胃薬セルベックスが実は画期的な薬だった

シェアする

sx50

ドグマチール、アポプロン、アタラックスPという商品名の薬があります。
これらに共通するのは何だと思いますか?胃薬のセルベックスもこれらに仲間入り出来るかもしれません。

スポンサーリンク




全く違う効果が認めれている薬

先程紹介した3つの薬は、全く異なる症状に効果があると厚労省に認めれているものです。

ドグマチール:うつ、胃潰瘍
アポプロン:高血圧、統合失調症
アタラックスp:痒みなどの皮膚症状、うつや不安などの精神症状

胃薬セルベックスがなぜ仲間入りできるのか

セルベックスは胃粘液増加作用によって胃酸から胃を守る薬ですが、最近その胃粘液増加作用は「HSP:Heat Shock Protein」を増加させることによってもたらされることが分かってきました。

生体はタンパク質が非常に複雑でも正確性をもって構成されています。

DNAから翻訳されたばかりのタンパク質や熱などのストレスによって正確性が崩れてしまっているタンパク質を元の形に整えるのがHSPになります。

中世ヨーロッパでお嬢様のお世話係「シャペロン」からとってHSPは「分子シャペロン」と言われています。

タンパク質の変性によって引き起こされる病気にHSPが有効であると考えられますので、セルベックスは胃薬以外の効果が期待できるのです。

タンパク質の変性が原因の病気とは

代表的なものが下記の4つの病気で、これらの病気のようにタンパク質の構造が崩れることによって引き起こされる病気のことを「フォールディング病」とも言います。

・アルツハイマー病
・肺線維症
・白内障
・狂牛病

これらはいずれも根本的な治療がない病気ですし、生命を脅かしたり家族に迷惑をかけるようになったりと、とてもインパクトの大きい病気です。

白内障は手術すればいいのですが水晶体交換するとピントが固定されて完全な老眼になったりするので、水晶体を薬で透明にすることができればとてもありがたい話だと思います。

まとめ

医療現場で現役バリバリでも昔から使われている薬って正直どのように効いているか分からないっていうものが結構あります。

もっと人間の体のことが分かってくると「あぁそう効いていたんだ」となり、「じゃあこっちの病気にも使えるかもしれないな」といって研究が行われるケースがこれからも出てくると思います。

一から薬を作るのは莫大な時間と費用がかかりますから、製薬会社も古い薬に着目したいのではと思います。
セルベックスは医療用医薬品ですが、市販薬としても同じ成分の薬が販売されていますので、飲み続けると何かいいことがあるかもしれませんよ。

HSPと分子シャペロン (ブルーバックス)

コメント

  1. […] が固定されて完全な老眼になったりするので、水晶体を薬で透明にすることができればとてもありがたい話だと思います。 胃薬セルベックスが実は画期的な薬だった | 産業薬剤師の視点 […]