お茶・ジュース・コーラ・酒など水以外で薬を飲むリスクを薬剤師が解説

シェアする

「薬は水やぬるま湯で飲みましょう」は有名な話で、薬は水で飲むものと教えこまれていますよね。

でも、ビールなどのアルコールと薬は一緒に飲んではいけないことは何となくわかるが、お茶やジュースくらい良いじゃないか!と思いませんか?体の中に入れば、胃の中で混ざるから何で飲んだって一緒だろ?と思いますよね。

私もそう思っていました。薬剤師になるまでは。

でも実際には、たかが飲み物だけど薬の効果が効きすぎて命に関わったり、せっかく飲んだ薬が効かなかったりとすることがあり得ます。

そこでこの記事では、お茶、牛乳、ジュースなど水以外で薬を飲んだ時のリスクを薬と該当する飲み物の組み合わせを具体的に紹介して解説します。

あと、「胃の中でどうせ混ざるから何で飲んだって一緒だろ?」って話の解説ということで、薬と同時に飲むとどうなる、薬と別々に飲んだらどうなるかも踏まえて解説します。

では行きましょう!

スポンサーリンク




薬を飲むのにオレは何にも飲まねぇぜってのはやめよう

薬を飲むのに水などなにも飲まない方って思っているよりもいます。

これ薬剤師になって衝撃だったんですが、「薬は何で飲んでる?」って聞くと「何も飲んでません」って回答が結構あるんですよ。

でもね、これはやめてください。

特に錠剤やカプセルを水なしで服薬するとスムーズに胃まで到達できずに食道で止まってしまう可能性があります。

そこで薬が溶けてしまうと炎症が起こってしまい、ひどいと穴が開いてしまうことがあります。

飲み物は薬を安全に飲むために必要なんですね。

薬を飲むには、何か必ず飲まなければいけないってことを踏まえて次に進みましょう。

全ての薬は水で飲まないといけないの?

実は、薬と飲み合わせの悪い飲み物は、一部の薬と一部の飲み物の組み合わせだけです。

薬一つずつ、飲んではいけない飲み物を確認すれば水以外で飲める薬はたくさんあります。

でもそれを覚えるのは大変だし、万が一間違ってしまったら大変なことにもなりかねませんので、「薬は水で飲みましょう」とされているのです。

水といっても硬水や熱湯はやめましょう

あとでも紹介(牛乳のところ)しますが、カルシウムやマグネシウムといったミネラル分は薬との相性がよくありません。薬と一緒に飲むとミネラルが薬とくっついて効果が弱まってしまいます。

エビアン、ペリエ、コントレックスなどの硬水のミネラルウォーターは、単なる水ではあるものの薬を飲むときには適していません。

この場合は薬と一緒に飲まなければOKのため、薬を飲んでから2時間経過すればミネラルウォーターを飲んでも構いません。

熱湯は、薬を化学的に変化させてしまう可能性があります。薬が効かないとか予期せぬ副作用のリスクを上げます。

ゴクゴクと飲めるくらい温度の水で飲むようにしましょう。

飲み合わせの悪い「薬×飲み物」を紹介

お茶×貧血の薬

ほんの数年前まで、フェロミアなど貧血の薬である鉄剤を服薬する時はお茶と一緒に飲んではいけないとされていました。

これはお茶に含まれる「タンニン」という成分が鉄と結合してしまい、薬の効果が弱まってしまうためと考えられていました。

ところが研究が進んで現在では、特別に濃いお茶でなければ一緒に飲んでもいいとされています。

従って、水が手元になければ麦茶などで服用してもOKです。

アルコール×いろんな薬

アルコールは色々な薬と相性が良くないことは言わずもがなですね。

薬とアルコールを一緒に飲むものダメだし、薬が効いている間はアルコールを飲むのもダメです。なので薬を中止するまではお酒はダメってことです。

一緒に飲んではいけない理由は、アルコールは水に溶けない成分も溶かす作用があるため、薬と同時にお酒を飲むと薬が想定外に溶けたりして、効果や副作用に影響してしまうためです。

服薬中はアルコールを飲んでいけない理由は、アルコールは肝臓に働いて薬の分解に影響しますから、薬が効きすぎたり・効果が弱くなったりするためです。

ただ、アルコールは全く関係ない薬もあることも事実です。

会食や接待などでどうしてもお酒を少しは飲まないといけない時は、こっそりと薬剤師に相談してみてください。

グレープフルーツジュース×高血圧の薬など

結構有名な話なのでご存知の方も多いと思います。

グレープフルーツジュースは、肝臓の薬を分解する酵素の働きを弱めてしまい、その酵素によって分解される薬の効果を強めてしまう作用があります。

ノルバスク、アジルバ、カルブロックなどのカルシウム拮抗薬と呼ばれる高血圧の薬やクラリスなどの抗生物質が有名です。その他にもたくさんあります。

作用から考えられるとおり、薬と同時に飲むといけないというより、薬を飲んでいる間はずっとグレープフルーツジュースは飲んではいけません。

他の柑橘系も注意が必要で、「ブンタン」、「スウィーティー」、「ハッサク」、「夏ミカン」、「ダイダイ」などもダメです。逆に冬にコタツで食べるイメージのある温州ミカンは問題ありません。

牛乳×一部抗生物質

牛乳に含まれるカルシウムなどのミネラルが、ビブラマイシンやバクシダールなどの一部抗生物質と反応してしまい、抗生物質の効果が弱くなってしまいます。

この場合は、薬と一緒に飲まなければ大丈夫なので、服薬後2時間あければ全く問題なく牛乳が飲めます。

フルーツジュース×アレグラなど

グレープフルーツジュース、リンゴジュース、オレンジジュースも一部の薬で飲み合わせが良くありません。

グレープフルーツジュースは再び出てきましたね・・・。

これらのフルーツジュースは、腸から体内への薬の運搬能力を悪くする作用があって、その運搬を使って体内に取り込まれる薬の効果を弱めてしまいます。

花粉症などの治療で使われる抗アレルギー薬の「アレグラ」、高血圧治療薬「テノーミン」や「セレクトール」が該当します。

この場合は、薬と同時に飲んではいけないというより、薬を飲んでいる間はやめておいた方がいいでしょう。

コーラ×アスピリン・制酸剤

アスピリンは、鎮痛薬であり、解熱薬であり、血をサラサラにする薬で、100年以上前から使われている歴史ある薬です。

市販薬では「バファリン」で有名です。

コーラに限らず、栄養ドリンクを含む炭酸ジュースの全てが、アスピリンと飲み合わせが良くありません。

炭酸は酸性でアスピリンを溶けにくくします。薬は溶けて体に吸収されてナンボですから、薬が溶けなければ始まりません。

従って、コーラなどの炭酸は、アスピリンの効果が遅くなったり弱くなったりする影響を与えます。

アスピリンに限らず酸性だと溶けにくい薬は全てに該当します。

また、胃薬の内、胃酸を中和させる制酸剤もコーラなど炭酸と相性がよくありません。制酸剤はアルカリ性であり炭酸飲料と反応してしまい、肝心な胃酸の中和がなされなくなってしまいます。

この場合は、薬と同時に炭酸を飲まなければ大丈夫で、服薬後2時間あけられるとベストです。

コーヒー・紅茶×風邪薬・頭痛薬

コーヒーや紅茶にはカフェインが多く含まれています。

また風邪薬や頭痛薬には痛みを軽減する目的でカフェインが配合されており、薬と飲み物の両方からカフェインを摂取することになり、カフェイン中毒の副作用が起こるリスクが高まります。

手の震え、心臓がドキドキする、頭痛がするなどです。

この場合は、薬を飲んでいる間はずっと避けるべき飲み物になります。

まとめ

薬は水で飲みましょうと言われる理由を具体的な薬と飲み物の組み合わせを用いて紹介しました。

アルコールはもちろんのこと、牛乳、コーラ、コーヒー、フルーツジュースも薬と相性が良くない事例があります。

全ての薬がこうした飲み物と相性が悪いわけではありませんが、全く問題なく服薬するためには、やはり水で薬を飲みましょうってことです。

水といってもミネラル豊富な硬水のミネラルウォーターやアツアツのお湯は避けましょうね。