企業内で働く「産業薬剤師」の仕事内容・転職する方法を紹介

sangyo yakuzaisi

病院や調剤薬局などでの薬剤師は、その時代に話題になっている最先端の仕事をして、日々薬剤師道に磨きをかけることが求められていますが、私のような産業薬剤師は少し異なります。

私は「産業薬剤師」と勝手に名乗っていることからもわかる通り、企業内の診療所で薬剤師としての業務に加えて、保健師や看護師と一緒に産業保健の仕事を行っています。

この記事では、産業薬剤師が一般的な医療機関での薬剤師とは仕事内容や考え方を少し変えて仕事を行わなれければならないことを中心に産業薬剤師が考えていること、産業薬剤師になるためにはついて紹介します。

企業に必要な医療職

法令上では企業に必要な医療職は、産業医のみです。

しかし、産業医の実態はバイトであることがほとんどですから、社員の健康増進のための色々なイベントや施策を考えて確実に実行するためには産業医をサポートする社員が必要です。

それを担当する多くは、人事部門や安全衛生部門に配属されている医療職以外の方が担当されてるのが通常ですが、体力に余裕があったり健康について力点を置いている企業では保健師や看護師など社員への保健指導を行える医療職を採用しているケースもあるでしょう。

さすがに薬剤師を採用している企業は稀でしょうが。
参考
東京労働局 ⇒ 「総括安全衛生管理者」 「安全管理者」 「衛生管理者」 「産業医」のあらまし

産業薬剤師は、薬のこと以外への視野も必要

企業に薬剤師として勤務したとしても、薬の調剤だけでなく少しでも会社に利益をもたらす活動をし、私たち自身で存在意義をアピールし続けなければいけません。

いつもアイデアをひねり出して、薬とは直接関係なくとも社員の健康増進のために必要なことであれば、私たちは企画書を書き上司に意見具申を行っているのです。

そうしたことは会社や上司からも同じことを期待されています。

薬のことだけしかできない薬剤師は企業には不要です。産業薬剤師は、もっと大きな視点で会社全体に何が貢献できるかを常に考えられる薬剤師でなければいけません。

企業内診療所に最先端の治療は不要

企業内にある診療所は企業によって位置づけが異なるとは思いますが、多くの企業な診療所はちょっとした応急処置をするだけで、それ以上の治療が必要な場合は、然るべき医療機関に迅速に搬送することが役目。

従って、どんなに有望な治療法だろうが、企業診療所の守備範囲を超える治療法や薬は不要になります。

また、企業内診療所での担当範囲の医療であってもエビデンスが蓄積されておらずリスキーな治療方法や薬は採用するわけにはいきません。

企業内診療所はあくまで応急処置をする場ですから、専門医療期間へのつなぎ的な役割が求められます。

従って使用する薬や治療内容は、最も標準的かつ安全で、スムーズに専門医療機関での治療につながるものであることが必要です。

製薬会社の営業さんからは、「画期的な薬です」、「今までの薬とは効果や副作用で格段にいいです」などと宣伝に来られますが、広く認知されていないものは採用できるはずがありません。

企業内診療所ではリスクをおかす必要はなく、安全に使用できるエビデンスが物を言います。当然それは薬に留まらず、臨床検査や画像検査などにも同様なことがいえます。

私が担当した薬とは直接関係ない業務

色々とありすぎるので一つだけ紹介すると2016年頃から産業保健分野で最も話題になっている「健康経営」があります。

健康経営とは、社員の健康保持増進を経営問題として捉えて投資をしていきましょう、そうすれば投資以上のリターンが見込めるというものです。

ただ、健康は機械と違ってどれだけ投資したらどれくらいリターンがあるのかをはっきりさせることが難しいので、役員の理解がなかなか得られず結構苦労しています・・・。

https://industrial-pharmacist.com/category/%E5%AE%89%E5%85%A8%E5%AE%89%E5%BF%83%E3%81%AB%E5%83%8D%E3%81%8F/%E5%81%A5%E5%BA%B7%E7%B5%8C%E5%96%B6/

産業薬剤師になるためには

薬剤師を募集する企業は、社内に診療所があってある程度の量の薬が処方される所に限られると思います。

上述のとおり幅広く仕事をこなす必要がありますので、即戦力が求められるため多くの求人は中途採用となります。

但し、即戦力といっても年齢を重ねている方は除外されるケースが多いでしょう。

企業は給与体系がきっちり決まっていますし、年功序列的な人事制度であることが多く、給与面や人事処遇の面でどう扱ったらいいのか分かりにくい方は中途採用の対象にはできません。

さらに余程の事情がなければ増員は行わないと考えられますので、欠員補充しかないのではないかと思います。

どの会社に薬剤師がいるのかを出入りの薬の卸やメーカーに聞いておき、採用情報のアンテナを高く張っておくことが必要かと思います。

そしていつそのような求人があってもいいように幅広い医学・薬学の知識はもちろんのこと、企画提案力などを養っておくことも必要かと思います。

新聞やちらし、インターネットを見ると稀に企業の薬剤師を募集をみかけることがありますので、情報を見逃さないようにしてください。

また、結構地域限定で募集することがありますので、入りたい企業があるようだったら家族や友人などにも言っておくといいと思います。

当然ながら転職サイトには登録しておくべきです。

薬剤師を採用するような大企業は、大手の転職サイトを利用します。情報をもらさないためリクナビやマイナビといった大手の薬剤師転職サイトに登録しなければいけません。

リクナビ薬剤師の登録はこちら

マイナビ薬剤師の登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です