ロトリガ、エパデール(DHA・EPA製剤)でダイエット可能か薬剤師が解説

シェアする

ロトリガ

このブログでは過去に何度か薬とダイエットについて紹介しておりますが、このブログへのアクセス解析をみると脂質異常の薬、特にロトリガやエパデールでのダイエットに興味がある方のアクセスが一定量あるようです。

過去にも薬とダイエットについて複数回記事を作成紹介しているのですが、ロトリガやエパデールについては触れたことがないので、今日はそのあたりについて紹介します。

ダイエットの原則は「消費カロリー>摂取したカロリー」にすることです。 どれほどの体重をどのような期間でやせるためにはどの程度の...
スポンサーリンク




ダイエットに効果が期待される薬の振り返り

上のリンクにある過去の記事では、ネット上でダイエットに効くとされる国内外の薬を紹介しています。
大きく2種類あって、体重減少効果が公的に認められて発売されている薬と本来は違う病気の薬として発売されているけど、薬が効くメカニズム的にダイエットに効果がありそうという薬です。

体重減少効果が公的に認められている薬の場合

日本では1つだけ、外国では複数種類が発売されていますが、体重減少効果と比較して負わなければいけない副作用のリスクが高いという評価です。

本来は違う薬の場合

GLP-1作動薬とSGLT2阻害薬という分類の糖尿病の薬では、実際に体重減少効果が認められていますが、注射薬しか発売されていなかったり、そもそも体重減少効果が継続されるかは少し怪しいという評価でした。

脂質異常症の薬はダイエットにどうなの?

ゼチーア錠の場合

上記の過去記事でも紹介していて、コレステロールの吸収を抑えたからってカロリーには関係なくダイエット効果はありませんとしています。

ロトリガやエパデールの場合

ロトリガやエパデールはどうでしょうか。

これらの薬が効くメカニズムは、肝臓で中性脂肪が作られるのを抑える、血液中の中性脂肪の分解を促進するです。

必要以上に摂った糖質は肝臓で中性脂肪にして脂肪として体に蓄えられるのですが、それが抑えられるということは食べ過ぎた分は体に蓄えられずにそのまま排泄されるということになります。

じゃあ、ロトリガやエパデールってやせる??

やせられるかというと少し意味が違ってきます。「食べ過ぎても太りにくくなる」可能性があるが正解です。

ねずみなどの動物での実験では体重増加の抑制作用があったようですが、人間での実験(治験)の結果としては公表されていないので、本当に人で効果があるかは分かりません。

ロトリガやエパデールの副作用

ロトリガやエパデールの有効成分は、魚油からとれるDHAやEPAですので副作用の懸念はとても低くて安心と言えると思います。

これまで私は、薬で体重をどうかするのは副作用とのバランスでやめた方がいいというスタンスでしたが、ロトリガやエパデールは魚油で安全ですし、ついつい食べ過ぎちゃう人には良さそうだなと思いました。

ロトリガやエパデールのその他の作用

血液をサラサラにする作用や血流を良くしたりする効果もこれらの薬には期待されますので、体重のことはおいておいても服用していてもいいかもしれません。

ロトリガやエパデールの入手方法

ロトリガやエパデールは脂質異常症の方への薬ですから病院を受診しても検査値に異常がなければ、医師は処方してくれません。しかし、これらの薬の有効成分はサプリメントで十分摂取可能で、しかも安く入手できます。

詳細は過去の記事をご参照ください。

中性脂肪を下げる効果がある医療用医薬品に「ロトリガ粒状カプセル」というものがあり、その中身は下記の成分・量です。 1...