薬剤師が解説 市販薬エパデールは誰得商品であること

epaderu

脂質異常症治療薬「エパデールS」が市販薬として発売されております。色々なブログ等で発売する意味が無いとの意見がでておりますが全くもって同感です。

以前に同じような成分の医療用医薬品「ロトリガ」がやっちまっている記事を書きましたが、今回も同じ手法で「エパデールS」の市販薬である「エパデールT」についてお伝えしたいと思います。

参考

https://industrial-pharmacist.com/?p=64

医療用のエパデールについて

医療用では、「エパデールS」という名称で販売されており、医師の診察と処方が必要な薬です。

エパデールS300、600、900の3種類が発売されており、それぞれイコサペント酸エチル(≒EPA)を300mg/包、600mg/包、900mg/包含んでいます。通常の飲み方は、900のみ1回1包を1日2回で、あとの2種は1回1包を1日3回服用しますが、900を1日3回服用している方もかなり多いと思います。

2016年現在の薬価は、それぞれ、39.9円/包、73.2円/包、105.4円/包です。

ただ、古い医薬品ですので後発品も発売されており最も安い物で揃えると薬価は、16.4円/包、30.4円/包、44円/包とかなりお安くなります。

ということで、1日の薬価と3割負担額は以下のとおりとなります。

  • 300を服用:49.2円~119.7円 ⇒ 約15円~約36円
  • 600を服用:91.2円~219.6円 ⇒ 約27円~約66円
  • 900を服用: 132円~316.2円 ⇒ 約40円~約95円(1日3回服用)

市販薬のエパデールについて

大正製薬と日水製薬の2社からそれぞれ「エパデールT」、「エパアルテ」の商品名で発売されました。しかし、後述の厳しい制限ために「エパアルテ」は2014年に販売中止しています。

エパデールTは、医療用のエパデールS600と全く同じ成分と量を含んでおり、服用回数も同じく1日3回です。

要指導医薬品ですので、インターネットでは購入できませんし、店頭で薬剤師から説明を受ける必要があります。

さらにこの薬は以下の制限も設けられています。

発売会社が設定した認定資格を持つ薬剤師からしか購入できない上に、購入希望者は、店舗で「セルフチェックシート」を使用して次の4点に該当する必要があります。

  • 健康診断などで中性脂肪値が150mg/dL以上である。
  • その結果をもって医療機関を受診した。(受診日と医療機関名を記入)
  • 通院治療は不要と診断された。
  • 服用できない疾患が無い(出血がない、脳・循環器疾患など)

販売価格は、店舗によって異なるんでしょうがメーカーホームページでは、5800円/42包ですから、1日分の価格は約414円となります。

エパデールTに規制が多い理由

ずばり医師会が反発しているからです。

色々な慢性疾患の医薬品が市販薬化してしまうと医療機関を受診してくれなくなり経営に影響を及ぼしかねなくなるからです。

エパデールを市販薬化すること自体はどうだっていいと思っていると思いますが、これをすんなり認めてしまうと血圧の薬や糖尿の薬など、経営に直撃してしまう薬が次々と市販薬化してしまうのを恐れているからです。

質のあまり高くない薬剤師もおりますので、薬剤師を完全に信用できないのも一因かもしれません。

でも医師会の会員からしてみれば、職業団体の活動としてとてもすばらしいことだと思いますがね。薬剤師会も見習ってもらいたいものです。

サプリメントのEPAについて

実は、サプリメントとしてもエパデールと同じEPA製剤は発売されています。

医薬品との違いは、「効果が検証されているか」の違いです。(製造体制もあります)

サプリメントのEPAとエパデールの成分は、それぞれイコサペント酸とイコサペント酸エチルです。

「エチル」が付いているか、付いていないかだけの違いです。化学的にいうと「エチルエステル」があるかないかです。

しかし、エチルエステルは体内ではすぐに分解されてイコサペント酸に変化するため、体の中に入れてしまえば同じ成分になってしまします。

エパデールで脂質を下げる効果があるならサプリメントでもEPAにも当然あるでしょうと推測できます。

さらに2015年からは「機能性表示食品」制度が始まり、EPA製剤は医薬品と同じく「中性脂肪に効果ある」と消費者庁が認めています。

EPAを配合しているサプリメントで、ネイチャーメイドの「スーパーフィッシュオイル」があります。1粒にDHAを108mg、EPAを162mg含んでおり、価格はアマゾンで1,138円/90粒です。

入っているEPA量から勘案するにスーパーフィッシュオイルを1回4粒飲めば大体市販薬のエパデール1包に相当します。

価格では、エパデールTは約414円/日かかるのに対して、スーパーフィッシュオイルでは約152円/日でかなり割安です。しかも血をさらさらにし、脳にもいいとされるDHAも大量に摂取できるというおまけつきです。

大型スーパーのコストコで販売されていればさらにお得に購入できるかもですね。

まとめ

脂質異常症治療薬「エパデールS600」と全く同じ物が市販薬として「エパデールT」という名称で発売されています。

しかし、医師会のがんばりもあって、他の市販薬よりも厳しい販売規制が敷かれているのに加えて、非常に高価な価格設定となっています。

機能性表示食品のサプリメント「ネイチャーメイド スーパーフィッシュオイル」を1日12粒摂取すれば、エパデールTと同程度のEPAに加えてDHAも摂取できて、さらに安価であることが判明しました。

ただ、スーパーフィッシュオイルも医療用の「エパデールS」には価格では到底太刀打ちできません。

  • 医療用エパデールS600の一日薬価 :約27円~約 66円
  • 市販薬エパデールTの1日価格    :約414円
  • スーパーフィッシュオイルの1日価格:約152円

従って、市販薬のエパデールを購入するために医療機関を受診しなければいけないのであれば、そのまま医師に医療用を処方してもらった方が価格を抑えられて、さらに安心感も得られるでしょう。

医療機関を受診して通院が不要とされた人がエパデールTが必要とは思えませんし。

ということでエパデールTは「誰得?」という市販薬ですね。「エパアルテ」が販売中止にするのもうなづけます。

参考エパデールでダイエットに興味のある方はこの記事も参照

https://industrial-pharmacist.com/?p=1283

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です