薬剤師が徹底解説 正しい目薬の使い方・順番と注意事項

eye

点眼薬・目薬は、病院で処方してもらう医療用医薬品のみならずドラッグストアなどで購入できる市販薬としても幅広く販売されていますが、正しい使い方ってあまり知られていません。

特に市販薬では医師や薬剤師から説明を受けることなく購入できますから適当に使っている方って相当数いると思います。

ということでこの記事では、コンタクトレンズを使っている方や花粉症の治療として目薬を使っている方が多いと思いますので、一般的な目薬の使い方や注意事項をお伝えしたいと思います。

あくまで一般的な目薬での使い方ですから、眼科を受診されている方では医師や薬剤師からの話とくい違う場合があるかもしれません。その場合はこの記事ではなく医師や薬剤師の話の方を守るようにしてください。

正しい目薬の使い方

まずは、必ず自分専用の点眼薬を用意してください。家族や友人など他の人とは共用しないようにしてください。

感染性の病気を持っていると目薬を共用するとうつってしまう可能性があります。

その上で、次のとおりに使いましょう。

  1. 石けんで手指をきれいに洗います
  2. 容器の先端を触れないようにキャップをはずします
  3. 濁っている点眼薬(懸濁液)の場合はキャップをはずす前に良く振ります
  4. 下まぶたを下げてポケットを作ります
  5. 容器がまつげに触れないようにして1滴をそのポケットにいれます
    (目には1滴しか入りません)
  6. 1分程軽く目頭(目と目の間)を押さえます
  7. あふれた液は清潔ティッシュなどで拭き取ります
  8. 使い終わったら、冷所や遮光などその点眼薬の貯法に従って保管します

複数種類の目薬を使う場合の注意事項と使用する順番

目には1滴分しか薬液が入りません。

5分すると体に吸収されますので1つ使用したら5分以上あけて次の目薬を使用しましょう。そうしないとどちらかの目薬が目からこぼれ落ちてしまい、効果が弱まってしまう可能性があります。

それを踏まえて目薬を使う具体的な順番

優先度の低い薬を先に使い、優先度の高い薬を後に使用します。

良く効かせたい目薬、重要な病気の目薬が優先度が高いと考えてください。なので、一般的には潤いを与えるだけのような目薬は優先度が低く、緑内障治療の目薬が優先度が高くなります。

但し、目薬が濁って見えるような薬が完全に溶けていない懸濁液の場合は、吸収されにくいので後から使用します。また、油性点眼薬と眼軟膏は水をはじきますし、ゲル化する薬はうすい膜ができてしまい後の目薬の効果が弱まってしまうために一番最後に使用します。

まとめると次の順番で使用することになりますが、医師や薬剤師から違う説明がある場合はそちらを優先してください。

  1. 優先度低い水溶性点眼薬
  2. 優先度高い水溶性点眼薬
  3. 懸濁性点眼液
  4. 油性点眼液
  5. 眼軟膏

なお、刺激性がある場合は涙が出やすく後に使った目薬が流れてしまいますので、1と2は逆になる場合もあります。

目薬を使う時はコンタクトレンズを外す

ほとんどの目薬に含まれる「塩化ベンザルコニウム」などの防腐剤は角膜障害を引き起こす可能性があるとされていますが、通常は涙ですぐに薄まるため、5分もすればほとんど無いに等しくなりますので、過剰に意識する必要はありません。

しかし、コンタクトレンズを使用したままだと目とコンタクトレンズとの間に防腐剤が入ってしまうと希釈が進まずに角膜に障害が起こってしまう可能性があります。

さらに防腐剤以外の他の成分でもコンタクトレンズや目に悪影響が出る可能性があるため、個別包装品など防腐剤が入っていない目薬以外はコンタクトレンズを外してから目薬を使う必要があります。

5分もすれば防腐剤は希釈されますので、目薬をさして5分後から再装着可能です。

点眼薬の副作用

多くは、目薬自体や防腐剤などの成分による「結膜充血」「刺激感」「掻痒感」など目の症状が出やすいです。

ただ、時に全身症状として「悪心」「血圧上昇」「頭痛」「下痢」などを引き起こす場合もありますので、目薬を使った後いつもは無い症状が出る場合は、使用を中止して医師・薬剤師に相談するようにしましょう。

まとめ

目薬は身近にある割には正しい使い方ってあまり知られていません。

適当に使ってしまうときちんとした効果が得られない場合があったり、目に不具合が出てしまうことがありますから、正しく目薬を使えるようにしたいものです。

花粉症など、一時期しか使わない場合は開封後1か月以内には廃棄するようにしましょう。

参考

https://industrial-pharmacist.com/?p=1191

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です