新しい胃薬 機能性ディスペプシア治療薬アコファイド錠

Acofide

2013年6月にアコファイド錠という新しい胃薬が発売されました。

同じような分類の薬は古くから使用されてきましたので薬としては際立って新しいということではありませんが、アコファイド錠が使用できる病気が「機能性ディスペプシア」という聞きなれない病気であるところがが他の薬と少し違います。

ということで、この記事では新しい胃薬アコファイド錠の詳細と機能性ディスペプシアとはどのようなものなのかについて紹介します。

アコファイド錠が使用できる病気(症状)

「機能性ディスペプシアにおける食後膨満感、上腹部膨満感、早期満腹感」がこの薬を使用できる病気(症状)になります。

少し小難しく聞こえる機能性ディスペプシアとは具体的には下記のとおりで、とてもありふれた胃の症状になります。

機能性ディスペプシアとは

内視鏡検査、バリウム造影検査などを行っても異常がないにもかかわらず、胃の痛みや胃もたれなどの症状が長期間にわたって続く病気のことです。

ピロリ菌に感染していても胃に異常がなければ機能性ディスペプシアと診断されます。

近年新しく確立された診断名で、今まで原因不明で「慢性胃炎」や「神経性胃炎」と診断されていたものが、機能性ディスペプシアと呼ばれるようになりました。

胃の調子が悪いと医療機関を受診する方の半分くらいがこの病気に該当し、年をとると何か調子が悪いなぁと感じる多くの場合がこの病気であることが多いようです。

また、日本人の4人に1人がかかっている調査結果もありますので、誰でもかかる可能性がある病気です。

機能性ディスペプシアの主な症状

以下の4つが主な症状です。

  • 食後の胃もたれ
  • すぐにおなかがいっぱいになる(早期飽満感)
  • みぞおちが痛い(心窩部痛)
  • みぞおちの焼ける感じ(灼熱感)

機能性ディスペプシアの診断基準

機能性ディスペプシアは、機能性消化管障害の国際的診断基準であるRome基準により定義されています。

次の①の症状の中から1つ以上と、②の状態の両方を満たす場合に限られます。

①の症状

  • 辛いと感じる食後のもたれ感
  • 早期飽満感
  • 心窩部痛
  • 心窩部灼熱感

②の状態

  • 上部消化管内視鏡検査などにて症状を説明可能な器質的疾患がない
  • 以上が、半年以上前からあり、少なくとも最近3ヶ月に上記診断基準を満たす

機能性ディスペプシアを予防するために生活で気をつけたいこと

原因がはっきりしない病気ですので、はっきりしたことがいえませんが、一般的に以下のことに注意することで胃への負担を軽減させるといいと考えます。

  • できるだけ決まった時間に食事をとる
  • よく噛んでゆっくり食べる
  • 腹八分目にする
  • 揚げ物や辛いものなど胃に負担のかかる食事をとり過ぎないようする
  • 食後には休息をとる
  • 十分に睡眠をとり、ストレスや疲れをためないようにする
  • 適度な運動をする
  • アルコールは摂りすぎない

アコファイド錠について

作用の仕方

アコファイド錠は、副交感神経の神経伝達物質であるアセチルコリンの分解させてしまうアセチルコリンエステラーゼを阻害して、アセチルコリンの量を減らさないようにして副交感神経を活発化することで消化管の動きをよくする薬です。

特徴

同じ消化管の動きを良くする薬にガスモチン、ガナトンがあります。
ガスモチンは、胃などにあるセロトニン5-HT4受容体を刺激して、アセチルコリンの量を増やす働きをします。

一方、ガナトンはドパミンD2受容体拮抗作用によってアセチルコリンの量を増やすと共にアセチルコリンエステラーゼの阻害作用によってアセチルコリンの量が減るのを防いで効果を発揮します。

ということで、アコファイド錠はこれらの薬ととても似通った薬で特段目新しい薬ではありません。

新しい所は、「機能性ディスペプシア」という新しい概念の病気に対して効果があることを厚労省が認めている所です。

まとめ

特に異常が無いのに胃もたれや胃痛が起こる場合は今までは慢性胃炎といった病名で診断されていましたが、最近では機能性ディスペプシアの診断方法が確立し、そのように診断がつけられるケースが多くなってきました。

アコファイドはこれまで慢性胃炎に使用されてきた治療薬ガナトンやガスモチンと比較して、薬の効果の面では目新しさはありませんが、機能性ディスペプシアという病気に使えるという面で新しい薬です。

参考

https://industrial-pharmacist.com/?p=2357

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です