【虫下し】寄生虫を駆除できる唯一の市販薬を紹介【ギョウチュウ】

シェアする

私たちが小さい頃はやっていて、2016年度から義務ではなくなってしまった検査があります。

それは「蟯虫(ぎょうちゅう)」の検査です。

天使のような絵が書いてある袋に入っている透明なシールみたいなのを朝起きてすぐ肛門にペタってやるやつです。

義務ではなくなったのは、日本の衛生環境が整っているのと同時に日本人の衛生意識も高まっていることがあって、蟯虫に感染している子供が極めて少なくなっているためです。

陽性率は0.1%以下とされている一方で、地域差もあって西日本や九州ではもう少し多いようですし、かつての日本と同じように開発国を中心に外国ではまだまだ寄生虫に感染している方は多いです。

企業のグローバル化も進み海外出張や海外赴任も多くなっていますから蟯虫に感染する日本人も少なからずいますから、気軽に駆除できる市販薬があれば便利ですよね。

ということでこの記事では、蟯虫を駆除する市販薬を紹介しますが、人に感染する寄生虫は蟯虫だけではありません。どのような種類があるのか、市販薬でどういった寄生虫を駆除できるのかを解説します。

スポンサーリンク

主な寄生虫の種類と市販薬で駆除できる寄生虫

寄生虫の種類

寄生虫はものすごい種類があってノミとかシラミとかも寄生虫ですが、寄生虫と聞いてまず思い浮かべるのは白く細長くてウネウネしそうなヤツですよね。

そういった主な寄生虫は次のようなものがあります。

  • 蟯虫
  • 回虫
  • 条虫

その他にも淡水で生息している危険な寄生虫や北海道のキツネの糞から主に感染する寄生虫なんていうのも。
参考

海外赴任者必見!外国の川や湖で泳ぐことで感染する寄生虫
産業薬剤師として活動してきた成果を記す意味も含めて、このブログではこれまでに海外出張・出向・駐在される方に向けて海外で注意すべき感染...

蟯虫の特徴

蟯虫に感染しているとはいってもこれといった症状があるものではありませんが、夜中に卵を肛門付近に産むため、おしりがかゆくて眠れないということがあり得ます。

これが子供だと夜泣きの原因にもなります。

肛門付近に産み付けられた卵を無意識で触ってしまった手で色々な所を触れることで、他の人の手に卵が付着してそれが口に入って感染が広まります。

卵は乾燥に弱いために後述の回虫の主な感染ルートである畑の肥料として使用された糞尿からは感染しないとされています。

回虫の特徴

この寄生虫が最も危険です。

脳や眼にも移動しまう可能性あり、そうなるととても重たい症状を発生させます。とはいってもそうは多くはありませんが。

30年くらい前までの日本で畑の肥料として糞尿がよく使用されていた時代では、その糞尿を通じて感染が広がっていました。今では堆肥の発達や化学肥料の浸透ということがあって、糞尿を肥料として使用されることはほとんどなくなりました。

日本でもかつては感染者が多かったのですが、今ではほとんどいません。

一方海外ではまだ感染があり得ます。

例えばベトナムでは、生春巻などで生野菜を食べる習慣がありますから感染者が多いとも言われています。そういった国に渡航される方は要注意ですね。

条虫の特徴

色々な種類がありますが、「サナダムシ」だと思ってもらって差し支えないと思います。

種類によって危険度はことなりますが、サナダムシであれば感染していても特段問題はないとされています。ダイエット目的であえて飼っているなんて人も!

寄生虫に感染していると花粉症のようなアレルギー疾患にかかりにくくなると言われており、これを目的でも飼っている人もいるとか。

川に生息するサケやマスを生で食べることで感染します。

市販薬で駆虫できる寄生虫の種類

実は市販薬で駆除できるのは、残念ながら最初に紹介した「蟯虫」だけです。

それは日本ではほとんど感染者がいないので販売中止になってしまったり、薬機法の規制が変わって市販薬では発売できなくなってしまっているためです。

しかし、配置薬と呼ばれる「富山の置き薬」では、ドラッグストアなどは発売していない厚労省が特別に認めた薬が使用されるのですが、配置薬では回虫にも効く「虫下しセメン錠S」という商品名の薬があります。

配置薬を契約しないと入手できませんからこの記事では説明を省略させていただきます。

蟯虫を駆除するおすすめ市販薬

「パモキサン」を最もおすすめします。

おすすめも何も市販薬ではこの薬しか販売されていないんですけどね。

以前はコンバントリンという薬があったのですが、薬機法が改正された時に市販薬としては販売中止となり医療用のみになってしまいました。

注意いただきたい点は、どのような寄生虫に感染しているか分からないので、説明書で規定された量を服用してもダメそうなら病院受診が必要です。

市販薬で様子見をし過ぎないようにしましょう。

セルフメディケーション税制の対象品

セルフメディケーション税制は、市販薬の購入費で税金が安くなる制度です。

セルフメディケーション税制 医療費控除の特例を受けるポイント
「セルフメディケーション」は、英語で「自分自身」という意味を持つ「self:セルフ」と「薬物療法」という意味を持つ「medicati...

この記事でおすすめした市販薬が、セルフメディケーション税制の対象になるかどうかを紹介します。

対象になる市販薬は「○」、対象にならない市販薬は「×」で示します。

市販薬名 対象
パモキサン ×

※2016年8月18日時点

まとめ

衛生環境が整っている日本では、ほとんど気にすることがない蟯虫などの寄生虫ですが、開発国ではまだ現役の病気です。

海外旅行、海外出張、海外赴任をされる方で、寄生虫の中でも蟯虫の感染が疑われる方は市販薬で治療できる可能性があります。

でもどのような寄生虫に感染しているかをはっきりさせるためには医師の診察が必要ですから、パモキサンの説明書に記載されている規定量を服用しても症状が改善されないようだったら様子見をせずに病院受診しましょう。

寄生虫の駆虫薬以外の他の薬効でのおすすめ市販薬は次のリンクからどうぞ。または、PCの方は画面上部のメニューボタンから、スマホの方は右上のメニューボタンからどうぞ。

薬剤師が薬効別におすすめする市販薬を紹介
なぜ市販薬なのか 市販薬は、少し前であれば医療用の薬に比べて効果が弱いという印象でしたが、最近では医療用と同じ成分・量を含有する市販薬...