年必ず流行るインフルエンザ。

ウイルスの型によっては、あまり熱が高くならずに咳などの諸症状も無い場合も結構あり、風邪と見分けがつかない場合があるため、家族、友達、同僚などにインフルエンザの方がいて、あなた自身も発熱している場合は病院に行って検査を受けるべきです。

風邪だと思いこんで多少熱があっても無理して会社や学校に行ってしまうとインフルエンザの感染を広げてしまいます。

インフルエンザの検査を行い、インフルエンザと分かったら必ず自宅でインフルエンザを治してから学校や会社に行くようにしましょう。

この記事では、インフルエンザにかかった時の休むべき期間、治療方法、予防方法について紹介します。

インフルエンザにかかった場合の自宅休養期間

学生は学校保健安全法を遵守

学校保健安全法施行規則 第19条には、出席停止の期間について次のように記載されています。

インフルエンザ(特定鳥インフルエンザ及び新型インフルエンザ等感染症を除く。)にあつては、発症した後五日を経過し、かつ、解熱した後二日(幼児にあつては、三日)を経過するまで。

そんなに休まなければいけないのかと思うかもしれませんが、熱が下がっても2日程度は体からウイルスが放出しており、他の人にうつしてしまうからです。

学校のような閉ざされた空間で集団行動を行うような場所では、ウイルスが体内から完全に無くなるまで学校に行ってはいけないというのは当然だと思います。

ちなみにですが、学校保健安全法は大学も適用されますし、大学職員も適用されます。

社会人は学校保健安全法を準拠

社会人には学校保健安全法は適用されませんが、社会人になった瞬間に体が進化して熱が下がる同時に体からウイルス放出がなくなるわけではありません。

法律や会社の就業規則で決まっていなくとも、大事をとって学校保健安全法と同じ期間休養することが必要です。

休養期間の具体例

熱が出た日を0日目としてカウントしてください。

まず発熱した日の翌日から5日後までは、どんなに元気になっても休む必要があります。会社や学校に行っていいのは早くても熱が出た翌日を1日目として数えて6日目からです。

しかしさらに制限があって、熱が下がった日の翌日と翌々日は休養しなければいけません。熱が出た日の翌日から3日目より前に体温が37度未満になっている場合は6日目から出校・出社できます。4日目に熱が下がった場合は、7日目から出社可能となります。

曜日の方が分かりやすいでしょうか。カレンダーと突き合わせてみてください。

  • 月曜に発熱 ⇒ 木曜に解熱 ⇒ 次の日曜からに出校・出社可能
  • 月曜に発熱 ⇒ 水曜に解熱 ⇒ 次の日曜からに出校・出社可能
  • 水曜に発熱 ⇒ 土曜に解熱 ⇒ 次の火曜からに出校・出社可能
  • 月曜に発熱 ⇒ 日曜に解熱 ⇒ 次の水曜からに出校・出社可能

あせると逆効果

社会人の場合、解熱したら早く仕事に戻らなければと考えてしまいます。

まして私のようなサラリーマンであれば周りの目が気になります。
『これ以上周りに迷惑かけられない』とか『仕事が溜まる・・・』とか一刻も早く出社したい事情もあると思います。

しかし、あなたがいなければ回らない仕事なんてほとんどありません。「俺がいなきゃ」なんて思っているのはあなただけで、いなけりゃいないなりに仕事は進んでいるものです。

見切り発車で会社に出て感染を広げてしまっては逆に仕事が滞ります。

復帰を促すような上司がいるなら『みなさんのことを考えてウイルスが体から放出する期間は休みます。医師からも言われています。』と断固として言えるとベストですね(難しいか・・・)。

自営の方は生活がかかっていますから、そんなことは言ってられないですよね。上記の期間を目安に可能な範囲で療養ください。もし早めに仕事をするような場合はマスクをするなど周りへの配慮をお忘れなく。

インフルエンザの治療

ウイルスへの抵抗力や攻撃力を高める漢方薬を服用する方法、ウイルスの増殖を抑える抗インフルエンザ薬を服用する方法、家でじっくりと休養する方法があります。

漢方薬を服用する方法

漢方薬の「麻黄湯」には、後述の抗インフルエンザ薬と同じくらい治療期間を短かくする効果があるといわれています。ただ、服用できる方というか効果がばっちり期待できる方が限られていますので、詳細はその特集をした記事をご参照ください。

https://industrial-pharmacist.com/?p=1034

抗インフルエンザ薬を服用する方法

抗インフルエンザ薬はいくつか種類があります。季節性のインフルエンザで使用可能な薬を紹介します。

  • タミフル:カプセルの飲み薬
  • リレンザ:吸入薬
  • イナビル:吸入薬
  • ラピアクタ:点滴

どの薬もインフルエンザウイルスの増殖を抑える薬です。

また、いずれの薬も体内でウイルスが十分増殖した後では効果がありませんので、発熱してから48時間以内に服用開始が必要です。

インフルエンザの検査だけでなく治療薬の面からもインフルエンザが疑われる時は早めに医療機関の受診が必要というわけです。

ちなみにですが、これらの中でもイナビルが最も新しくて簡単です。

吸入薬を2本吸ったらおしまいで、病院や調剤薬局内で治療が完了してしまいます。この薬を使用すると早く解熱してしまうため、学校保健安全法が改定されて、インフルエンザの時の療養期間がきっちりと定められたとも言われています。

ただ、ラピアクタの方が治りが早いという説もあります。これも病院で1本点滴をしてもらったらそれでおしまいです。

ラピアクタは基本的には入院している方に使う薬ですから外来受診の場合には使用してくれないことが多いです。希望があれば病院の医師へ相談ください。ラピアクタで治療してもらえる病院なら私だったらラピアクタを選びます。

参考

https://industrial-pharmacist.com/?p=1203

家でじっくり休養する方法

薬をのんでも所詮1日か半日くらい治りが早くなるだけなのが実情です。栄養のあるものを食べ水分補給を行って、しっかり休む方法でも問題ないと思います。

欧米ではインフルエンザにかかった時でも抗インフルエンザ薬を飲まずに休養するだけという手法もよく使われるようです。

逆に日本が薬を使いすぎなのかもしれません。

インフルエンザの予防方法

手洗い、うがいの徹底が基本です。さらにマスクをするとよりよいと思います。

色々な施設の入り口にアルコールの手指消毒剤が設置されていますが、消毒剤も手洗いも効果としては同じですので、汚れも落とす手洗いの方が効果的です。

また、手洗いは殺菌作用とあるされる薬用石鹸である必要はありません。泡立てばどのような石鹸でも大丈夫です。

https://industrial-pharmacist.com/?p=3015

さらに、うがいは、水道水でもうがい薬でも予防効果は同じです。こまめに水でうがいする癖をつけましょう。
(すでに感染してしまった状態に対してのうがい薬は水より有効です)

https://industrial-pharmacist.com/?p=310

まとめ

まずはインフルエンザに感染しないように手洗い、うがいはこまめにしましょう。

もしインフルエンザに感染してしまったら、発熱翌日から5日までは会社や学校は休んでしっかり休養し、まわりにうつさないようにすることが必要です。

社会人なら尚更で、無理すると職場に感染を広げてしまい業績が悪化してしまいます。被害は最小限にしましょう。

インフルエンザはウイルスの型によっては、症状が軽く風邪と勘違いする場合があるので、まわりにインフルエンザの方がいる場合、発熱時には医療機関に行って検査をしてもらうことをオススメします。

インフルエンザウイルスの増殖を抑制する薬は、発熱後48時間以内に服用を開始することが必要ですので、速やかに治療を開始するという意味でもインフルエンザが疑われる時は医療機関を受診しましょう。

参考

https://industrial-pharmacist.com/?p=2317

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です