CRO、SMO、卸・商社など企業で勤める薬剤師の仕事内容・年収・就職、転職対策

薬剤師の就職先は、薬を直接取り扱う製薬会社、病院、調剤薬局、ドラッグストアだけでなくて、そういった所が円滑に業務を回せるようにする会社にも活躍できる場があります。

製薬関連会社は、製薬会社の研究開発のサポート、営業のサポートなど製薬会社機能のほとんどをカバーできる会社や医療機関での業務をサポートする会社があります。

また医薬品卸では社員の研修講師をしたり医薬品管理をする上で支店に一人は薬剤師が必ず在籍しています。

この記事では薬剤師の主な就職先として、患者さんへ円滑に必要な薬を届けることをサポートする製薬関連企業、医薬品卸の給料やワークライフバランスといった特徴や就職転職についてお伝えします。合わせて、薬剤師が活躍できる業種や会社の例も紹介します。

なお、この薬剤師の主な就職先シリーズは次の4つの記事で成り立っています。(すみません。まだ記事が完成しておらず一部しかリンク設定できておりません)

製薬関連企業(SMO,CRO)

概要・特徴

製薬関連企業は、製薬会社に営業担当者を派遣する「CSO」、製薬会社からの臨床試験を受託する「CRO」、病院側で臨床試験(治験)をサポートする「SMO」が主なものです。

それぞれ規模の大小があって従業員数人の企業からCSOやCROの中には世界規模で活躍しているグローバル企業もあります。特にCROの中には製薬会社の臨床開発業務が全て請け負える程の大きな会社もあります。

それぞれの会社の詳細は次のとおりです。

CSO:Contract Sales Organization

製薬会社にMRを派遣する会社です。

このMRのことをコントラクトMRといいます。「コントラクト」とは「契約」という意味で、派遣や請負のMRということになります。

製薬会社のMRの記事でも紹介していますが、MRの働き方はだんだん多様性が広がってきており、このようなコントラクトMRもたくさんいます。

ちなみにですが個人事業というかパートのMRなんていうのもあります。これは結婚などでMRを退職した主婦などに製薬会社から直接案内が来るケースがあるようです。

どちらにして仕事内容はMRと同じです。

CRO:Contract Research Organization

製薬会社から臨床試験を受託する会社です。

病院訪問をし、試験実施依頼から結果回収をおこなうモニター(CRA)を派遣して製薬会社の人員を補う他、臨床試験そのものを請負って自社内で臨床試験を完結させる場合もあります。

会社規模によっては、統計や品質監査をも受託でき、臨床試験全てが行える会社も存在します。

派遣や請負の臨床開発職ですから仕事内容も製薬会社のそれと基本的には同じです。

SMO:Site Management Organization

病院に治験コーディネーター(CRC)を派遣し、円滑に臨床試験を運営できるようサポートする会社です。

SMOは臨床試験可能な医療機関とあらかじめ契約をしておき、製薬会社にそれを紹介するケースが多いです。

治験では通常の診療にはない特殊な検査などを行いますから医師の診察のサポートをしたり、製薬会社に治験結果を報告する専用の報告書の作成サポートを行います。

また、治験に参加している患者さんと面談をして、治験の説明をしたり治験参加への同意を取得したりと医療機関側で行う諸業務を一手に引き受ける会社です。

CRCの場合は、看護師や臨床検査技師が多くて、薬剤師が担当しているケースはそれほど多くありません。

給料の面

会社の規模や給料規定によって様々だとは思いますが、通常は派遣先の製薬会社での同じような経歴で同じような業務の担当者よりは給料は低いです。

例えば製薬会社のCRAの給料にはCRO社員は届きません。コントラクトMRでも同じです。

ただ上述の世界規模のCROでは、製薬会社とそうは変わらない印象です。

SMOでは薬剤師にとっては、薬局やドラッグストアで働いていた方が給料がいいとは思いますが、どれだけ出世できるかにもよります。

仕事の面

いずれもいわゆる派遣社員・請負社員ということになります。

CROなら製薬会社の臨床開発職であるCRAとして、CSOなら製薬会社のMRとして、SMOなら医療機関のスタッフとして業務を担います。

製薬会社や医療機関のスタッフと同じ業務内容になります。

ワークライフバランス、就職転職

ワークライフバランス

業務の繁閑は、担当プロジェクトのスケジュールによるものが大きいですし、派遣社員ですから本籍会社からの指示がどうであるかにもよります。

CSOやCROの社員は暦どおりの休日に加え、有給休暇も取得しやすい環境であると考えられますが、SMOの場合は派遣される医療機関次第になってしまうでしょう。

ただ、一般的に考えられることですが、派遣社員・請負社員というのは立場的に弱いですから、場合によっては扱いが悪いこともあり得ます。

新卒での就職

CSOは、原則営業経験者が中途で入社するため新卒は採用していません。

CROやSMOは薬学部以外からも応募するために競争率はとても高いです。またSMOもですが、特にCROでは製薬会社の臨床開発職に内定できなかった場合に応募することが多いため、内定を掴み取ることは容易なことではありません。

面接時では、「なぜ製薬会社ではなくてCROなのか、SMOなのか」を納得いく説明が求められます。

これは結果ではなくプロセスや考え方を重視した物で、入社後の仕事振りをある程度想像できる能力の高い方を採用するコンピテンシー面接という手法を知って対策を行っておくことが必要です。

詳しくは製薬会社MR編をご覧ください。

https://industrial-pharmacist.com/?p=282

転職での就職

転職は難易度は少し下がりますが、やはり製薬会社と同じであると考えられます。

募集要件も製薬会社よりもハードルが下がりますから、製薬会社での募集要件に満足できない場合にまず第一歩としてチャレンジするといいのではないかと思います。その後に実績を詰めると製薬会社へステップアップできると思います。

https://industrial-pharmacist.com/?p=282

医薬品卸

概要・特徴

一部の市販薬・医療薬(後発品)を除いて、薬は基本的に製薬会社から商社である医薬品卸を経由して医療機関に販売されます。

商社は仲介手数料で利益をあげるのが通常ですが、薬の値段は公定価格で厳しい値段が設定されていますから仲介手数料ではあまり利益が出ません。利益の中心はある薬を一定量以上販売した場合の製薬会社からのキャッシュバックです。

そのため医薬品卸は、薬を医療機関に納品する物流機能と製薬会社のMRと同じような情報提供機能を持ち合わせており、「MS」と呼ばれる営業マンにもその両方の知識やスキルが求められます。

また医薬品卸は適切な環境で薬を管理する「管理薬剤師」が支店に一人は必要で、医薬品卸で勤務する薬剤師はMSではなくて管理薬剤師であるのが通常です。(研修としてMSを経験することはあります)

仕事は医薬品管理の管理薬剤師業務だけでなく病院や薬局からの問い合わせ対応やMSへの薬の研修や営業活動のサポートも行います。

給料の面

MSは、MRと同じような仕事をするにも関わらず給料は同程度にもなりませんので、薬剤師がMSになると給料面では満足できないと思われます。調剤薬局やドラッグストアでの薬剤師の方が給料がいいと思います。

これはメーカーと商社での利益率の違いでもありますし、同じ商社であっても三菱商事などの総合商社と比べて仲介手数料でほとんど利益が出ていないのが理由だと思います。

また今は合併が進み過ぎて大企業ばかりになってしまいましたが、私が薬剤師になりたての頃は規模の小さい医薬品卸がたくさんありました。これは各製薬会社が自分の息のかかった医薬品卸を量産していた結果だと思います。

かつては卸によって扱えるメーカーが限定されていたというのもこの理由になると思います。そういった意味で「下請け」的な役割でしたので給料は製薬会社には及ばないということになると思います。

そうは言ってもどれだけ昇進できるかにもよります。支店長などの要職に就ければ当然薬局での薬剤師よりはるかに待遇がよくなるでしょう。

一方、管理薬剤師の給料は、薬局・ドラッグストアの平均的な薬剤師と同程度です。ただスズケンを中心とした古くからある大企業では福利厚生制度がしっかりとしていますし、社会的信用度もありますから安定的にサラリーマンを続けていきたいということであればいい職場となるでしょう。

仕事の面

最近では物流機能とMS機能を完全に分けている会社が多く、薬の納品だけをする担当者、情報提供や営業活動をする担当者(MS)と別にいますが、まだまだMSが薬を納品することも多いです。

従って、MRと似ているけど少し違う、頭も体も使うという面があります。

管理薬剤師の場合は、薬の管理や問い合わせ対応であればそれほど難しいことではありません。しかし、MSのサポートとなると幅が広がります。

上述しました医薬品卸の利益の要である売らなければいけない薬へのノルマがMSには課せられます。それに薬剤師の知識を持っていかにサポートできるかが腕の見せ所かと思います。管理薬剤師が作成した資料でMSが営業して売上げが多く伸びたなんて話も聞きます。

ワークライフバランス、就職転職

ワークライフバランス

数年前に合併が一気に進んだことから大企業が多くなりました。

その関係でひと昔前に比べてワークライフバランスはかなり向上したと思います。実際に残業規制があると言っていたMSもおりました。

ただ薬の納品はまだしも営業活動は、医療機関の営業時間外に行うのが通常であるため、病院や薬局が落ち着く夕方は繁忙時間ですから常に早く帰宅できるということはなかなか難しいでしょう。またMRと同じように医師会や薬剤師会の勉強会があれば休日や夜間の手伝いがあります。

さらに土日も診療をしている医療機関はたくさんあるので交代で休日出勤がありますし、担当医療機関が診療を行っている時は有給休暇はなかなか取りづらいようです。

管理薬剤師の場合は基本的には残業はなくて各会社で定める定時間内で業務を終えることができるでしょう。

MSだろうと管理薬剤師であろうと雇用形態によっては全国転勤になる可能性があることも心しておくことが必要です。

新卒での就職

MSへの就職は、製薬会社MRと同じく大学の全学部から応募がありますからかなり狭い門でしょう。

管理薬剤師は複数人は不要ですから欠員募集しかしないと思います。従って、就職活動をする時にちょうど募集がなければ応募することすらできないと思います。(ちなみにスズケンの実績だと15人程度/年は採用しているようですが)

MSにしても管理薬剤師にしても「なぜMSなのか、管理薬剤師なのか」を面接で言えるように準備が必要です。

このあたりはMRの就職活動への対策記事が参考になると思います。

https://industrial-pharmacist.com/?p=282

転職での就職

MRへの転職情報ってたくさんありますが、MSへの転職情報ってあまり見ません。

即戦力の中途を採用する業種ではないのかもしれませんが全くないとはいえません。インターネットで調べてみたら少しはありそうでした。

転職エージェントを使えばもっと情報が出てくると思います。やはり大企業が使う転職エージェントは大きい会社が多いですからそのような転職エージェントに登録するようにしましょう。

なお、管理薬剤師の正社員は同じように転職エージェントを介した方がいいとは思いますが、新聞チラシにも掲載されていることがあります。

多分これはパートか契約社員だとは思いますが、そういったものも念入りにチェックしておくのもいいでしょう。

例えば、マイナビ転職リクナビNEXT、インテリジェンスの「DODA」があります。

その他の会社や業種

4つの記事で紹介してきた薬剤師の主な就職以外にも薬剤師が就職している会社や業種がたくさんあります。例えば次のような会社です。

  • 化粧品メーカー(DHCなど)
  • 日用雑貨メーカー(花王、P&Gなど)
  • 化学薬品メーカー(三井化学など)
  • 大学などの各種研究機関(理研など)
  • 総合商社(住友商事など)

医薬品に近い製品の製造、医薬品原料の製造、医薬品の輸入というところで薬剤師が活躍できそうです。

さらには警察の化学捜査班、厚生労働省の麻薬取締官(麻薬Gメン)といった職業も薬剤師がかなり働いています。

ちなみに私が今勤めている会社の本業は化学系ではありませんが、社員の中には薬剤師免許を保有している方がいるようです。

特に新卒では即戦力ではなくて、その人のポテンシャルで採用することが多いですから、うまく就職活動をすればどの会社にだって採用される可能性は秘めています。

必ずしても薬剤師の就職先は、病院や薬局といった医療機関、製薬会社や健康関連企業だけではありません。どういう仕事につきたいかを真剣に考えてどうすればそういった会社に就職できるかを調査してそれに向けて活動すればきっと希望は叶うでしょう。

まとめ

製薬関連会社、医薬品卸を中心に仕事、給料、ワークライフバランスの特徴や就職・転職時の注意点を紹介しました。

製薬関連会社は製薬会社や医療機関をサポートする立場の会社です。また医薬品卸は円滑に薬が患者さんの手元に届くようにするために必要な会社です。

いずれも社会的貢献度の極めて高い重要な会社です。

給与や待遇の面では製薬会社の方がやはり良くなってしまうケースが多くなってしまう一方で、採用されるのは簡単ではなくて製薬会社のMRでの就職活動で紹介したような面接対策をしっかりとしておく必要があります。

シリーズで紹介してきた薬剤師の主な就職先である病院や薬局、製薬会社やその関連会社だけでなくて、化学薬品メーカーや総合商社などでも薬剤師は活躍できる可能性を秘めています。

業種を決めつけて就職活動を始めるのではなくて、まずは自分の将来像を考えてから業種を絞っていく、他の大学生と同じような就職活動をすることをおススメします。

新卒でなければそういったことも難しいですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です