ライブ・フェス・花火・映画のトイレを薬で我慢?ロキソニンの意外な効果

シェアする

fes

頭痛・生理痛・喉の痛みなど、色々な痛みを軽減させる効果がある薬「ロキソニン」は、尿の出を少し悪くさせる作用があります。

尿が少なることは「むくみ」の原因になりますから通常はこの作用はロキソニンの「副作用」として扱われます。

ところが、この尿が少なくなる作用を逆に利用しちゃおうというのがこの記事の趣旨です。

フェス、花火、お祭りなどは屋外で来場者数に対してトイレが少なかったり汚かったりと困る方がいるでしょう。またライブや映画では、その間はトイレに行かずして楽しみたいですよね。

では一体どうしてロキソニンがフェス・花火・ライブ・映画などで活躍するのかを薬のプロが紹介しましょう。

ロキソニンの尿が少なくなる副作用は、イベントの時だけでなくて二日酔いの時にも使えますよ。

同じくう○こをどうしても我慢したい時の方法はこの記事の一番下にありますんで、そっちも参考にしてください。

この記事の内容は、ロキソニンの本来の使い方ではありませんので試すなら自己責任でお願いしますね。

スポンサーリンク




ロキソニンでオシッコが我慢できる理由

実はロキソニンが尿の少なくする作用は、医療現場でかなり使われています。

それは夜中に何回でもトイレに行きたくなる「夜間頻尿」に対してです。夜中に起きてトイレに行く回数を減らすことは、寝不足を少なくさせて日中の生活の質を上げますからとても重要です。

ロキソニンは「プロスタグランジン」というホルモンの量を少なくさせることで痛みを取るのですが、プロスタグランジンは体の色々な所で働いています。

その一つに腎臓の血流を低下させる作用があります。

腎臓は血液から尿を作り出す器官ですから、血流が減れば尿量が少なります。

さらにプロスタグランジンは膀胱の神経を刺激してオシッコに行きたくさせます。ロキソニンでこの働きを抑えることでトイレの回数を減らすというわけです。

ロキソニンが夜間頻尿に効く理由って、夜だけでなく昼間でももちろん同じ効果が期待できますからライブ・フェス・花火・映画などでもロキソニンが活躍するということになります。

ロキソニンはいつ・どうやって飲めばいい?

ロキソニンは飲んで30分もたたない内に最も効果を発揮し、その後3~4時間くらい作用が続きます。

家を出る前に飲んじゃうと早すぎて必要な時に薬の効果が切れることがありますので、現地に着いてから飲むべし!です。

注意!ロキソニンは補助に過ぎません

ロキソニンは尿を少なくする作用がありますが、全く出なくさせるものではありません。

水分をたくさん取ったり、アルコールを飲めば、トイレに行きたくなりますので注意してください。

あくまで「補助」です。

現地に着いたら時間のある内にトイレに行っておくことをおすすめします。

ロキソニンが二日酔いに良い理由

アルコールを分解するには、水分とエネルギーが必要です。

エネルギーは麺やご飯などのエネルギーになりやすい炭水化物を食べることが効果的で、水分はOS-1などの体に吸収されやすい飲料で補給することが重要です。

補給した水分が外に出て行かないようロキソニンで尿の生産を少なくさせておくと良さそうというのが分かりますよね。

ロキソニンの主効果で二日酔いによる頭痛も改善できますから一石二鳥の薬と言えます。

年間360日くらいお酒をたしなむ産業薬剤師です。こんばんは。 酒の失敗は数知れず。泥酔後の二日酔いのたびにする「酒を断つ決心」...

ライブ・フェス・花火・映画でう○こも薬で我慢したい!

めちゃくちゃおすすめの薬があります。

おすすめの下痢止めで紹介している「ピタリット」という薬です。

「ロペラミド」という成分が商品名のとおりピタッとう○こを止めてくれます。ロペラミドは医療現場でも下痢を止める最終手段で使用しますから効果は相当なものです。

男性ではいつも下痢気味・お腹が緩いという方って結構いるのではないでしょうか。 実は私もそうなんです。電車通勤が苦痛で仕様がない...

まとめ

痛み止めとしても効果が高いロキソニンですが、尿の生産を少なくする副作用があります。

ところが医療現場では、この副作用を逆に利用して夜間頻尿にも使用されています。

尿の生産を少なくする作用は、夜だけでなく昼でも期待できますからトイレに行くのが大変だとか時間がないライブ・フェス・花火・映画などで活用できる可能性があります。

う○こをピタッと止める薬も市販薬で発売されていますから、大も小も気にせずにイベントを楽しめますね!